2018年07月03日

雨水のリズム

18.7.3-1.jpg

18.7.3-2.jpg

18.7.3-3.jpg

18.7.3-4.jpg

18.7.3-5.jpg

18.7.3-6.jpg

 台風7号の接近で、雨水のリズムが激しくなってきた。思わず、雨粒の激しい動きに夢中になってしまう。
posted by 坂本竜男 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年07月01日

ベアスタと夏の空

 今日は昨日までの暴風雨が嘘のような夏空。空のブルーが眩しい。そして雲の動きがダイナミックだ。そこで、久しぶりに広角ズーム トキナーAT-X16-28mm F2.8 PRO FXを持ち出してみた。

18.7.1-2.jpg

18.7.1-3.jpg

18.7.1-4.jpg

 ベアスタと青空をトキナーで狙う。トキナーブルーを生かすにはもってこいだ。
 今回はあえて16mmのみを使用。絞りは5.6〜8くらい。トキナーと夏空、そして建物はよく合う。建物と空とのコントラストが綺麗だ。
 僕のテーマの一つが超広角で、いかにあまり超広角っぽくない写真を撮るか。脚立持参なら、もう少しうまくいくのだろうけれど…。
posted by 坂本竜男 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年06月29日

印象派のような空

18.6.296.jpg

 九州国立博物館からの帰りは、今回の展示とリンクするかのような、印象派の絵画を思わせる空が。自然が描くアート作品だ。
posted by 坂本竜男 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年06月17日

円覚寺で撮影

 今日は朝から撮影の仕事で福岡へ。博多の円覚寺での撮影だ。

18.6.171.jpg

18.6.172.jpg

18.6.173.jpg

 屋内の撮影がメインではあるが、せっかくの中庭なので、それを生かす撮影にもチャレンジ。光の質が時間が経つにつれてどんどん変わるので、撮影はかなりシビア。だが、ロケーションが素敵なので、ある程度うまくカタチに出来たと思う。ぜひ、またさせていただきたい撮影だったなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年06月15日

赤い夕空

18.6.142.jpg

18.6.143.jpg

18.6.144.jpg

 八女にて。「ずいぶん昼が長くなったなぁ。7時半を過ぎているのにこんなに明るい。」そう思って外に出ると、空がとんでもなく赤い。こんな夕空は珍しい。何かが起こりそうな、そんなことを思わせる赤い夕空。
posted by 坂本竜男 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年06月03日

上陽の夜空

18.6.2-2.jpg

 八女市上陽町の友人宅にて。まだ暗くなりきってないのに、こんなに一番星がはっきりと見えるなんて。僕が住んでいるところは田舎だと思っていたけど、こんな時間帯にこんなにキレイに星は見えない。上陽って、なんて素敵なんだろう。
posted by 坂本竜男 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月24日

カチガラスに挑む

18.5.242.jpg

18.5.243.jpg

 佐賀県の県鳥で、サガン鳥栖のマスコットのモデルにもなっているカチガラス。ウチの近所はよく飛んでるんだけど、写真に収めるのは難しい。タムロン23A(SP60-300mm F3.8-5.4)で挑むが、300mm望遠ではこれが限界。でも、鳥を撮るためにレンズに投資はしたくないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月22日

もう夏の空

18.5.222.jpg

18.5.221.jpg

 今日は晴天、そして夏日。空を見ると、積乱雲が出てきた。雲のボリュウム感、そして陰影の強さが印象的だ。これは明らかに夏空だ。まだ5月だけど、もう夏なんだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月18日

柳川某所にて

18.5.188.jpg

18.5.186.jpg

18.5.187.jpg

 鳥栖で撮影が終わった後は、柳川で再び撮影。この場所は雨の日のしっとりした空気感が、よりしっくりくるね。
posted by 坂本竜男 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月15日

柳川某所の撮影にて

18.5.153.jpg

18.5.155.jpg

18.5.154.jpg

 今日は丸一日、柳川某所で撮影。ここでアップしている写真は、主役を盛り立てる脇役たちだが、空間を作り上げる上でとても大事な存在。そんな名脇役にもスポットを当てるのが、今回の撮影の目的の一つでもある。
 いつもの仕事とは一味も二味も違うし、難易度も高いし、考えるべきことが多い撮影だが、それ以上に楽しく面白いものでもある。かなり頭をかかえるシーンも多かったが、それでも不思議と口角は上がっている。
posted by 坂本竜男 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月14日

こんな視点で夕日を臨む

18.5.152.jpg

 季節が進み、夕日が沈む光景がかなり変わった。それを逆手にとって、こんな視点で夕日を見るのもたまにはいいかも。
posted by 坂本竜男 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月13日

雨上がり

18.5.134.jpg

18.5.133.jpg

18.5.135.jpg

 雨上がりは写真が楽しい。タムロン17Aは、雨上がりを捉えるのにぴったりだ。
posted by 坂本竜男 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

青空と水たまり

18.5.131.jpg

18.5.132.jpg

 雨が止み、南の方から青空が広がってきた。明日は晴れそうだな。
posted by 坂本竜男 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月12日

空と緑のコントラスト

18.5.127.jpg

 木々の緑と空の青、激しく風で揺れ動く枝葉と、ゆっくり動く雲。それらの対比の面白さに思わず惹き付けられる。
posted by 坂本竜男 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月10日

身近な風景を切り取る

 身近な風景の中から、ちょっと心に引っかかるものを切り取る。タムロン20Aはその作業にとても向いているレンズだ。

18.5.105.jpg
 ざっくりと作られた竹の柵が、視点を変えるとちょっと面白い。いい具合のざっくり加減から、作った人が見えてくるよう。

18.5.106.jpg
 意外なところに映り込むクルマに足が止まる。こんなところに映り込むと、photoshopでちょっとした画像フィルターをかけたかのようだ。
posted by 坂本竜男 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

緑をとらえる

18.5.102.jpg

18.5.103.jpg

18.5.104.jpg

 桜もすっかり緑が茂り、日差しもかなり強くなった今。緑の鮮烈さに圧倒されてしまう日々だ。真夏よりも、むしろ梅雨を控えた今の時期の方が、緑に勢いがあるのではないだろうか?
posted by 坂本竜男 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月09日

タムロン20Aを試し撮りする

 買ったばかりのタムロン 70-150mm F3.5(20A)を早速、試し撮り。

18.5.9-2.jpg

18.5.9-3.jpg

18.5.9-4.jpg

18.5.9-5.jpg

18.5.9-8.jpg

 使ってみて感じたのは、扱いやすさ。今のズームレンズと比べて軽量ではないが、扱いやすい大きさだ。ピントリングのトルク感もちょうどいい。そして何より、70cmまで寄れるのは大きい。
 望遠側ではマクロ的に使えるし、その写りもなかなか。絞り開放でもかなりいける。コントラストが弱めというレビューも多いが、望遠側では特にそれは感じない。色乗りもいいし、解像度も意外に高い。タムロン特有のやわらかさは共通。この辺りの質感は大きな魅力だ。

18.5.9-6.jpg

18.5.9-7.jpg

 広角側はややコントラストが落ちる傾向はある。しかし、これも調整のできる範囲内。望遠側が良かったので、あまり撮ってないのだが、日を改めて検証したい。
 やはり20Aは想像通り、「使える」レンズだった。70-150mmという焦点距離は、一般的には中途半端かもしれないが、個人的には積極的に使いたい画角。これが振り回しやすいコンパクトさで、比較的明るい。大げさにならない範囲でいい写真が撮れる。現行の70-200mm F2.8はもちろん、70-200mm F4でも少し大げさに感じてしまうので、20Aは本当に「ちょうどいい」レンズなのだ。
posted by 坂本竜男 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年05月08日

雨粒が描く線

18.5.8-3.jpg

 庇から落ちた雨粒が、少しずつコンクリートを削り、やわらかな線を描いていく。今日もまた、目に見えないくらいゆっくりと、しかし確実にその線は濃くなっていく。
posted by 坂本竜男 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

境界線

18.5.8-2.jpg

 境界線って結構、曖昧。これくらいがちょうどいい。
posted by 坂本竜男 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

一枚の花びら

18.5.8-1.jpg

 雨の駐車場に落ちている一枚の花びら。この花びらは、いったいどこからやってきたのだろう?
posted by 坂本竜男 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ