2022年03月17日

確定申告、なんとか完了

 なんとか確定申告も無事に終わった。
 マイナンバーカードの利用者識別番号がわからなくなってしまっていたという、初歩的なミスが遅くなった原因なのだが、ICカードリーダーの読み込みエラーも原因の一つだった。
 今日になって、ICカードリーダーのドライバーがMacOS Big Surに対応してなかったことが判明。最新バージョンをインストールしてことなきを得た。
 これもまた初歩的なこと。なぜ、もっと早く気づかなかったのか。無事に終わったから良いけど、もっと普段から気を付けておかないといけないね。
posted by 坂本竜男 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月13日

e-Taxでラクに…と思いきや

 昨年からe-Taxで確定申告。今年は昨年よりもラクに申告完了………の予定が、最後の最後で昨年のちょっとした不注意で、ちょっと足踏み。申告は明日になりそう。
 あぁ、昨年のつまらない不注意が本当に悔やまれるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月10日

やっと確定申告に取り掛かる

 期限まで残り5日になって、やっと確定申告へ取り掛かっている。
 昨年からe-Taxに切り替えているから、自宅で申告が済むのは助かる。何より、まだ密を避けるに越したことはない。
 今の仕事量くらいなら、物販でもないし自分で確定申告をしてもいいのだろうが、仕事へ少なからず影響が出るのは否めない。いい加減、税理士さんにお願いするようにした方が良いのだろうが……。
 そのためにやるべきことって、小さなことも含めると多分山ほどある気がするなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月06日

さて、どこまで捨てよう?

 引っ越してから2週間くらい経つのに、未だに仕事部屋は段ボールの山。まだまだ片付いてはいない。
 ネックになっているのは、本とエゴイスタスのバックナンバーだ。とくにB5サイズ以上の本は、前に使っていた手作り本棚を処分したために、収める棚がほとんどない。エゴイスタスも同様である。要は物理的に難しいのである。
 そこで、もう一度それらの本を含めて、本当に必要かどうかを検討している最中だ。どこまでが本当に必要で、どこまでが不要なのか?どこまでを捨てるか、大いに悩んでいる。荷造りする際に大いに悩んで整理したはずなのだが、それではまだ足りなかったようだ。
 さて、どこまでを捨ててしまうか(売ってしまうか)?もっと大胆な決断が必要なようだ。
posted by 坂本竜男 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月04日

引っ越しによる変化

 引っ越してから10日余り。住環境が変わることがいろいろな変化をもたらすのは容易に想像がつくが、どうも最近の変化はそれだけでは説明がつかない。
 住むところが変われば買い物するお店も変わるし、日常の動きも変わる。しかし、だからといって仕事の内容が変わるわけではない。それが、仕事の動きや流れも大きく変わってきているのだ。もちろん、とても良い方向に。
 具体的にその内容をここには書けないが、この良い変化は住環境の変化だけが理由ではないだろう。例えば、引越しのために自分の荷物などを見直し、それが自分自身を見直すことにもつながったことも、この良い変化には関係しているのかもしれない。
 まだ僕の部屋は全く片付いていない状況だが、それでもこの良い変化だ。片付いたら、さらなる変化が待っているに違いない。早く急ぎの仕事を終わらせて、片付けを再開しよう。
posted by 坂本竜男 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月24日

引っ越しで気が遠くなる

 引っ越し二日目。軽トラを借りて、順調に荷物は運べている。8割近くは運び出せた。
 しかし、新居は荷物で足の踏み場もない状況。そんな中で新しいダイニングテーブル、イス、TVスタンドを組み立て設置した。
 僕の仕事部屋は荷物が一番多く、足の踏み場もない状態。これにレコードとレコードプレーヤー、オーディオラックが入ってくる。いい加減、荷物を解いて片付けながらやらないと、身動きが取れなくなる寸前だ。
 でも、部屋をどうのようにレイアウトしていくか、まだ試行錯誤している状況。その間に進行している仕事とエゴイスタス、さらに確定申告をしなければならない。カタチになるまで、もうしばらくかかりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月23日

引っ越しとは、歩くこと?

 今日から新居へ引っ越し。朝からひたすら梱包していた荷物を積み、新居へ運ぶ。ひたすらその繰り返し。合間にネット環境の移設と、最低の仕事のセッティングを行う。まだ半分くらいだが、すでにヘトヘト。自分の荷物の多さが恨めしくなる。
 そして、携帯の万歩計は約17,000歩を記録した。なんと、英彦山登山の時よりも多い。引っ越しとは、(荷物を持って)歩くことだったのだ。
 しかし、あと2〜3日はこれが続く。さすがに体力がちょっと心配。もっとモノを減らさないとダメだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月17日

限界を決めない

 いま関わらせていただいているこども園の仕事には、本当に学びが多い。昨日も興味深い話を伺うことができた。
 このこども園では、この時期になわとび大会を行っている。昔は回数の上限を決めて(例えば100回くらい)、その回数を飛ぶことを目標としていた。ある時期からこの上限の回数を少しずつ増やし始めたら、意外に飛べる子がたくさん出てきた。それで上限を外してしまったそうだ。
 すると、数年に一人くらい、1,000回以上飛べる子が現れ始めた。そして今は、毎年1,000回飛べる子が2〜3人出ているそうだ。ちなみに今までの最高記録は4,000回(!!)。大人の浅い判断で上限を決めてしまうことが、いかに勿体無いかがよくわかる例だ。
 子どもたちの可能性は本当にすごい。それを大人の判断で小さなワクに入れてしまうことは愚かとしかいえない。子どもの可能性に気づき、大人のワクを取り払った教育をされているこのこども園は、本当に素晴らしい。
posted by 坂本竜男 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月10日

段ボールはコスモス

 引越し用に段ボール箱をスーパーやドラッグストアなど、あちこちでいただいている。それぞれに段ボール置き場が決まっていて、自由にもらえるようになっているところが多い。
 その中でもドラッグストア コスモスは、とてもわかりやすく引き取りやすところに段ボールが置いてある。しかも、サイズがちょうど良いものが多くてとても助かっている。すでに7〜8回、段ボール箱をいただきに行っているが、その多くはコスモス。コスモス率が一番高いのだ。
 ひょっとすると地元のコスモスの段ボールは、ほぼ我が家に来ているのかも。
posted by 坂本竜男 at 16:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月08日

段ボール箱に占領される

 毎日、合間合間に荷造りをしている。スーパーやドラッグストアで空き段ボール箱をもらってきて、それに荷物を入れているのだが、その段ボール箱が部屋を占領し始めている。
 今日、やっとほとんどの本とCDを箱に入れたのだが、それだけで相当なボリュームになってしまった。まだレコードもあるし、撮影機材もあるし、エゴイスタスのバックナンバーもある。そして、服などはほとんど手をつけてないのに…。
 わかってはいたことだが、僕の持ち物は生活必需品以外のモノが圧倒的に多いのだ。引越しのたびに整理はしているのだが、そろそろ思い切った決断が必要なのかな?
posted by 坂本竜男 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

家電選びは難しい

 引越しに伴い、ダイニングテーブルやイス、照明などさまざまなものを新調しなければならなくなった。よって、随時購入をし始めている。だが、家具類まではまだいいが、ガスコンロあたりになるとどれが良いのかさっぱりわからない。掃除機も同様。そして、テレビも選ぶのが難しい。
 ガスコンロは今まで考えたこともなかったので、パロマやリンナイが無難なのかな?でも、価格差がどの部分に跳ね返っているのか意外にわかりにくい。家電などは必要最小限の機能を満たせば良いので、国内メーカーにこだわる必要はない。テレビなんて中国や韓国メーカーでも十分。と言いつつ、どのメーカーが安心かはよくわからない。LGやハイセンスあたりか?では、掃除機は?
 というわけで、必要以上にネットでモノを調べることに時間を割かれている。これはまだ、選ぶことを楽しむまではいかないなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月04日

組み立て直す楽しさ

 最初は腰が重かった引っ越しも、新しい拠点ではどのように家具を配置し、どのように暮らすか。新たに組み直すということを考えるのが楽しくなってきた。このことは引っ越しへのモチベーションにも繋がっている。
 この組み直す楽しさは、オーディオもそうだ。新しい拠点では今のスピーカーが置けない(正確には置けるけど、全く本領を発揮できないのでもったいない)ので、いちから考え直さなければいけなくなった。具体的にシステムを組み直すのは、引っ越しが終わって落ち着いた後にはなるが、合間合間にどうするかを考えるのは楽しいものだ。特に今回は制約が多くて難しいが、その難しさが面白さに変わりつつある。
 引っ越しが終わってしばらくすれば、いろいろなものが組み立て直されて、仕事も遊びもより面白くなりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

九重町で清らかに

22.2.41.jpg

 今日はお世話になっている方へ会いに、午後から大分県の九重町へ。
 その方とお会いし、色々とお話しすることで心の中のモヤモヤもスッキリした。そして、九重町の自然豊かな環境もまた良かったのだろう。気持ちも清らかになった感じだ。
 今日は色々と次の仕事のお話もいただき、良い具合にスケジュールが詰まってきた。モヤモヤもスッキリしたので、良い感じで仕事に打ち込めそうだ。
posted by 坂本竜男 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月02日

人生最大の断捨離?

 今回の引っ越しに伴うモノの整理は、僕にとって人生最大の断捨離?と思うような感じになっている。
 CD、本、オーディオ、靴、服、家具…。かなり迷ったものもあるが、前回の引っ越しから今まで、使わなかったもの、ほとんど手に触れなかったものの多くが、資源ゴミとして処分することになった。以前ならモノに固執してしまって、処分することを躊躇っていたものもたくさんあった。しかし、いまはそれらを手放すことができ始めている。僕の中では大きな進歩である。そういう意味では、人生最大の断捨離(?)だ。
 とはいえ、残念ながらまだまだモノは多い。例えば本。たくさん段ボールをもらってきても、あっという間に使い切ってしまう。なのに、まだ本棚にはたくさん残っている。本棚に並べた見た目以上に数があるのだ。まだまだ断捨離が必要なのだろう。
 はたして、どこまで身軽になれるかな?
posted by 坂本竜男 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月31日

引っ越しに対する気持ちの変化

 引っ越しに備えて不要なモノを処分するにつれて、だんだん気分も晴れやかになってきた。気がつけば、引っ越しに対してかなり前向きになってきている。新しい環境をどう仕上げていくかという楽しみもある。
 妥協しなければならない部分もあるが、よくなる部分も多々あって、それがモチベーションにもつながっている。おかげで前回の引っ越しの時に捨てれなかった(見切りをつけれなかった)モノに対しても、見切りをつけれるようになり始めた。この調子でモノを減らせれば引っ越しもラクになるが、モノへの固執も少なくなって、もっとフットワークが軽くなるだろう。そして、頭もスッキリして見通しも良くなるに違いない。
 今抱えている仕事は色々な意味で難易度が高いものが多いので難航しているが、案外、仕事の鍵を握っているのはこの引っ越しなのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月27日

引っ越しは自分を変えるチャンス

 引っ越しは苦手だ。
 引っ越すこと自体は決してイヤではないのだが、そのための各種手続きや荷物をまとめるのはとても面倒だ。ましてやモノが多いから尚更である。だから今、断捨離を決行中なのだ。
 断捨離が進むにつれて、少しずつモノが減り、なんとなく身軽な方へ向かってはいる。しかし、僕のモノへの固執は思いのほか大きいようで、思うようにモノが減らない。でも、これが僕のフットワークを邪魔しているのだろう。そして、少なからず仕事にも悪影響をもたらしているのだろう。
 そう考えると、引っ越しは自分自身を見直してリセットする良い機会だ。モノへの固執を減らし、身軽になれるチャンスなのだ。ならば、このチャンスを生かさないのはもったいない。
 というわけで、引越しの面倒臭さへのネガティブな気持ちから、自分を変えるチャンスというポジティブな気持ちに切り替わりつつある。これを機会に、良い方へ変えれるところは、とことん変えてやろう。

 
posted by 坂本竜男 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月26日

断捨離、進行中

 間近に迫る引越しとPCオーディオショックをきっかけに、断捨離を進めている。
 今時CDは金額がつかないだろうが、それでも場所をとってしまうよりも良いので、ブックオフなどで買い取ってもらう予定。本は、もう読み返す可能性がないものは、買い取ってもらえるものは買い取ってもらい、残りは処分するつもりだ。
 今日は、必要がなくなった本の中で、絶対買い取ってももらえないと思われるものを資源ごみへ出した。5〜60冊ほどだからまだ微々たるものではあるが、少し本棚に余裕が出始めただけでも気分は晴れやかになる。
 この晴れやかさは、実はかなり断捨離への後押しになる。このまま一気にスリム化して、何にでももっとフットワークを軽くしていきたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月24日

引越し決定

 来月末に引っ越すことが決まった。実はここ数年、ずっと次の場所を探していたのだが、なかなか良い物件が見つからなかった。それが、今年になって急に新しい物件がいくつも出始めた。そして、良さそうなものをいくつか見学し、その中の一つに決めたのだ。
 引っ越すといっても、次もまた鳥栖市内。やはり鳥栖は便利で住みやすく離れがたい。おそらく、鳥栖(もしくは鳥栖周辺)を離れることはないだろう。
 市内とはいえ、拠点を移すことでよくなる部分はいろいろあるはず。本来は引っ越しは苦手な僕だが、よりフットワークを軽くしていくためにも、必要な引越しなのかな。
posted by 坂本竜男 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月23日

モノの支配からの脱却

 ここに引っ越してくる前に、約1トンものゴミや不要なモノを処分したのだが、7年半も経つとしっかりモノが増えてきた。CDやレコードは意外にそこまで増えてないが、書籍はしっかり増えた。そして、必要か不要かの境目にあるモノがかなり増えている気がしている。
 このグレーゾーンにあるモノがやっかいだ。だから見て見ぬふりをして、少しずつ増えていきながら生活空間を圧迫してきた。おそらく、自分が思っているよりもたくさんの量があるに違いない。
 いらないとわかっているモノは捨てればいい。売ればいい。あげればいい。でも、グレーゾーンにあるものは、本当に必要かどうかの判断をしなければならない。この判断に時間がかかるのだ。やはり、まだ僕はモノの支配から逃れられてはいない。今年はモノの支配からの脱却が大きな鍵になっていくかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月20日

かみみね幼稚園にて

22.1.201.jpg

 今日は上峰町のこども園の取材の最終日。かみみね幼稚園さんを訪れた。こちらも素敵なこども園で、驚きも多かったのだが、同時に興味深いことも多々あった。
 「遊び」「自由さ」「こどもたちの自主性」「自分で考える力」を重視されているのは共通なのだが、アプローチのし方が違って興味深かった。子供たちがびっくりするくらい行儀が良いのである。ちょっと大人っぽい多いといってもいいかもしれない。これが不思議だった。
 決して怒られているわけでも(注意を受けることはあるが)、押さえつけられているわけでもない。しかし、子供たちはルールを守りながらも、カリキュラムを楽しんでいる。先生とのしっかりした信頼関係ができているのだろう。ちょっと大人っぽ過ぎないか?と思わなくもなかったが、カリキュラムを外れると元気でやんちゃなかわいい子供たちだし、明るい笑顔は変わらない。おそらく、一番大きな規模のこども園だからこそ必要な、集団行動において大事なところを自然と身につけているのだろう。そのせいか、ちょっとだけ都会っぽいとも思った。
 今回の取材はとても興味深いだけでなく、とても意義のあるものだった。同じ方向性でもアプローチが違うし、方法も違う。しかし、子供達の笑顔を見ていると、いろいろな正解があるということを教えてくれている。人生においての最初の家の外で受ける教育という大事さを、上峰町のこども園さんはいろいろな形で教えてくださったのだと思う。本当にありがとうございました。
posted by 坂本竜男 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ