2022年01月19日

ひよ子こども園かみみね

22.1.191.jpg

 今日も昨日に引き続き、上峰町の保育園の取材。今回はひよ子こども園かみみねさん。今回も昨日に引き続き、いい意味での驚きと学びの多い取材になった。
 保育園や幼稚園が明るい空気に包まれているのは、元気な子供たちがいるから当然とは思うが、それに自由な開放感がプラスされる例は意外に多くないのでないだろうか。とにかく、自由な開放感に満ちているのである。
 しかし、ほったらかしにされているわけでもないし、好き勝手やられているわけでもない。理念を大事にしながら、自由な発想でお一人お一人が考えて動かれている。遊んでいる子供たちとは適度に距離をとり、子供たちの自主性を大事にされている。子供たちは自分で考えながら楽しみながら遊ぶのだ。
 もちろん、ほったらかしにされているわけではないから、何かあった時(あるいは何か起こりそうな時)の対応力とその速さには驚かされる。保育のプロの凄さだ。
 こちらも園内は園長さんから職員さんまで見事なくらいフラットだ。そこに壁や悪い意味での上限関係は感じない。だから、職員さんが自由にアイデアを出し、それが凄いスピードで取り入れられている。このスピード感は、僕たちも学ぶべきものがある。
 今回の取材は保育園の取材でありながら、超優良企業の取材をしているかのようでもあった。それくらい見習うべきことがたくさんあったのだ。しかし、よく考えてみれば、人生で初めて家以外で受ける教育を担っておられるのだ。それだけ人生においても重要で素晴らしい仕事をされているのだ。学びがたくさんあるのは当然のことなのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月18日

保育園は大人にとっても学びの場

22.1.181.jpg

 今日は朝から上峰町にある、ひかりこども園さんの取材だった。
 朝、到着して驚いたのは、園内に満ち溢れたエネルギー感だった。それが光り輝いているようにみえた。そして、取材を進めるうちに、そのエネルギー感の理由がわかり始めたのである。
 ひかりこども園さんは心身の健康を教育理念に掲げてある。シンプルでわかりやすい理念ではあるが、そこには言葉以上の深さと力強さがあるように感じる。理事長さんから園長さん、そしてベテランから若い職員さんまで、理念を完全に共有して動かれている。そして、ある意味とてもフラット。ある部分では上限関係も遮る壁もない。職員さん内はもちろん、園児さんたちに対してもだ。これが企業なら間違いなく超一級の企業だろう。子供たちだけでなく、大人にとっても素晴らしい学びの場であることを確信した。
 今回の取材は、佐賀県上峰町主体の仕事である。明日明後日も取材は続く。この取材は僕にとってかけがえのないもになりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 17:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月07日

狼煙のような飛行機雲

22.1.71.jpg

 今日の打ち合わせ先で、まるで狼煙のように見える飛行機雲を見る。
 昨年から兆しはあったのだが、今年の仕事は新しい展開の連続になりそうな予感。この飛行機雲は、それを示唆しているように見えたのだ。いい感じで背中を押してもらっている。そんな感じにも受け止めれた飛行機雲だった。
posted by 坂本竜男 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月01日

論語 日めくりカレンダー

22.1.1-1.jpg

 今日から2022年。新しい年を迎えたので、多久聖廟で購入した論語 日めくりカレンダーを一日にする。
 「学んで練習すると、自分のものになるので嬉しくなる」とのことなので、今年もたくさん学んで練習しよう(なにを?)
posted by 坂本竜男 at 16:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月27日

Instagramで新規アカウントを作る

 Instagramの個人アカウントがどうやってもログインできないので、新規アカウントを作ることにした。
 アカウントは@tatsuo_sakamoto_photo。文字通り、写真中心のアカウントだ。このアカウントではとくに仕事やプライベートと限定せずに、気楽に写真を投稿していこうと思っている。フォロワーさんゼロからやり直すのも、ちょっと良いかもね。
posted by 坂本竜男 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月25日

年賀状投函完了

 今日、無事に年賀状を出すことができた。我が事務所で出す年賀状はそんなに多くはないのだが、宛名書きは手書きにするようにしているので、心に余裕がないとまともに書けなかったりする。なので、書き終わるとちょっとホッとするのだ。
 と言っても、決して字がうまいわけではないので、本当はここもなんとかしなければいけないのだが…。昔は決して下手ではなかったんだけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月22日

次へつなぐ

 昨日、佐賀在住のとある彫刻家ご夫妻から相談を受け、山の中のアトリエを訪ねた。
 訪れたアトリエは、ご自身とお知り合いによる完全な手作りなのだが、手づくりの範疇を大きく超えたスケールと独創性を持ったものだった。2階建ての家が丸ごと入る高い天井を持った広い空間。そして見たことがない大きな窯。このアトリエで多くの作品を作られてきただけ無く、陶芸教室を開催したり、ときにはバーベキューをしたりと、多くの人たちとの交流の場としても活用されてきたのだ。
 だが、ご夫妻も次のステップを考えられるようになった。自分たちだけで使うだけでなく、次の世代の人たちにもっと積極的に使って欲しいと思われるようになったのだ。
 この建物と土地を不動産会社に頼んで処分してしまうのは簡単なことだ。だが、この場所にはたくさんの物語と大きな想いが詰まっている。誰がに引き継いで欲しいと思われるのは当然のことだろう。
 残念ながらお子さんは関心がなく、引き継ぐ気持ちは全くないらしい。それもわからなくはない。そこで、回り回って僕のところに話が来たのだ。

 この相談を受けた時に頭をよぎったのは、先人の思いや活動を受け継いでいくことの難しさだ。特に今年は僕にとってもそのことは他人事ではなくなっている。とはいえ、受け継いでいくことは容易ではない。
 昔は親から子へ受け継がれていったのだろうが、時代が変わりそれは難しくなってきているように感じる。だからといってほっとくわけにはいかない。やはり受け継がれていくべきものはたくさんある。これからは受け継ぐ形が変わっていくのだろう。
 一人の人が受け継ぐのではなく、複数の人たちがバトンを受け取る。血縁などは関係なく、その想いに共感した人たちが受け継ぐ。それが「次へつなぐ」と言うことになるに違いない。今回相談を受けた彫刻家の方のアトリエも、うまく次へ繋げれるように動いていく予定だ。
posted by 坂本竜男 at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月13日

人と会うということ

 昨日は八女を色々回って、久しぶりに会った方や初めて会った方などいろいろな方とお話しできて、いい刺激をたくさんいただいた一日だった。
 やはり、人と会ってなんぼ。直接人と会うことはただ話すだけではなくて、それ以上のものを受け取ることができるし、伝えることもできる。
 コロナがやっと落ち着き始め、以前よりもだいぶ出歩きやすくなった。人とも会いやすくなった。このことは、仕事はもちろん、いろいろなところで大きな意味を持つように思う。
 やっぱり、基本は直接人と会うという、とてもシンプルでアナログなところにあるのだろうと思う。それがなくなってしまったら、おそらく根幹が崩れてしまう。そんな世の中にはなって欲しくないな。
posted by 坂本竜男 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月10日

またInstagramにログインできなくなった

 またInstagramの個人アカウントにログインできなくなった。これでまた、3日はほったらかしだ。仕事用アカウントでもっと投稿しろってことかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月31日

急に大きく動き出す

 自分でもびっくりするくらい動かなかった(動けなかった)夏。そして、それは夏だけでは終わらず秋の中盤まで続いた。もちろんコロナもあるのだが、それにしても酷すぎるというくらいのものだった。
 それが今週から急変。人と会う回数が増え、仕事を含め、色々な話が息に膨らみ始めた。新しい仕事も動きだし。新しい出会いも一気に増えた。そしてコロナもびっくりするくらい感染者が減った。やっと色々な意味で大き聞く動き出す時期がきてのだろう。あまりの急変ぶりに驚いているが、スケジュールがタイトになってあちこち動き回りながら製作を進めるというのは、案外僕には性に合っている。これから、仕事もプライベートもますます面白くなっていきそうだ。
posted by 坂本竜男 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月26日

一日一食生活を始めて1週間

 一日一食生活を始めて1週間が経った。一日一食といっても、ちゃんとした食事が一日一食というだけであって、合間にはスープ、ナッツ類、チーズ、魚肉ソーセージ、ヨーグルト、野菜ジュースなど、糖質過多にならないちょっとした食事は適度に摂っている。アルコールも飲む。だから、とてもストイックな減量生活というわけではない。
 それで1週間後である今日の体重はマイナス1.2kg。ゆっくりした減り方だが、身体に負担がかからない無理のない減り方だと思う。
 まだお腹は空くし、体が慣れたとは言えないが、それでも最初よりはラクになってきた。何より、体が軽くなってきたので体調はすこぶる良い。もうしばらくは続けてみよう。
posted by 坂本竜男 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月23日

のりおよしお主義 八女公演 〜漫才師の主張〜

21.10.231.jpg

 今日は、おりなす八女で「のりおよしお主義 八女公演 〜漫才師の主張〜」。落語を除くと、生で観るお笑いはかなり久しぶりだ。
 出演は、西川のりお・上方よしお、ミルクボーイ、プラス・マイナス、すゑひろがりず、からし蓮根、へびいちごの6組。上り調子の若手から実力高いベテランまで揃った、とても嬉しい面子。それぞれ10分ちょっとのネタを披露した後、最後に全員が揃ってのトークショー。飽きさせない構成だった。
 僕はお笑いは大好きでTVでもよく観るのだが、TVでの1組あたりの尺は3〜4分。それが倍以上になるから、当然知っているネタでもいい意味で印象が違ってくる。会場のお客さんとのやりとり、会場の空気を踏まえた上での構成など、TVではなかなか観れない面白さがあった。やはり、お笑い芸人さんたちは面白いだけでなく頭がいい!
 2時間のステージは気がつけばあっという間だった。漫才もやっぱり生だとより面白いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月22日

Instagram、無事に復活

 個人で使っているInstagramのアカウントが今日無事に復活した。
 対策は3日間何もせずにほったらかすだけ。アカウントを頻繁に切り替えたり、「いいね」を連続でたくさん押しすぎたりすると、不正アクセスとして間違って認識されることがあるようだ。
 不正でもなんでもないから、もう少しなんとかならないものかとは思うのだが、今後は気をつけた方がよさそう。だって、3日も発信が止まるのはねぇ?
posted by 坂本竜男 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月20日

今日から一日一食生活

 今日から、一日一食生活に挑戦することにした(なった?)。
 一日一食といっても、厳密な一日一食生活ではない。普通なら一日に三回摂るしっかりとした食事を一回にしようということなのだ。
 メインの食事が一食になる代わりに、軽食まではないちょっとした食事を合間合間に少しだけ摂る。例えば朝はナッツ類とヨーグルト、コーヒーあるいは野菜ジュース、のような感じだ。
 で、メインの食事はいつに摂るのか?今のところ、早めの夕方に摂るようにしていく予定。具体的には4時くらいだ。
 一日一食生活をやってみようと思ったのは、妻の提案でもあるのだが、実践して体調が良くなった知り合いの方の勧めによるものだ。そして、僕自身、今年は身体がやや重く、体重もやや重めで推移しているのだ。
 というわけで、このチャレンジは始まっているのだが、このブログを書いている午前11時時点で実は結構お腹が減っている。こりゃ、早く慣れないといけないね〜。
posted by 坂本竜男 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月17日

都道府県魅力度ランキングについて

 この時期、毎年発表される都道府県魅力度ランキング。下位に沈んだ某県の知事がメディアで少々毒づいたりもしている。この結果を真に受けてのことだと思うが、これは本当の魅力度のランキングではないのは明らか。ただ認知度の高さを表しているだけなので、そんなに目くじらを立てるほどのものではない。とはいえ、いい気持ちがしないのはよくわかる。
 京都・北海道・沖縄など上位は観光でも有名なところばかり。認知度がとくに高いところだ。一方、下位は認知度が低いだけの話。むしろポテンシャルが高いとも言える。むしろ、そこに注目すると面白いだろうと思う。
 ちなみに我が佐賀県は下から二番目の46位。もちろん、県の魅力は山ほどある。しかし、順位は46位。同じ九州でも群を抜いて順位が低いのだ。
 しかしこれは、おいしいポジションと言えなくもない。それだけ一般的には知られていないということなのだ。僕は、そこにチャンスがあるように思うわずにはいられない。だって、魅力がないと思われている県から、魅力的なものがたくさん発信された方がインパクトがあって面白いよね?
posted by 坂本竜男 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月16日

Instagramがログインできない

 昨夜からInstagramの個人アカウントにログインできなくなってしまった。「アプリ上で情報を確認してからアカウントに戻ってください」と表記が出てしまう。僕はスマホではなく、PCからしかInstagramはしない。これは困った。
 いつもはfacebookのアカウントからログインしているので、facebookのパスワードを変更してログインを試みるが、結果は同じ。「アカウントに不審なアクティビティ」があったので、「アプリ上で情報を確認してからアカウントに戻ってください」と同じ流れに。
 調べてみると、同じケースで数日時間をおいてログインしたら大丈夫だったということがあるらしい。どうも、Instagram上で他のサイトに移動したり、「いいね」を多数の投稿に連発したり、アカウントをこまめに切り替えてたりすると、「アカウントに不審なアクティビティ」があったと判断されることがあるらしい。
 というわけで、しばらく個人アカウントでのInstagramの投稿はお休み。事務所アカウントのみで発信をすることにしよう。
posted by 坂本竜男 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月10日

ちょっと暑い、秋の湯布院

21.10.91.jpg

 昨日は朝から湯布院。稲穂も実り、湯布院はすっかり秋の風情。とはいえ、日差しは強く、まだまだ暑い。
 湯布院では会いたい人全てに会えただけでなく、新しい出会いもあった。エゴイスタス配本を兼ねて動き回ると、やはり面白い出会いがある。そして、それは面白い形になってこの後も続きそうな予感がする。これは今月、もう一度湯布院に行かなければならないようだ。
posted by 坂本竜男 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年10月06日

巨石パークは、やっぱり登山

 今日は朝から巨石パーク。写真を撮りたいのもあるが、登山の練習も兼ねているのだ。

21.10.61.jpg
烏帽子石。

21.10.62.jpg
天の岩門。

21.10.63.jpg
蛙石。

21.10.64.jpg
誕生石の上からの眺め。

21.10.65.jpg
神頭石。

 巨石パークは比較的気軽に来れる場所ではあるけど、登り出したらしっかり登山だ。それだけに、体力がないとガッツり撮影までは厳しい。今回こそはもう少しラクに登れるかなと思っていたが、大きな進歩はなし。体力がないと写真を撮る余裕も無くなるから、早いうちになんとかしたいところだ。
 それに、森の中に点在する巨石を撮るのは結構難しい。木々に隠れて巨石の全貌がわかりにくい場合もあるし、一枚の写真としての情報量が多過ぎてしまうこともたびたび。どちらにしても、巨石パークを卒業できるのは、まだまだ先のようだ。
posted by 坂本竜男 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月06日

目が見えてない人たちが見ている世界

 パナリンピック終盤のある日、盲目の人たちが感じている(見えている?)世界を映像化する取り組みを取り上げ、TV番組にしていた。その中で盲目の人たちが語っていることが印象的だった。というより、目から鱗だった。
 それは、3人の盲目の方たちが話している時、どのように見えている(感じている)かという問いに対する答えだった。3人が人形のように座っていて、それを俯瞰で見ている感じというのだ。しかも、それで固定されているわけではないらしい。彼らは視覚に囚われていないから、そのぶん自由だとも話す。彼らが見えている世界は、ある意味僕たちよりもはるかに自由だったのだ。
 この話はかなりショックだった。そして、目が見えている自分たちの方が、逆にそれに囚われすぎて不自由になっているのではないか、とも思った。そして、障害を持っている人たちはとても不自由だという思い込みが、ここで大きく崩れた。おそらく、人は誰でもどんな状況でも自由になれるのだ。
posted by 坂本竜男 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月27日

大恩人の訃報

 僕たち夫婦が一番お世話になっている大恩人が、昨日亡くなられたと連絡を受けた。あまりに突然のことで、驚きを隠しきれない。未だその事実を受け止めきれないでいる。そして、心の中に大きな穴がいてしまったままだ。
 ご高齢だったので、いつかは来ることとは思っていたが、まさか今だとは。もっとたくさんのことを学びたかったし、たくさんの恩も返せていない。とても悔やまれてならない。
 この方は地元の文化という視点でも存在が大きな方だった。そのバトンはみんなで受け継いでいかなければならない。僕も悲しんでばかりはいられない。
 心よりご冥福をお祈りします。
posted by 坂本竜男 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ