2019年09月15日

湯布院配本にて

19.9.142.jpg

19.9.143.jpg

 湯布院配本にて…。まだまだ昼間は真夏のような暑さだが、さすがに秋の表情があちこちで目につくように。秋が深まるほど、湯布院はまた別の魅力が増すよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年09月12日

今日の鳥栖の夕景〜Pオートで撮る

19.9.122.jpg

19.9.123.jpg

 今日の鳥栖の夕景。いつもの交差点。いつもよりもダイナミックな空。マイクロニッコール55mm「Pオート」で撮る。マクロはやわらかいが、意外に遠景はキレが良い。その描写が雲のダイナミックさをうまく表している。
posted by 坂本竜男 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年09月10日

今日の日没 〜ススキ越しに〜

19.9.104.jpg

19.9.103.jpg

19.9.106.jpg

 JR鳥栖駅そばの線路沿い近くで。ススキ越しの日没。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

帰路

19.9.102.jpg

 地元の身近な夕景。平日の、いつもの光景。
posted by 坂本竜男 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

カラスを真下から狙う

19.9.101.jpg

19.9.105.jpg

 ルミックス45-175mmで、カラスを真下から狙う。カラスのダイナミックな動きが、真下からだとわかりやすい。想定以上の動きのダイナミックさに、少々驚きながらの撮影だった。これも新たな発見。
posted by 坂本竜男 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年09月09日

今日の鳥栖の夕景

19.9.9-4.jpg

 今日の鳥栖の夕景。信号越しに切り取るのが、最近のささやかなマイブーム。
posted by 坂本竜男 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年09月08日

暑い秋の茶畑

19.9.98.jpg

 八女に行く途中の茶畑。今はお茶の時期ではないけれど、茶畑の緑はとてもキラキラしていて、とても綺麗。そして、ちょっとワイルド。お茶のシーズンのとは表情が違うから面白い。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月30日

久しぶりの夕焼け

19.8.305.jpg

19.8.306.jpg

19.8.307.jpg

 八女からの帰り道。久しぶりに見る夕焼けがとても新鮮に感じる。そう言えばお盆くらいからずっと雨だったよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月29日

食事中の昆虫たち

 雨が一旦上がったので、キヤノン200mmマクロをつけたGX8を持って、近所をぶらり。食事中の昆虫たちに目が止まった。

19.8.291.jpg

19.8.292.jpg

 アブは忙しく花の周りを動きながら食事(?)。

19.8.293.jpg

19.8.294.jpg

19.8.295.jpg

 一方、バッタは自分よりも大きな花びらを食べ尽くそうとしている。なんという食欲。
posted by 坂本竜男 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月20日

雨上がりを切り取る

19.8.201.jpg

19.8.206.jpg

19.8.205.jpg

19.8.207.jpg

19.8.204.jpg

19.8.202.jpg

19.8.203.jpg

 雨上がりの近所をNewFD200mm F4 Macroで切り取る。普段、目に入りにくいマクロの美しい世界を見せてくれるのは当然だが、このレンズは儚さ、そして儚さにある独特の美しさも表現するように感じる。ひょっとしたら、そこは今のレンズにはないものなのかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月17日

またまたセミに挑戦

 またまた近所でセミに挑戦。カメラ、レンズは同じくNewFD200mm F4 Macro + LUMIX DMC-GX8。今度はしっかり三脚(GITZO GT 2532)に据えての挑戦だ。

19.8.176.jpg

19.8.175.jpg

19.8.174.jpg

 GX8の手振れ補正はオフ。絞りはF5.6〜8。いずれもトリミングなし。リサイズのみ。
 当たり前だが、三脚に据えると解像度が全く違う感じ。この写りはオールドレンズのものとは思えない。もっと絞ってもよかったかな〜とも思わなくはないが、とりあえずは及第点かな。
 しかし、今回の撮影で別の部分に問題というか、気になる点が…。さて、どうしよう?
posted by 坂本竜男 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月16日

NweFD200mm F4 Macroで鳥栖の夕方を切り取る

19.8.1610.jpg

19.8.1611.jpg

19.8.1612.jpg

19.8.1613.jpg

 夕方の鳥栖を、NewFD200mm F4 Macroで切り取る。同じ200mmクラスでもFD70-210mm F4と全く違うから面白い。よく知ってるはずの地元の知らない表情が見えてくる。
posted by 坂本竜男 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

NewFD 200mm F4 Macroでセミに挑む

 NewFD 200mm F4 Macroで、近所のアブラゼミに挑む。

19.8.163.jpg

19.8.164.jpg

19.8.165.jpg

 かろうじて手ブレせず撮れたのはこの3枚のみ。いずれもトリミングなし、リサイズのみ。絞りはF6.3〜8。
 寄れるし、僕が持つどのレンズよりも大きく写せるのは素晴らしいが、手持ちでの撮影は流石に無謀か。GX8の手ぶれ補正だけでは厳しい。画質はとてもいいんだけどなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月08日

今日の夕景(交差点)

19.8.82.jpg

19.8.83.jpg

 今日の鳥栖の夕景。夕方の近所の交差点は、最近のお気に入り。FD70-210mm F4で切り取る。
posted by 坂本竜男 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

雨跡

19.8.81.jpg

 夕立が来そうだったんだけど、降りきれないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月02日

変化し続ける鳥栖の夕景

19.8.2-2.jpg

 今日の鳥栖の夕景。どんどん変化し続ける雲と夕日にハッとさせられる。
posted by 坂本竜男 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年08月01日

アブラセミに接近

19.8.1-5.jpg
 鳥栖ではここまで寄れるのに…

19.8.1- 6.jpg
 八女ではこれが限界。これ以上近づくと逃げてしまう。
 ちなみにどちらも同じレンズで同じ焦点距離。もちろん、トリミングなし。鳥栖の方が人に慣れているのかな?(と言っても、セミの成虫の寿命は1週間だったはず。そんな短期間で慣れるものなのか?)
posted by 坂本竜男 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

夏休みの一コマ

19.8.1-2.jpg

19.8.1-3.jpg

 八女の矢部川沿いにある宮野公園にて。なんか、微笑ましい。
posted by 坂本竜男 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年07月31日

今日の夕景(久留米)

19.7.311.jpg

19.7.312.jpg

 八女から帰る途中、久留米での夕景。夕日に照らされる入道雲が、ちょっと違った趣。心がなぜがザワザワする。決して悪い意味ではなくて。なんだろう、この感じ?
posted by 坂本竜男 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2019年07月28日

湯布院で虫と戯れる

 観光地として有名な湯布院。観光客がごった返すエリアから一歩足を踏み入れると、全く違った湯布院の顔が見えてくる。人も少なく、自然がたくさん。時間の流れがゆっくりで、空気は爽やかで心地いい。そこには虫たちが身近にたくさんいるのだ。

19.7.289.jpg
ドルドーニュ美術館そばにて

19.7.2810.jpg
同じくドルドーニュ美術館そば

19.7.2811.jpg
末田美術館 廻廊庭園内にて

19.7.2812.jpg
ドルドーニュ美術館そばにて

 湯布院では虫たちとの距離がとても近い。これは地元と鳥栖ではなかなか出会わない光景だ。この虫たちとの距離の近さが、本来の湯布院なのだろう。湯布院はちょっと足を伸ばすと、人が多い観光地とは違う、素晴らしいもう一つの顔が見えてくる。
posted by 坂本竜男 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ