2017年04月17日

雨の湯布院

 3ヶ月ぶりに訪れる湯布院は雨。しかし、雨の湯布院も趣があって良い。

17.4.171.jpg
 玉の湯。しだれ桜はまだ花が残っていた。雨の中の桜もまた美しい。

17.4.172.jpg
 亀の井別荘。しっとりした中に光る緑の美しさに惹かれる。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2017年01月26日

冬の筑後川

17.1.261.jpg

17.1.262.jpg

 冬の枯れた感じ、独特の渋さが好き。
posted by 坂本竜男 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2017年01月21日

撮らずに終わり

 今日、写真を撮る気満々でカメラ持参で出かけたのに、コトが始まるとそれどころではなく、結果、一枚も撮影せずに帰宅。でも、そのおかげで見えたもの、頭により刻み込まれたものがあるような気がする。
 とは言っても、やっぱり撮らなかったことをちょっと後悔してたりして…。
posted by 坂本竜男 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年12月13日

ストック写真

 あれだけ撮っているのに、いざデザインで使おうと思うと、これがなかなか使えるものがない。
 撮りたいという衝動に駆られて撮る時とデザインで使いたいと思う時では、同じ対象物でもクローズアップするところや切り取り方などが違うということか。つまり、チラシやポスターなど具体的なものが頭にあって撮影するからこそ、デザインに使える写真ということなのだろう。
 というわけで、ストック写真ではイマイチなので、やっぱり撮影に出向かなければ。しかし、天候が…。というか、季節が…。つまりは来年の仕事を見据えて写真を撮っておかなければならないということだ。もっと具体的なイメージを持って。
posted by 坂本竜男 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年08月10日

清水の滝

16.8.101.jpg

16.8.102.jpg

16.8.103.jpg

16.8.104.jpg

16.8.105.jpg

16.8.106.jpg

 佐賀県小城市の清水の滝にて。心身ともに清められる……そんな滝ではないだろうか。神聖なものだけど、思いの外近寄れる滝でもある。落差75m、幅13mと数字だけ見てもすごいが、実際に足を運ぶとそんな数字はどうでもよくなってくる。ぜひ、わざわざ足を運びたい(ちょっとヘンな表現だな)。
posted by 坂本竜男 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年07月28日

日没直後の筑後川

16.7.282.jpg

16.7.284.jpg

16.7.283.jpg

 日没直後の筑後川を臨む。空と水面のグラデーションが美しい。この美しいグラデーションもわずか数分で消える。その儚さゆえに、美しさも際立つ。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年07月24日

アブラゼミ

16.7.241.jpg

 こ、これが限界…。(近寄るのが)
posted by 坂本竜男 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年07月17日

白壁ギャラリー表紙撮影

16.7.171.jpg

 なんとか、白壁ギャラリーの表紙撮影が終了。天気に恵まれることはいいことだけど、こんなに良すぎるとさすがに……ね。行いが良すぎるんだろうか?というくらいの真夏のいい天気は、撮る方も撮られる方も何気にハードだ。
 現在、写真を選びながら、デザインを構築中。さて、どんな感じでまとめようか…。
posted by 坂本竜男 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年07月08日

亀の井別荘の「緑」

16.7.71.jpg

16.7.72.jpg

16.7.73.jpg

16.7.74.jpg

16.7.75.jpg

 湯布院 亀の井別荘にて。あぁ、なんという「緑」…。
posted by 坂本竜男 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年04月13日

八女のとある風景

16.4.132.jpg

 もう少しなんとかできれば、少しは面白い写真になると思うんだけどなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年04月03日

感じるままに

 昔撮った写真を見ていると、撮影目的で撮った写真よりも、目的もなく彷徨っている時に撮った写真の方が面白い。おそらく、何らかの作為が出るのだろう。いい写真を撮ろうというエゴが邪魔をしている可能性もある。
 エゴは必要だと思うが、撮る時は無になるのが理想なのだろうか。好きなところを好きにさまよい、感じるままに写真を撮れたらどんなにいいだろう。おそらく、そんな時に心に残る写真が撮れるのだ。
posted by 坂本竜男 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年04月01日

写真データを漁りながら

 ただいま、イベント出展用の写真をピックアップすべく、大量のデータを漁っている。
 色補正をすればまぁまぁイケるんだけどなぁ、という写真もあれば、えっ!こんなの撮ってたっけというものあって面白い。そして、なぜか今よりもはるかに劣る機材で撮っているのに、今撮るのは困難だろうと思えるものも数点。この調子なら、なんとか点数は確保できそうだ。
 問題は時間。とにかく写真点数が(無駄に?)多いので、チェックに時間がかかる。チェックしやすいようにデータ整理はしてるはずなんだけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年03月24日

鍋ヶ滝

16.3.243.jpg

16.3.244.jpg

16.3.245.jpg

16.3.246.jpg

16.3.247.jpg

16.3.248.jpg

16.3.249.jpg

 前から行きたかった鍋ヶ滝へ、やっと行くことができた。
 滝の裏に回れるのは、他にも慈恩の滝があるが、鍋ヶ滝の場合、裏の空間が広くてびっくり。裏から見ると、まさに水のカーテンだ。至近距離で、様々な角度から楽しめるのも、この滝の特徴だ。今度は時間をかけて、じっくり撮影したいな。
posted by 坂本竜男 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年02月19日

自分の原点

16.2.191.jpg

 原点回帰の意味も込めて、エゴイスタス創刊号に載せた写真を撮影した場所で写真を撮る。
 その頃に比べると機材は格段に良くなったのに、撮った写真はイマイチ心に響かない。機材だけでなく、技術的にも向上しているはずなのだが……。
 結局、創刊時に自分の中に強くあったものが弱くなってしまったのだろう。では、その弱くなったものってなんなのだろう?野心?情熱?向上心?どれも今ひとつピンとこない。おそらく、自分の原点を見つめ直せということなのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2016年01月29日

自然の鉛筆

41JhweIl5AL.jpg

 世界最初の写真集、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボットの「自然の鉛筆」の完全日本語版が発売される。
 この本は、写真術の発見に至るまでの経緯やその重要性をトルボット自ら記した文章と、写真図版一枚一枚に添えられた撮影にまつわる文章の、初の完全日本語訳になる。それ以外にも写真家や美術家、研究家のエッセイ等も収録され、写真集を超えた内容になっている。
 発売は来月初頭の予定。ぜひ、おさえておきたい一冊だ。
posted by 坂本竜男 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年11月30日

秋月へ来たけれど

15.11.301.jpg

15.11.302.jpg

 今日は撮影で秋月。久しぶりの秋月である。まだ紅葉も残っているし天気もいい。秋月を楽しむにはもってこいなのだが…。楽しむ間もなく帰路へ。次に来れる時は、もう真冬だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年11月26日

低空の虹

15.11.262.jpg
posted by 坂本竜男 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年11月21日

苔と落ち葉と…

15.11.21.jpg

 撮影の仕事の合間に…。古いベンチに生える苔と落ち葉が、何とも言えず良い。
posted by 坂本竜男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年11月20日

八女の路地にて

15.11.20.jpg

 文化財でも古民家でもなんでもないけど、そのちょっとした古い佇まいに思わず目がとまる。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2015年11月13日

雨の合間に

 今日の撮影は悪天候が予想されたが、ちょうど撮影の時間だけ雨が上がった。撮影が終わった途端に再び降り出したから、奇跡的と言っても良いくらいのタイミングだった。
 雨の合間の撮影は思いのほか良かった。適度な湿度と濡れた地面や木々、そして柔らかな光が、しっとりと落ち着いた空気感を演出してくれた。この天気でないと撮れない写真である。晴れた日の爽やかさも良いが、雨の合間のしっとり感もとても良い。自由がきかないのが欠点ではあるが。
 ロケーション撮りは天気に左右されることが多いが、うまくいけばそれを逆手に取った写真が撮れる。リスクはあるが、そんな写真も撮っていきたい。
posted by 坂本竜男 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ