2018年04月19日

近所の空き地は、写真の練習場

18.4.1912.jpg

18.4.1913.jpg

 近所の空き地は写真の練習にもってこい。マクロも望遠も練習できる。今回もタムロン19AHで練習。タンポポはお気に入りの被写体。

18.4.1914.jpg

 次はアシナガバチに挑戦。チョウよりは難しくないが、それでも動く被写体を捉えるのは難しい。今日はこれが限界。う〜む……。
posted by 坂本竜男 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月17日

水滴と戯れる

 雨の日ならではの写真の楽しみ方。

18.4.175.jpg

18.4.176.jpg

 ラセンイについた水滴と戯れる。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

雨の日も…

18.4.171.jpg

 今日は雨。しかし、雨は雨で写真が楽しい。
posted by 坂本竜男 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月15日

赤ちゃんを撮る

 昨年末に生まれた、友人の赤ちゃんを撮らせていただいた。顔出しはNGなので、それ以外の写真をちょっとだけ…

18.4.151.jpg

18.4.152.jpg

18.4.153.jpg

 赤ちゃんは最高のモデルさんだ。笑顔はもちろん、泣いても怒っても絵になるし、それに素直にかわいらしい。撮られる側の「かまえ」もないから、素直な写真が撮れる。撮る側も純粋な気持ちになれる。赤ちゃんの持つ力って本当に素晴らしい。
 今回の撮影はすべてタムロン17A(35-70mm F3.5)を使用した。このやわらかい表現はタムロンならでは。それでいてキレがあるから素晴らしい。毎回撮影のたびに思うが、本当にオールドレンズとは思えない。赤ちゃんを撮るにも最高のレンズだ。最近、Lレンズの出番が減ったなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月14日

鋤田正義「サウンドアンドヴィジョン きれい」

18.4.141.jpg

 鋤田正義と音楽は切っても切り離せないが、それが見事に表れている一冊。写真が素晴らしいのは言うまでもないが、そこには熱い音楽がしっかりと流れている。写真を眺めているのに、音楽を聴いているような錯覚を覚えるのだ。こんな写真、高い技術だけでは絶対に撮れない。
posted by 坂本竜男 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月12日

鋤田正義写真展「ただいま。」

18.4.121.jpg

 今日は初めての直方谷尾美術館。直方市にある、とても趣のある美術館だ。

18.4.122.jpg

18.4.123.jpg

 目的は直方市出身である写真家、鋤田正義写真展「ただいま。」である。デヴィッド・ボウイやTレックス、イギー・ポップ、シーナ&ロケッツ、YMOなど、ミュージシャンの写真を数多く撮られていることでも有名だが、もちろんそれだけにとどまらない。数多くのポスターやCMの映像なども手がけられている。
 我が家にもデヴィッド・ボウイやTレックス、YMOなど、手がけられた写真がレコードとして何枚もあるので、ある意味身近な存在ではある。しかし、こうして改めて手がけられた写真を大きなサイズで見ると、その写真の持つ力に圧倒されてしまう。
 だが、決して「どうだ!」という威圧するようなものではなく、内側から滲み出るような静かでやさしい力だ。気取ってないし、カッコつけてもいない。力んでもいない。しかし、うちから滲み出る力強さとやわらかさ、そして飛び抜けたカッコよさがある。あぁ、なんて素晴らしいのだろう。
 会期は来月20日まである。できれば、また行きたいな。
posted by 坂本竜男 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月11日

動くものに再チャレンジ

18.4.112.jpg

 タムロン19AH(SP70-210mmF3.5)で、ちょっと遠目から歩いているネコを狙う。ピントがあったのはこの一枚だけ。動くものをマニュアルで追うのは難しい…。まだまだ練習が必要だな。
posted by 坂本竜男 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月10日

動くものに挑戦する

 タムロン19AHは実戦で即使える性能と画質を持っている。純正70-200mm F4Lに迫る実力があるのでは、と思っている。だが、まだ使いこなすまでに至ってない。例えば動いてもらいながらでの人物撮影なんか最高に良いと思うのだが、未だに失敗が多いので純正Lレンズ(24-105mm F4)に頼ってしまっているの現状だ。
 そこで練習も兼ねて近所で撮影。

18.4.101.jpg

18.4.102.jpg

18.4.103.jpg

 さすがにMF望遠ズームで蝶を追うのは難しい。だが、慣れてくるとこちらの方が速い。AFではピンを合わせ、ピピッと鳴ってからフレーミングをし、シャッターを切る。これがMFだとワンアクションでできるからだ。直進ズームというのも速さに貢献している。しっかり練習すれば、AFよりも良い瞬間を素早くとらえれるようになるはずである。蝶はそういう意味では練習にはぴったりだ。
 あたたかくなって、昆虫もたくさん顔を出し始めた。これからしばらくは練習相手には事欠かないな。
posted by 坂本竜男 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月04日

ロケーション撮影にて

 今日は昨日に引き続き、ロケーション撮影。
 しかし、こんなに風に振り回されるとは。自然に逆らえるわけもなく、風が止むわずかな瞬間を狙って、セッティングと撮影。撮影出来た枚数はわずかなのに、撮影時間は1時間。たった1点だけを撮るのに、こんなに苦労したのは久しぶり。やはり小道具が必要だったかなぁ。(結果的にはなんとかうまくいったので良かったんだけど)
posted by 坂本竜男 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月03日

九州芸文館にて

18.4.3-3.jpg

 今日の撮影現場はこちら。といっても中ではなくて外。さて、この空間をどう生かして撮ろうか…。
posted by 坂本竜男 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年04月02日

花見での一コマ

18.4.1-9.jpg
posted by 坂本竜男 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年03月31日

染まり始めた夕空

18.3.319.jpg

 自宅前にて。赤く染まり始めたばかりの夕空の、控えめなグラデーションも好きだ。飛行機雲がいいアクセントになっている。身近な空も楽しい。
posted by 坂本竜男 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年03月23日

PHOTO BOOKを作る

18.3.231.jpg

 キヤノンのサービスを使ってPHOTO BOOKを作ってみた。オールドレンズとトキナーAT-X280 AF PROで撮った、身近な風景のプチ写真集である。これからの写真を踏まえた仕事での活用、今まで撮ってきた写真の活用などを考えての試作でもある。
 キヤノンのPHOTO BOOKサービスは、キタムラが行っているフジフィルムのサービスよりも、WEBでの作成が容易だし仕上がりも良い。ただ、そのまま発注をすると、自動で色補正がかかってしまうので注意が必要だ。あと、編集が容易な分、その編集には制限があるので自由度が高いとは言えない。
 とは言え、うまく使えば最低限のコストで、仕上がりの良いPHOTO BOOKを一冊から作ることができるのは魅力だ。キヤノンの一眼を使っているので、このサービスとの相性も良い。今後うまく活用していきたい。
posted by 坂本竜男 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年03月05日

久しぶりのタムキュー

18.3.5-1.jpg

 雨が止んだので、息抜きを兼ねて久しぶりにタムキュー(SP90マクロ)を持ち出す。
 多肉植物パリダムにつく水滴としっとり感は、雨上がりならではの光景。タムキューのやわらかな表現がよく似合う。このレンズもオールドレンズとまではいかないけど、十分古い(そして安い)レンズなんだよなぁ。これだから写真は面白い。
posted by 坂本竜男 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年03月04日

飛行機雲のランデブー

18.3.4-1.jpg

18.3.4-2.jpg

 素材探しに手かけたら、飛行機雲のランデブーに遭遇。見ているだけでワクワクするのはなぜだろう?
posted by 坂本竜男 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年03月03日

夕空の赤

18.3.2-5.jpg

18.3.2-7.jpg

18.3.2-6.jpg

 夕空の赤が印象的だったので、思わずカメラを持ち出す。最近ではあまり見ないタイプの夕焼けかも。それに加え、雨上がりのアスファルトに反射する夕焼けの赤と、クルマのブレーキランプの赤。印象的な赤の一コマ。
posted by 坂本竜男 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年02月28日

雨の日のスイセン

18.2.283.jpg

18.2.284.jpg

 最近の僕のお気に入りの被写体は、近所に咲くスイセンだ。
 今日は雨。しっとりした中に控えめな華やかさがあって、より魅力的に感じる。トキナー AT-X 280 AF PROにはうってつけ。まるでフランスのシネレンズのようだ(使ったことないけど)。さすが、アンジェニューのOEM製造していたレンズの系譜。大好きな世界だ。
posted by 坂本竜男 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年02月27日

日常の中に

18.2.273.jpg

18.2.274.jpg

 日常のなんでもない風景が、ちょっとだけ面白く感じる。
posted by 坂本竜男 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年02月23日

近所で、出会う・感じる

 最近、カメラを持って、近所を散策するのが楽しい。いつもハッとさせられる「何か」に出会う。

18.2.236.jpg
 このブロック塀はなんの意図でこのようになっているのか…

18.2.237.jpg
 道端のクローバーに気持ちがざわつく。

18.2.238.jpg
 ほぼモノトーンの風景の中に、派手なテーピングのパイプが浮かぶ。
posted by 坂本竜男 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

鳥と電線と半月

18.2.232.jpg

 電線に留まるたくさんの鳥たちと半月。これもまた、身近だけどハッとさせられる風景。ところで、この鳥はなんという鳥なのだろう?
posted by 坂本竜男 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ