2022年06月26日

2年4ヶ月ぶりのファンタジア・フラメンカ

22.6.261.jpg

22.6.262.jpg

22.6.263.jpg

22.6.264.jpg

 今日は、八女市立花町白木の「ていこぃ白木」でフラメンコダンサー 山本壬子さんのライブ「ファンタジア・フラメンカ」。コロナ前は2ヶ月に一回の開催だったのに、今回はなんと、2年4ヶ月ぶりの開催。それだけにお客さんも想像より遥かに多く、大盛況!!!みなさん、待ち焦がれてたんですね!やはり、フラメンコは元気が出ますね。

posted by 坂本竜男 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月30日

SpotifyのMix

22.5.301.jpg

 Spotifyがマイライブラリや再生したコンテンツなどから独自で作ってくれるMixが、何気にBGMとして面白かったりして気に入っている。
 これらのMixは最近聴いた曲やミュージシャンが中心にはなるのだが、その選曲がちょっと面白いものが混ざったりして意外性がある。それに、同じ方向性ながら知らない曲もあって、新しい音楽との出会いが生まれたりしている。こんなとき、Spotifyっていいな〜と思う。
 ちなみに、SpotifyのMixを聴くときは、PCはメインのM1 Mac。オーディオ(USB-DAC)との接続はBluetooth。あくまで気軽に楽しむスタンスだ。それでも実は十分な音質は確保できている。安価で制限なく音楽をいい音で楽しめる。いい時代になったものだね。
posted by 坂本竜男 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月26日

Shahen Shah

51Epam3UiPL._AC_.jpg

 Spotifyでヌスラット・ファテ・アリ・ハーンのアルバムがたっぷり聴けて、ちょっと感動している。
 パキスタンのスーフィー音楽カッワーリーが、ここまで世界的に知られることになったのは、リアル・ワールドの母体である 音楽イヴェント〈WOMAD〉に出演したことがきっかけだった。そのリアルワールド第1作であるこのアルバムは、それにふさわしい、圧倒的な音楽の力に満ち溢れている。このとき、ヌスラットは40歳。まさに脂が乗った最高の歌声だ。いつ聴いても素晴らしいね。
posted by 坂本竜男 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月25日

鼓童 VS 山下洋輔 ライヴ

22.5.251.jpg

 今日のBGMは「鼓童 VS 山下洋輔 ライヴ」。実はSpotifyで知ったアルバム。
 山下洋輔は日本を代表するフリージャズピアニストとして知られる巨匠の一人だが、個人的にはそこまで好きというはなかった。
 しかし、実際に生で聴くと、唯一無二の演奏は大いに惹きつけられるものがあった。やはり音楽は、とくにジャズは生で聴かないとわからないものだと思ったのだった。
 さらに、和太鼓奏者 林英哲とのライヴ盤との出会いが、山下洋輔に対する認識を大いに改めさせることになる(もちろん、いい意味で)。
 前置きが長くなったが、そこでこのアルバムである。世界的和太鼓集団 鼓童とのライヴだ。林英哲とのライヴはあくまでもデュオ。一方、鼓童との競演はオーケストラとの競演に近い。林英哲との競演は音楽の可能性を大いに知らしめた素晴らしいものだった。そして、それをさらにスケールアップさせ、音楽に厚みを持たせたのがこのライヴだ。
 異種格闘技とも言える競演にも関わらず、互いの個性が最大限に活かされながらも、見事な調和を見せながら覚醒していく。聴いていて興奮を隠しきれないアルバムだ。サブスクで聴けるけど、レコードも欲しくなるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月21日

The Stooges

22.5.211.jpg

 若い頃、散々聴き込んだ「The Stooges」をかける。やはり、テンションが自然と上がってしまう。
 今でこそ、クラシックもジャズもラテンもワールドミュージックも大好きでたくさん聴くが、僕の原点は実はパンクにあるのではないかと思ってしまうのだ。
posted by 坂本竜男 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月19日

サブスクと音楽の聴き方

 今日、FMで興味深い話が出ていた。サブスクが当たり前の若い世代の人たちは、ギターソロは飛ばして聴くことも珍しくないそうなのだ。そして、曲のイントロもどんどん短くなっている傾向にあるらしい。
 短い枠に全て収まっていないと、飛ばされてしまうということなのだろうか。TikTokなど短い枠で完成されたものが重宝される傾向もあるので、その影響も大きいのだろう。
 音楽ファンとしては複雑な心境だが、曲を飛ばしたり早送りしたりするのが一層容易になったサブスクでは、そうなってしまうのは自然な流れなのだろうか。というのも、僕自身、Spotifyを導入してから、曲を飛ばしてしまうことが出てきているのだ。これが同じデジタルでもCDだとそうはなりにくいし、LPは曲を飛ばして聴くという概念すらない。そう考えると、サブスクによって音楽がつまらない方向へ画一化される危険性も出てきそうで、便利さを有り難がっている場合ではないのかも、と思ったりもする。
 サブスクの良さは十分に生かしながらも、音楽のあり方がヘンな方向へ進まないように、ちゃんと音楽に対峙する姿勢は持ちたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月10日

昨日からの流れでヴェルベット・アンダーグラウンド

22.5.101.jpg

 今日はヴェルベット・アンダーグラウンドでスタート。昨日の流れから、こうなるのは自然なこと。時代を超えて人を突き動かす大きな力がこのアルバムにはある。
 しかし、BGMには向いてないな〜(音楽に入っていってしまうからね)。
posted by 坂本竜男 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月09日

ヴェルヴェットの奇跡 革命家とロックシンガー

20290.jpg

 今日、NHKで放送された、映像の世紀 バタフライエフェクト「ヴェルヴェットの奇跡 革命家とロックシンガー」がとても素晴らしかった。
 チェコスロバキアの「ビロード革命・ヴェルベット・レボルーション」の陰には、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの存在があったという話である。
 チェコスロバキアの革命家で、のちに大統領になるバーツラフ・ハベルが、ニュー・ヨークでヴェルヴェット・アンダーグラウンドのレコードを手にすることから始まる。
 恥ずかしながら、ルー・リードのファンでありながらこの話については無知だった。しかし、この番組を観て、音楽が持つ可能性や影響力を改めて感じたし、ルー・リードのファンあることが誇りに感じた。
 明日はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのレコードでスタートしたいな。
posted by 坂本竜男 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月17日

音楽のありがたみ

 Spotifyなどを使ってPCで音楽を聴くのがメインになってしまったが、1枚1枚のアルバムをじっくり聴き込むということが大幅に減ってしまった。あまりにも手軽で容易に聴けるようになってしまったからだと思うが、これは自分だけなのだろうか?
 おそらくSpotifyだけでなく、CDをリッピングしても同様だろう。LPは少なくとも片面が終わるまではちゃんと聴いているから、CDもリッピングしたデータではなく、リアルタイムの方が(多少音は悪くなっても)ちゃんと聴くのかもしれない。
 手軽になりすぎて、音楽に対するありがたみを感じなくなってきているのかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月10日

何を手元に残すべきか

 Spotifyがきっかけで、手元にあるCDやLPの見直しが進んでいる。
 何を手元に残し、何を手放すのか?基本的にはSpotifyで聴ける音楽ソフトは、すべて手放す候補になる。その中で、
ライブに行った時に買ったサイン入りCDや、貴重なオリジナル盤のLP、デザインやディテールが凝ったCDやLPは手元に残すが、それ以外は手放すことになるだろう。
 とはいえ、Spotifyではあまり(あるいはほぼ)聴けないミュージシャンもいる。僕の大好きなミュージシャンにも結構いたりするから、そんな人たちの音楽は配信ではなくCDやLPで聴き続けることになる。だが、それは少数派になっていきそうだ。
 CDやLPは何を手元に残し、何を手放すのか。これを掘り下げることで、自分が音楽の中でもとくに大事にしているもの、大好きなものがより明確になっていきそうだ。
posted by 坂本竜男 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

朝からアナログに浸る日曜日

22.4.101.jpg

 今日はのんびり、朝からアナログで音楽に浸っている。この大袈裟ではないシステムで楽しむレコードには、何とも言えない贅沢さがある。なんてことはないが、とても豊かな一時だ。
 SpotifyとUSB DACのおかげで音楽ソフトも断捨離が大きく進みそうな勢いだが、レコードはしっかり存在感を放っている。おそらく、一生の付き合いになるだろうね。
posted by 坂本竜男 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年02月05日

CDはもう、買う必要がないのか?

 CDはもう、過去のメディアになってしまった。そのことを分かってはいても、若い頃からCDに馴染んでいた身としては認めたくない思いがあった。だが、実際にPCオーディオを自分のオーディオで体験してしまうと、流石に認めざるを得ない。
 では、もうCDを買う必要はないのだろうか?これはとても難しいところがあるが、配信では聴けない音楽がCDにはまだまだたくさんある。そして、これからも決して多くはないと思われるがリリースされる。
 それに、ライブやコンサートの会場で販売されるのは大抵の場合、まだCDだ。ミュージシャンの方たちを一番応援できるのは、今のところライブとそこでのCD購入だから、以前ほどではないがまだCDは買い続けるだろう。
 でも、それがいつまで続くかはわからない。いつまでCDは残り続けるだろうか?
posted by 坂本竜男 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年12月08日

約2年ぶりにファンタジア・フラメンカ開催決定!

 八女出身のフラメンコの第一人者のひとり、山本壬子さんの八女でのライブ「ファンタジア・フラメンカ」が、約2年ぶりに開催されることになった。
 「ファンタジア・フラメンカ」は、普段東京で活動されている山本壬子さんが、故郷である八女市立花町白木に建てられたスタジオ「ていこぃ白木」で開催されていたフラメンコ・ライブ。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、昨年春から開催中止になっていたのだ。
 やっとここ一ヶ月以上はコロナも落ち着き始めたので、各所でイベントも再開。「ファンタジア・フラメンカ」も再開を決意されたのだ。
 コロナ前は開催は2ヶ月に一度だったのだが、今回はなんと6ヶ月連続開催の予定。現在、チラシのデザインを製作中。久しぶりのフラメンコライブなので、僕自身、とても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年11月03日

SHEENA AND THE ROKKETS LPが完全生産限定盤を発売!

tower_5242052.jpeg

 シーナ&ザ・ロケッツの海外デビュー盤(1981年)が国内初のアナログ化された。アナログ盤復刻にあたり、世界的名匠バーニー・グランドマンがカッティング。レッド・ヴァイナル仕様となるそうだ。完全生産限定盤である。
 このLP販売もあって、FMで「You May Dream」でかかったが、懐かしいという感じがするかと思いきや、新鮮で刺激的でとてもカッコよかった。カッコいいロックは常にリアルタイムなのかも。いま、シナロケをLPで聴くって最高かも。
posted by 坂本竜男 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年10月25日

Big Games

21.10.251.jpg

 友人から借りていたCoilの「Big Games」をやっと聴けている。
 Coilはスーパーギタリスト鬼怒無月さんのグループの一つ。鬼怒無月さんはプログレからブルース、ラテンとジャンルを超えたスペシャルなギターと音楽性が魅力だが、このアルバムはブルースとハードロック。僕が知っている鬼怒無月さんのサウンドはラテン寄りのものが多いので、このアルバムはある意味新鮮。素晴らしいテクニックとトリオとは思えない分厚いサウンドは圧巻。ロックな鬼怒無月さんもメチャメチャカッコいいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年10月04日

玉置浩二Concert Tour 2021 故郷楽団〜Chocolate cosmos

21.10.41.png
画像は公式サイトより

21.10.42.jpg

 今日は、福岡サンパレスで「玉置浩二Concert Tour 2021 故郷楽団〜Chocolate cosmos」。前から一度は行きたいと思っていた玉置浩二のコンサートだが、今回やっと実現したのだ。
 やはり、現役最高峰と言われる歌唱力はとんでもないが、それだけで片付けられるものではないのは確かだ。究極の歌声が持つ力をまざまざと思いしらされたというべきか。その吸引力はとんでもなかった。CDやレコードでその素晴らしさはわかっていたつもりだったが、生で聴くその「声」は別物だった。CDでも素晴らしいが、やはり生で聴くべき人なのだと思った。
 コンサートはMCなし。極力しゃべらず、音楽を聴かせることに集中するスタイル(いつも、そうらしい)。人によっては物足りないかもしれないが、玉置浩二を聴かせるには、おそらく最高のスタイル。それだけに、コンサート後の余韻も違う。是非また、行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年08月25日

チャーリー・ワッツ、死去

20210825-08251013-sph-000-5-view.jpg
写真は公式インスタグラム(@therollingstones)より

 9月24日、ローリングストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが亡くなった。80歳だった。
 ストーンズは多くのロックファン・音楽ファンにとって特別な存在。それは僕も例外ではない。それだけに、チャーリー・ワッツが亡くなるなんて、信じられないし受け入れ難い。
 僕にとって、リアルタイムのストーンズは「ダーティ・ワーク」あたりからで、それをきっかけに過去の名作に遡っていった。1995年のVoodoo Lounge Tourでは福岡公演が実現(福岡ドーム)。運良くチケットを手に入れることができて、豆粒のように小さくしか見えなかったけど、生のストーンズに感動したっけ。そして、チャーリー・ワッツのドラムは本当にカッコ良かった。チャーリー・ワッツは間違いなく、ロック史上最高のドラマーのひとりだ。
 心よりご冥福をお祈りします。
posted by 坂本竜男 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年08月08日

ONE KNIGHT STANDS

21.8.81.jpg

 昨日のライブの余韻に浸りながら、このアルバムを聴いている。
 山崎まさよし「ONE KNIGHT STANDS」。日本の音楽シーンで重要なライブアルバムの一枚。やっぱり、良いねぇ。
posted by 坂本竜男 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年08月07日

山崎まさよし “ONE KNIGHT STAND TOUR 2021”

21.8.71.jpg

 今日はおりなす八女で、山崎まさよし “ONE KNIGHT STAND TOUR 2021”。山崎まさよしは、大好きなのに今までスケジュールが合わずライブに行けていないミュージシャンのひとり。僕にとって念願の初ライブだ。

21.8.72.jpg

21.8.73.jpg

 音楽の素晴らしさと魅力は分かっているつもりだったが、ライブではまたCDとは全く違う凄さがあった。僕はこれまで、その魅力を知っているつもりになっていただけだったのだ。
 歌声、演奏(ギターも上手いがブルース・ハープもまた上手い!)、楽曲、そして総合的な音楽の力がとにかく素晴らしい。その場で演奏したフレーズを録音し、その場で音を重ねていくルーパーを使った演奏が多々あるとはいえ、それだけでは説明できない音楽の厚みは何なのだろう?彼のミュージシャンとしての凄さを思い知らされた。
 セットリストは初期の名曲から誰もが知る名曲、そして書き下ろされたばかりの最新曲までと嬉しい選曲。誰もが知る名曲「One More Time, One More Chance」は、散々聴いてその良さは十分知っているはずなのに、生で聴くと電撃が走って鳥肌が立つその凄さ。個人的には大好きな「名前のない鳥」が生で聴けて感動。ひたすら純粋に音楽に没頭した2時間半だった。
 コロナ禍で大声が出せないお客さんたちが、その想いを伝えるべくわれんばかりの拍手で応えていたのが印象的だった。本当に会場が一体化した素敵なライブだった。
posted by 坂本竜男 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2021年07月18日

クラシック音楽館 生誕100年 ピアソラの世界

119488.jpg

 Eテレで放映されている「クラシック音楽館 生誕100年 ピアソラの世界」が面白かった。
 ピアソラがアルゼンチン・タンゴの巨匠であることは知っているし、曲もリベルタンゴくらいは知っている。CDも2〜3枚は持ってたはず。
 しかし、裏を返せばその程度のもので、タンゴも含めてなんとなく漠然と認識しているにすぎない。それを、タンゴの基本的なことから知ることができたし、ピアソラがいかに良い意味で尖った人だったのかがよくわかる。
 ピアソラ本人による演奏の映像もとても貴重で興味深いし、バンドネオン奏者の小松亮太さんによる解説と演奏がまた良い。個人的にはギターで鬼怒無月さんが参加されていたのがすごく嬉しい。ピアソラで2時間番組なんて、良くも悪くもNHKでしかありえない。
 明日はピアソラのCDを久しぶりに引っ張り出して聴いてみようかな。
posted by 坂本竜男 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
Powered by さくらのブログ