2019年11月05日

マツダ CX-30

20191026_CX-30_031.jpg

20191026_CX-30_008.jpg

20191026_CX-30_029.jpg

 この秋、マツダCX-3の後継モデル CX-30がデビューした。CX-30は、マツダ3から始まった第7世代商品群の第2弾にあたるモデル。マツダ3と同様にキャラクターラインをなくし、曲面の立体的な美しさを生かした新しい「魂動デザイン」。個人的には、このデザインだけでもライバルに差をつけていると思う。CX-3が登場した時もインパクトがあったが、今回のモデルチェンジではさらにそれを進化させていると思う。
 CX-3で気になったユーティリティや居住性も、サイズが大きくなったことで大幅に改善しているようだ。CX-3がデミオベースだったのに対し、CX-30はマツダ3ベース。これがやはり大きい。
 エンジンは1.8Lディーゼルと2Lガソリンの2種類。2Lガソリンは6MTも選べる。個人的には、ヨーロッパ車のようにディーゼル+6MTの仕様があれば、さらにいいと思うのだが。だが、6MTがあるだけでも良いか。
 マツダは第7世代に移行し始めて、さらに魅力を増してきた。マツダ3は苦戦していると言う話も耳にするが、じきに改善すると思っている。もし、マツダ3ベースのステーションワゴンが出たら欲しくなるだろうな。
posted by 坂本竜男 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年10月30日

息抜きに、ちょっとドライブ

19.10.302.jpg

19.10.303.jpg

 仕事の合間に息抜きを兼ねてちょっとドライブ。メガーヌエステートはステーションワゴンなのに、決して小さいクルマでもないのに、気軽にフットワーク軽く出かけたくなる。もちろん、走りも軽快だから楽しい。自然がたくさんの田舎道は、走っても気持ちがいいね。
posted by 坂本竜男 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年09月28日

メガーヌ・エステートを車検に出す

19.9.282.jpg

 メガーヌ・エステートを購入して初めての車検に出す。クルマを診てもらったが、とくに問題なし。見積もりを見てとりあえずひと安心。やっぱ、最近のクルマはフランス車でも安心だなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年08月09日

マツダ2&6、デビュー

1436941.jpg
1432540.jpg
画像はhttps://response.jpより

 マツダ デミオとアテンザがマイナーチェンジに伴い、デミオがマツダ2、アテンザがマツダ6に車名が変更された。フルモデルチェンジしてアクセラから変わったマツダ3に続き3車種目。今後、マツダのクルマは世界統一車名に随時変更されていくはずだ。
 では、この名称変更にどんな意味があるのだろう。マツダ3のときはフルモデルチェンジだったが、今回はあくまでもマイナーチェンジ。名称変更にふさわしいタイミングとは思えないのだが…。
 おそらくこれは、世界レベルで見据えたメーカーとしての強い意志の表れともとれるかもしれない。それには古い国内での名称はふさわしくないのだろう。
 
posted by 坂本竜男 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年05月26日

マツダ3、日本で正式デビュー

1420087.jpg
画像はresponse.jpより

 今月24日、新型マツダ3が日本で正式デビューした。マツダ3は、アクセラのグローバルな名称で、今回のモデルチェンジでアクセラの名前がなくなり、世界共通の名称であるマツダ3に統一される。それからも、マツダの力の入り方が十分に伺える。
 マツダ3の最大の特徴は、やはりデザインだ。マツダが一貫して進めて来た魂動デザインは、マツダ3でより魅力的なものになった。サイドに入るキャラクターラインをやめ、スムーズな曲面で構成された塊感と生命感溢れるデザインだ。流麗で品があり、それでいてダイナミック。特にファストバックと呼ばれる5ドアハッチバックは見事だ。このデザインだけで大きな価値がある。
 エンジンは1.5リットルと2リットルのガソリンエンジンと、1.8リットルのディーゼルエンジンの3種。個人的にはディーゼルに興味がある。スペックとしては控えめだが、それでもトルクが太いので低燃費でありながらスポーティな運転が楽しめそうだ。
 インテリアデザインは悪くないが、エクステリアに比べると普通か。でも、トータルではかなり魅力のあるクルマなのは間違いない。もし、ファストバックのラゲッジルームを広げてワゴンモデルがリリースされたら、真剣に購入を考えるかもしれないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年05月06日

ETCマイレージ登録をする

 高速道路での移動が増えたので、ETCマイレージ登録をすることにした。しかし、メガーヌエステートは中古で購入しているので、ETCセットアップを(再度)行わなければならない。面倒だな〜と思いつつ、トリミさんに尋ねたら、「ウチに持ってきてもらえば対応するよ〜」とのこと。特に難しいことも、面倒なこともなく、無事にセットアップ完了。ETCマイレージ登録も無事に終わった。
 しかし、いつのまにETCはこんな面倒なことになってしまったのだろう?以前は通勤時間帯は割引があったり、頻繁に利用する人にはメリットが大きかったはずなのだが…。もう少し、見直してもらえないものかねぇ〜。すると経済もよくなると思うのだが。
posted by 坂本竜男 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月27日

今日も大分自動車道

19.4.272.jpg

 大分自動車道 玖珠サービスエリアにて。今日も大分自動車道。大分方面への出張が多い今日この頃。景色はいいけど、移動距離はそこそこある。こんなとき、メガーヌエステートは運転も楽しいだけでなく、身体への負担も少ない。とても頼りになります。
posted by 坂本竜男 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月22日

九州トリコローレ2019

19.4.211.jpg

19.4.212.jpg

19.4.213.jpg

19.4.214.jpg

19.4.215.jpg

19.4.216.jpg

19.4.217.jpg

19.4.218.jpg

 昨日は朝から九州トリコローレ2019。毎年恒例のイタリア車のお祭りイベントである。
 今回はスタッフの一人として、前日から参加。そのため、自由に動き回って写真を撮ることがほとんどできなかった。しかし、今回の目玉の一つである、参加車両をすべてレッドカーペットの上で撮影して、その写真データを参加者の方にプレゼントするという重要な企画を担当させていただいた。
 初めての試みなので色々と課題や反省点はあったが、それでも雄大な自然をバックに撮った参加者の方たちの愛車の写真は、とても喜んでいただくことができた。
 ハイブリットカーはもちろん、電気自動車も珍しくなくなってきた。ガソリン車を楽しむ最後のチャンスとも言える時期が今なのだろうと思うと、こういったイベントはとても貴重で意味があることのように思う。僕もガソリン車を楽しめることの大事さを、噛み締めながらメガーヌに乗りたい。
posted by 坂本竜男 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月21日

九州トリコローレ2019前泊

19.4.201.jpg

19.4.202.jpg

 昨日から、九州トリコローレへ前泊。まぁまぁレアなはずのメガーヌエステートが、ここでは普通のクルマに見えてしまう。

19.4.203.jpg

19.4.204.jpg

19.4.205.jpg

 前泊したのは、会場からクルマで15分くらいのところにあるオートキャンプ場。ここが抜群のロケーションで景色が素晴らしい。露天風呂はとても気持ちがいいし、設備も何気に充実。これはいい!
posted by 坂本竜男 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月20日

クルマを変える必然性?

 昨日は大分県九重町と日田市、熊本県小国町。その前は連続で由布市湯布院町そして日田市。さらに前は大分市。そして今日からまた小国町。週明けは長崎県波佐見町と佐賀県有田町。とにかく移動が多い。
 それぞれ目的は違うけど、今月は大分・熊本を中心とした長距離移動ばかり。でも、季節が良くなって景色が一層魅力的になり、道も混まないのでクルマでの移動が楽しい。
 クルマをメガーヌエステートに変えてから、急に長距離の移動が増えた。エゴイスタスなどの印刷物や、撮影機材を運びながらの移動である。
 移動が増えたのは、仕事の展開が大きく変わって来たからなんだけど、クルマを変えたのはそれを予測してたかのようなタイミングだったので、ちょっとびっくり。グレンデプントでは厳しかった人やモノを運びながらの移動が、メガーヌエステートになって大幅に快適になったのだ。クルマの買い替えはは必然だったのかなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月14日

雨の日曜

19.4.144.jpg

 洗車したばかりなのに…。
posted by 坂本竜男 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年04月06日

フィアット500のある風景

19.4.62.jpg

 カーショップトリミにて。白のフィアット500が2台並ぶ光景がなんとも言えず良い。このデザイン、この大きさ、そして佇まい。やっぱり500は、人を笑顔にさせるクルマなんだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

こんなところが……!?

19.4.61.jpg

 メガーヌエステートのこんなところが取れてしまうなんて!気がついたら無くなってしまっていたのだ。
 どうも、スポッとはまっているだけだったらしい。昔のクルマじゃあるまいし…。ちょっとびっくり。とりあえず、取り寄せてもらいます。
posted by 坂本竜男 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年03月14日

ホンダ 丸目トゥデイ

19.3.142.jpg

 トリミさんのところに、ちょっと懐かしいクルマが。初代ホンダ トゥデイ。丸目トゥデイである。
 今の軽自動車よりもひとまわり小さいこともあり、当時より可愛らしい佇まいに感じる。今見てもデザインは秀逸。未だにこのクラマのファンがいるのはよくわかるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年03月07日

メガーヌエステートのリモコンが反応しない!?

19.3.71.jpg

 自宅に帰ってから、クルマに忘れ物があったので、リモコンでキーを開けようとしたら、リモコンが反応しない。ボタンを押すと赤のランプは点滅しているので電池切れではない。これは困った!
 調べてみると、リモコンのリセットで回避できる模様。リセットの方法は、リモコンの二つのボタンを同時に、赤のランプが点滅しなくなるまで押し続ける。その時間、およそ10秒。試してみると、ちゃんとリモコンに反応した。
 しかし、なぜ突然リモコンが効かなくなったのだろう?フランス車だから、ここはおおらかに考えたほうがいいのだろうが…。
posted by 坂本竜男 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年02月21日

マツダ 新型マツダ3(日本名アクセラ)がカッコいい!

P1J16158s.jpg

P1J16157s.jpg

P1J16154s.jpg

P1J16156s.jpg

 昨年末の発表され、今年フルモデルチェンジを予定しているマツダ 新型マツダ3(日本名アクセラ)が素晴らしい。ハードウェアとして色々よくなっているとは思うが、まずはこのデザイン・造形を量産車として世に出したことだけでも高く評価されるべきだ。
 多くのクルマはキャラクターラインを用いてエッジを効かせるが、マツダ3はそれをやらない。色気のある立体的な三次曲面で見事な塊感を出している。マツダは魂動デザインを取り入れて大きく変わったが、その集大成とも言える見事なデザインだ。エッジを効かせた面で構成していく最近のトヨタやホンダとは真逆に近いアプローチといえる。工場はさぞ大変だったに違いない。
 マツダ3はハッチバックとセダンの2種類がリリースされるが、このデザインの素晴らしさがよりあらわれているのは、個人的にはハッチバックだと思う。これならイタリア、フランス勢にデザインで負けない。実写を目にするのが本当に楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年02月18日

アルファロメオ「ステルヴィオ」と「ジュリア」のディーゼルモデルを日本導入

1387094.jpg

 アルファロメオ ステルヴィオとジュリアにディーゼルモデルが日本で初めて導入される。
 エンジンは新型2.2リットル直列4気筒ディーゼルターボ。ステルヴィオは最高出力210ps、最大トルク470Nm。ジュリアは最高出力190ps、最大トルク450Nm。本設計を共有しつつ、各モデル特性に合わせて最適なチューニングを施しているそうだ。
 ドイツやフランス勢に比べ、イタリア勢はディーゼルモデルの日本導入に消極的だった(それまではマセラティのみ)。アルファロメオのスポーティなディーゼルモデルの導入で、輸入車のディーゼルモデルはますます充実してきた。電気自動車の普及までにはもう少し時間がかかる。それまでは乗って楽しいディーゼルモデルが大いに盛り上がってきそうだ。
posted by 坂本竜男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年02月11日

トヨタ 新型スープラ

01-1.jpg

 トヨタ スープラが17年ぶりに復活した。BMW 新型Z4とプラットフォームを共有する。
 デザインは最近のトヨタの流れとはちょっと違う。このマッチョなボリュウム感は好みが分かれるだろう。個人的にはほかのトヨタ車よりはいいかな、と思う。しかし、好みというわけでもないが…。
 エンジンは3リットルターボ(340ps)と2リットルターボが2種類(258psと197ps)。意外に控えめなスペックだが、逆にピュアスポーツとしてはバランスが良さそう。ただ、MTが設定されてないのは残念だ。
 気になるのは86にしてもそうだが、トヨタは自社単独でスポーツカーを作らなくなってしまったように見えることだ。確かに採算ベースなど考えると、スポーツカーはかなり難しい。とは言え、スポーツカーはやはりクルマの花。そこは自社単独で作ってもらいたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年01月16日

大牟田まで遠回りで往復する

 今日は午後から大牟田。クルマがメガーヌエステートになって長距離の移動がより楽しくなったので、ちょっと回り道だが筑後川沿い→柳川(東部)→有明海沿岸道路→大牟田市内というルートを使ってみた。渋滞する場所がほぼないので、移動には快適。筑後川沿いと有明海沿岸道路からの眺めもとてもいい。そして、わまり道になるはずなのに、かかる時間は大牟田まで1時間半ほど。これはイイ!!

19.1.161.jpg
三井港倶楽部にて

 このような、ゴーストップが少ない時速50〜70km/h程度の巡行は、メガーヌエステートだととても快適だ。高速道路の巡行もラクだが、制限速度プラスアルファくらいでの巡行もいい。エンジンはほぼ2,000回転以下だが、低速トルクの太さが効いているのだろう。
 そして、サイズ。ホイールベースが長く、車幅が広い。それまでが小型車ばかりだったから、この違いも大きい。走行中の安定感はなかなかのもの。それでいて、鈍臭い感じはなく、それなりに軽快さがあって楽しいのはルノースポールのチューニングゆえだろう。乗れば乗るほど楽しくなるクルマなのだ。
posted by 坂本竜男 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年01月14日

はや、一ヶ月

19.1.130.jpg

 我が家にルノー メガーヌエステートGTラインがやって来て、はや一ヶ月。
 クルマの大きさにも慣れた。最初、イマイチと思っていた燃費も、改めてはかり直すと14〜16km/ℓとそんなに悪くない。ボディの大きさを考えると上出来だ。
 ラゲッジルームは最新の同クラスのワゴンと比べるとやや狭いが、僕が求める容量は十分にクリア。エゴイスタスの配本ではひとつ20kgのダンボール箱を10箱積まなければならないが、余裕でこなすことができるのは嬉しい。
 シートの出来は極めて優秀。長距離でも疲れ知らずだ。また、ホールド性が抜群なので、山道がとてもラク。今まで乗って来たクルマの中では間違いなくベストだ。
 メガーヌエステートGTラインは、ルノースポールが手がけているだけあって、スポーティな味付けだ。エンジンはとくにハイスペックではないが、1.2リットルとは思えないパワー感と低速トルク。しかし、扱いやすく運転がしやすい。
 足回りもフランス車としては硬めだが、シートの良さも手伝って乗り心地はいい。コーナリングも極めてスムーズ。1.8mオーバーのクルマとは思えない扱いやすさがある。
 一ヶ月乗ってみて、購入してよかったと改めて実感。そのデザインもますます好きになって、クルマで出かけるのが本当に楽しい。乗り心地が良く、運転が楽しく、荷物が乗る。長いバカンスを楽しむフランス人らしいクルマだ。このクルマに乗っていると、遠くまで出かけたくなってしまう。そろそろ、クルマで遠方まで旅をしたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ