2022年11月18日

電線とうろこ雲

22.11.186.jpg

 夕方のベランダからのひとコマ。
 赤く染まり始めたうろこ雲。そして横に走る電線が良いアクセントに。
 我が家のベランダから見た空も悪くないじゃない。
posted by 坂本竜男 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年11月17日

「立石谷」を思いながら御手水の滝に挑む

 先日行った青木繁と坂本繁二郎 二人展で展示されていた「立石谷」。坂本繁二郎が15歳(!!!)の時に描いた鳥栖の御手水の滝である。「立石谷」を観てから、また御手水の滝へ行きたいと思っていたのだが、やっと今日行ってきた。

22.11.171.jpg

22.11.172.jpg

22.11.173.jpg

22.11.174.jpg

 坂本繁二郎の「立石谷」を思いながら、御手水の滝と向かい合う。

22.11.175.jpg

 図録の「立石谷」。
 坂本繁二郎はどこからこの滝を見ていたのだろう。絵を見ると視点が高いのだが、そんな視点で見れる場所はないように見える。ましてや身長はそんなに高くないはずだし。脳内で補正しているのだろうか。
 今度は、脚立を持って挑戦してみるか。
posted by 坂本竜男 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年11月10日

今日はちょっと場所を変えて

22.11.101.jpg

 今日も近所の夕景を撮影。しかし、いつもとはちょっと場所を変えてみた。というのも、すぐ近所からはこの場所が一番空の色付きが鮮やかだったから。
 しかし、丘や家々や林などで沈む太陽はすっぽりと隠れてしまうのだ。やっぱり、丘を越えなきゃだめだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年11月02日

今日の夕景を収めるも…

22.11.2-3.jpg

 今日の地元の夕景を撮る。
 ここ数日は雲ひとつない快晴で、夕方の空のグラデーションが美しい。その美しさに、思わずハッとさせられる。
 しかし、写真に収めると、なんて事のない風景になってしまう。
 まぁ、確かに田舎のなんてことのない風景ではあるのだけれど…。
posted by 坂本竜男 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月30日

dp0 quattroで八女中央大茶園に挑む

22.10.302.jpg

22.10.303.jpg

22.10.304.jpg

22.10.305.jpg

22.10.306.jpg

 dp0 quattroで八女中央大茶園の撮影に挑戦。Foveonを使いこなせてないというよりも、まず14mmレンズを使いこなせていない。課題は多いなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月27日

dp0 quattroで撮る黒髪山登山

 昨日の黒髪山登山には、dp0 quattroも持って行った。使い勝手が良いカメラではないし、決して登山向きではないが、雨上がりの好天というベストコンディションだったので、ぜひ高画質で写真に収めておきたいと思ったのだ。

_SDI0206.jpg

_SDI0218.jpg

_SDI0232.jpg

_SDI0235.jpg

_SDI0245.jpg

 やはり、dp0 quattroの高解像度ぶりは素晴らしい。絞りはF5.6に固定し、基本的にはピントはセンターに合わせて撮ったのだが、今回はそれで問題なし。今回のような状況ならパンフォーカスに近い感じで撮影ができた。ただ、書き込みに時間がかかるし、AFが早いわけではないので、集団行動の中では他のメンバーの理解が必要だ。
 正直なところ、もっとじっくり時間をかけて撮ってみたかったというのが本音。一緒に行った人たちは理解があるメンバーだが、やっぱり気を使ってちょっとあせってしまう。これは自分の問題であって、一緒に行った人たちの責任ではないんだけどね。
posted by 坂本竜男 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月20日

久しぶりの慈恩の滝

22.10.193.jpg

22.10.194.jpg

22.10.195.jpg

 九重町から日田市へ向かう途中、久しぶりに慈恩の滝へ立ち寄った。
 慈恩の滝は、上段20m、下段10mと、合わせて約30mの落差がある二段滝。この大きさで二段だから、かなりの迫力だ。
 本来は滝の裏側へ回ることができるのだが、2年前の豪雨の影響で今は回ることができないので、それはちょっと残念。それでも、やっぱり立ち寄ってよかった。
 今度はちゃんと機材を持ち込んで撮影に挑みたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月16日

2年ぶりの東与賀海岸

22.10.162.jpg

22.10.163.jpg

22.10.164.jpg

 大川で昼食の後は、佐賀市内へ。目的地へ行く前に東与賀海岸へ立ち寄った。
 時期的にはまだ早いのだが、それでもシチメンソウが色づき始めていた。東与賀ならではの風景だ。

22.10.165.jpg

 そして、シオマネキも。
 来月初頭がシチメンソウが見頃。今年は腰を据えて撮影に行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月15日

上峰町民センターでの撮影

22.10.151.jpg

 今日は上峰町民センターで撮影。初めて訪れたのだが、上峰町にこんないい感じのホールがあるなんて知らなかった。
 席数に対してエアボリュームがあるように感じられるし、端の方の席でも見にくい感じはあまりない。後ろからでもステージがよく見える。
 これらのことは、そのまま撮影のしやすさにつながる。お客さんの邪魔にならないように撮影しなければならないから動線は制限されるが、それでも撮りにくさは特に感じなかった。ほぼオリンパス40-150mm F2.8 PRO一本でいけたのは助かった。あとは僕次第だね。
posted by 坂本竜男 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月14日

再び、dp0 quattroで四阿屋に挑む

22.10.149.jpg

 再び、dp0 quattroを持って鳥栖の四阿屋へ。今回はNDフィルター(ND32)と、三脚(ジッツオGT2532+マセスFB-2+マセスDW-4)。APS-Cコンデジに対して少々大袈裟な三脚だ。

22.10.141.jpg

22.10.142.jpg

22.10.143.jpg

22.10.144.jpg

22.10.145.jpg

22.10.146.jpg

22.10.147.jpg

22.10.148.jpg

 大袈裟な三脚だけど、おかげで安定度は抜群。PLフィルターを忘れていたりはしたが、まずまずの結果に一安心。Foveonセンサーの凄さに痺れる。ちなみにレタッチもほぼしてないから、JPEGでも十分な画質。撮るときは一枚一枚、エネルギーを使うけど、PCでデータを開いた時に全てが報われるねぇ。
posted by 坂本竜男 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月07日

やっぱりプリントせねば

 dp0 quattroで撮った写真は、やっぱり大きなサイズで見たくなる。インスタなどSNSでは大半がスマホだろうから、その良さがどこまで伝わるかはよくわからない。かと言って、PCで等倍鑑賞というのもちょっと違う気がしている。
 やっぱり写真はプリントなのだ。撮る時もそうなのだが、撮った後も写真の原点・基本を教えてくれるカメラ。それがFoveonセンサーのカメラなのだろう。お気に入りの写真はプリントすべく別フォルダに保存しているのだが、さっさとプリントしなければいけないね。
posted by 坂本竜男 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年10月01日

流れの境目

22.10.1-9.jpg

 篠山神社から筑後川の河川敷へ出ると、筑後川の二つの流れが合流する地点に出る。そこは、川の真ん中近くに不自然とも思える境界線が姿を表す。これがちょっと不思議な光景を生み出しているのだが、気づかない人は全く気づかない、そんなレベルの話ではある。
 僕はこの境界線が妙に気になり不思議な心持ちになっていて、写真に収めようと何度も試みるのだが、その日は標準ズームと標準単焦点しか持ってきてなかったので、撮った写真はこんな感じで終わっている。もっと望遠で撮れたら、少しはこの感じが伝わったかもしれないのに…と思ってしまうのだ。
 明日また出直そうかな…。
posted by 坂本竜男 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年09月27日

クロアゲハと彼岸花

22.9.272.jpg

 近所の彼岸花をもっとエモく撮りたくて、GX8に七工匠35mm F0.95をつけて挑戦。
 そうしたら、アゲハチョウとクロアゲハが寄ってきた。そこで、ちょっと欲を出して昨日撮り損なったクロアゲハにトライ。でも、焦点距離が短い上にマニュアルレンズだから、やっぱり失敗の連続。
 そんな中、ちょっと見れるモノになったと思ったのがこの写真。やっぱり、F0.95が効いている。また明日もチャレンジだな。
posted by 坂本竜男 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年09月13日

印象的な飛行機雲

22.9.131.jpg

 夕方、何気に外を見たら、とても印象的な飛行機雲が。
 同じ時間に見ることが多くはあるが、ここまで力強さを感じるのは初めて。慌てて写真を撮ったが、これは写真では伝わりにくいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年09月11日

中秋の名月

22.9.105.jpg

 中秋の名月をE-M1 mark II + 75-300mmで撮る(+トリミング)。ここ数年で撮った満月の中では一番よく撮れたかな?
posted by 坂本竜男 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年08月31日

なんとなくが、思いのほか

22.8.311.jpg

22.8.312.jpg

 いつものように、なんとなく見に(撮りに)行った近所の夕景が、思いのほか良い変化を見せてくれて、ちょっと得した気分。エゴイスタス制作にも弾みがついたな。
posted by 坂本竜男 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年08月27日

夕景で日に日に感じる

22.8.276.jpg

22.8.277.jpg

22.8.278.jpg

 今日の地元の夕景。
 三日連続で同じ場所で夕景を撮っているだけでも、秋が日に日に深まっているのがよくわかる。今年はいつも以上に暑い夏だったけど、そんな夏でも確実に秋は来るのだ。
posted by 坂本竜男 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年08月26日

夕焼けの変化は早い

22.8.261.jpg

 窓から差し込む光が赤あかとしてきたので、いつものカメラを場所へ駆けつける。その時間は1〜2分。
 しかし、思ったほどの光景ではなく、ちょっとがっかり。わずかな時間にベストなタイミングを逃したっぽい。
 それだけ夕焼けの変化のスピードは早い。ひょっとしたら、山の麓というのも関係があるのかな?
posted by 坂本竜男 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年08月19日

雨の夜のフロントガラス

22.8.191.jpg

22.8.192.jpg

 雨の夜、交差点付近にクルマを停めて、運転席に座りながらカメラで遊ぶ。クルマのヘッドライトや街灯、信号、マンションの照明…。さまざまな光が、フロントガラスの雨粒で面白く変化する。これは意外に飽きないねぇ。
posted by 坂本竜男 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2022年08月11日

飛んでいるチョウトンボに挑戦

22.8.111.jpg

 五万ヶ池で、飛んでいるチョウトンボに挑戦。見事に惨敗。上の写真はかろうじて撮れた一枚。
 やはり動体の撮影は難しい。被写体が小さいと尚更。もともとこの手の被写体は撮らない前提で機材を選んでいるから、無理に小さな動体に挑戦するものではないね。
posted by 坂本竜男 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ