2017年03月12日

ちょっと古いステーションワゴンを調べてみる

 今、中古も含めて比較的安心して買えるステーションワゴンとなると、割とありきたりな選択になりがちだと思う。そこで、ちょっと古いクルマにも目を向けてみた。購入の対象になるかは別の話である。
 対象になるのは10〜17年前のちょっと古いステーションワゴン。現行モデルよりも1〜2世代前のクルマになる。その中で個人的にちょっと気になったクルマをいくつか紹介したい。

renault-laguna-grandtour-10.jpg
 まずはルノー・ラグナワゴン(2代目)。ラグナはメガーヌの上のモデルで、日本には2代目まで正規で輸入されていた。
 エンジンは2リットルと3リットルモデルがあるが、ここは本革シート、5ATの3リットルモデルを選びたい。サイズは現行メガーヌエステートとほぼ幅は同じ。全長が14cmくらい長くなる。スバル・レヴォーグとほぼ同じだから、意外にそこまで大きくない。室内は広く、ラゲッジルームは広大。使い勝手は良さそうだ。ルノーでは上位モデルだから、質感も悪くない。デザインも控えめなのが逆にいい。信頼性がクリアできれば面白そう。

6aac1a1b.jpg
 次はランチア・リブラワゴン。リブラはアルファロメオ156の兄弟車である。大ヒットした156に比べ、全くと言っていいくらい売れてないらしい。しかし、それゆえにレアだし所有欲を満たされるクルマである。
 156の兄弟車だから、サイズもほぼ同じ。クルマのサイズは全体的にどんどん大きくなってきているが、このくらいの大きさはとても使いやすいのではないだろうか。ランチアとしては地味なデザインも、今見ると悪くない。このころのランチアは並行物ばかりなので左ハンドルばかりだが、ランチアならではの内装だし、クルマ好きをうならせるものはしっかりある。しかし、いざ購入となると、ちょっとハードルは高そう。

NI_S075_F002_M003_1_L.jpg
 最後は国産。ニッサン・プリメーラワゴン。プリメーラの最終モデルである。その中でもW20Vという、204psを誇る2リットルエンジンに6MTの組み合わせのモデルだ。
 実は国産のワゴンの中では、このプリメーラワゴンは悪くないなと思っていた。ルノーブランドでリリースされてもおかしくない、日本車離れした個性あるデザイン。そして国産の安心感。サイズも大きすぎなくていい。でも、内装はあまりときめかないなぁ。

 ちょっと古いクルマは、今のクルマが失いつつある魅力を備えていることが多い。中古車市場も値段がこなれている。しかし、安全性や信頼性、経済性を考えると、今のクルマに軍配があがる。僕の場合、地元に信頼できるお店があるから、信頼性の問題はかなり軽減する。だが、それでもずぼらな性格だから、新しいクルマの方が好ましいのは間違いない。クルマ選びは悩ましい。
posted by 坂本竜男 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年03月08日

アルファロメオ ジュリア・エステート

Alfa-Romeo-Giulia-Estate-20170105151600.jpg

 アルファロメオ ジュリアの派生モデルは色々と噂されているが、ドイツの御三家に対抗するにはワゴンモデルは欠かせない。それはアルファロメオもよくわかっているようだ。
 写真は予想CGだが、個人的にはセダンと比べてもスポーティさを損なわず、よりエレガントな佇まいで期待してしまう。大いに魅力のあるモデルになるだろう。
 これで横幅がもう少し狭ければねぇ。幅だけ言えばEセグメントなみだものなぁ。
posted by 坂本竜男 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年02月02日

BからCへ

 今の愛車、フィアット グランデプントはBセグメントのクルマである。ヨーロッパ市場はもちろん、日本でもフィット、ヴィッツ、マーチ、デミオなど一番競争が激しいカテゴリーでもある。とくにここ数年の日本車はスペースユーティリティと燃費で優れたモデルが多く、売れているのも納得がいく。
 グランデプントは、その中では決してスペースユーティリティに優れているわけではない。ヨーロッパ車はコンパクトカーでも中は広いと言われていたのは、もう昔の話である。もちろん、カタログ燃費も劣る。
 だが、実際の燃費はそんなに悪くないし、1〜2人で乗る場合はそんなに不自由は感じない。むしろ、優れたデザイン、乗り味の良さなど、国産車にない満足感は確実にある。それに、今のイタリア車はあまり壊れない。維持費が以前よりもグッと安いのも魅力である。
 とはいえ、仕事で大量の荷物を定期的に乗せる必要性が出てきたり、2人以上乗る機会が増えたりすると、グランデプントでは厳しくなってくる。我が家は3ドアだから尚更である。人も荷物も余裕を持って載せつつ、クルマのサイズをギリギリに抑えるとなると、Cセグメントのクルマへの移行は仕方がない。そこで自分の好みをひとまず置いておいて、Cセグメントのクルマを国産輸入車問わずチェックし始めている。
 Cセグメントは世界的には一番の激戦区だから車種も多い。だが、自分が望んでいるステーションワゴンとなると、極端に選択肢が減ってしまう。本当にワゴンが必要かどうかを、もう一度見直したほうがいいのかも。
posted by 坂本竜男 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年01月27日

ボルボ V90

01_Volvo-V90.jpg

02_Volvo-V90.jpg

05_Volvo-V90.jpg

 昨年からステーションワゴンが気になって仕方がない。ドイツ車は鉄板だが、もう一つの鉄板としてボルボがある。その中でも昨年復活したV90は、最近のボルボの中でもデザインが魅力的だ。スタイリッシュかつ品のあるデザインだと思う。
 ただ、サイズは全長:4,936mm、全幅:1,890mm、全高:1,475mmとかなり大きい。僕が自分で乗るんだったら、サイズ的にはV40がちょうどいいだろう。で、V40が実際に次の愛車候補に上がるかというと………?
posted by 坂本竜男 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年01月10日

実用的なクルマって?

 次期愛車を検討し始めて久しいが、実用性を最優先に考えたクルマ選びになってくると、選択はだいぶ変わってくる。程よいサイズ、燃費を含めた経済性、販売価格、居住性、積載量、信頼性、運転のしやすさ、維持費…。これらを最優先に考えると、おそらく最強はこのクルマではないだろうか?

carlineup_probox_style_2_01_pc.png

 それは、トヨタ プロボックス。よく営業車でみかけるクルマである。荷物は載るし、燃費はいいし、サイズは意外にコンパクトだし、トヨタだから信頼性もある。ウチのグラプンと比べると、全長は20cmくらい長いから400kgも荷物が載るのに、車重は70kgも軽いのである。客観的に見て、営業車としてよくできてるなぁ〜と感心するクルマである。
 ただ、問題が一つ。心が揺さぶられないのだ。デザインもそうだし、質感やら、ドライブフィールやら…。良くも悪くもトヨタということもある。これだからクルマは厄介だ。優れているから良いとは限らない。とくに僕みたいな人間にとっては。
posted by 坂本竜男 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年01月06日

ルノー 新型メガーヌRS

201612151030595ads.jpg

20161215103058403s.jpg

20161215103056e90s.jpg

2016121510305446cs.jpg

 ルノーメガーヌが気になっている今日この頃。次の愛車候補はメガーヌでもエステートだが、今年デビュー予定のRSの画像がみつかったのでとりあえずアップ。
 気になるのはニュルブルクリンクFF車最速に返り咲けるかどうか。ゴルフ GTI クラブスポーツSとシビックタイプRとの三つ巴の戦いはしばらく続きそうだ。
posted by 坂本竜男 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年12月30日

今年最後の洗車

16.12.301.jpg

 愛車グラプンの今年最後の洗車も無事完了。走行距離も10万kmを超えたが、ヨーロッパ車の10万kmはまだまだこれから、というところ。パンクが2回、オイル漏れ1回、パワーウィンドウの故障1回、そしてタイミングベルトの交換とそれなりにあったが、致命的な故障はとくになく、元気に走ってくれている。来年も頼りにしてるよ〜。
posted by 坂本竜男 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年12月24日

新型ルノー メガーヌ エステート

01-9-1.jpg

02-8-1.jpg

12-3.jpg

13-3.jpg

 最近気になっているルノー メガーヌ エステートだが、本国フランスでは今年の秋に新型が出ているわけで…。そこで新型をチェックしてみると…
 公開されているスペックによると、サイズに関しては、全長は45mm長く、全高は58mm低くなっているらしい。外観から想像すると、よりスポーティな方向に振っているということか?
 ちなみにエンジンは、ハイブリッドアシスト付きを含む90psから130psまでのディーゼル4機種と、100psから130psまでのガソリン3機種を標準モデルとGT-Lineに、205psのガソリンと165psのディーゼルをGTに設定、ということらしい。GT-Lineはスポーティな位置付けだが、全体的にはむしろエコな方向なのかも。GT-Lineは間違いなく日本に入ってくると思うが、ディーゼルはどうなのだろう?プジョーとシトロエンのように、ぜひ導入してほしいものだが…。1.6リットルディーゼルターボはとても良さそうなのだが。
 気になるのは、若干車重が増えていること。もともとルノーはフォルクスワーゲンなどと比べても、若干車重が重い傾向がある。安全性・剛性の確保などあるのだろうけど。軽さというのは大事な要素の一つだから、重くなるのはちょっと残念。
 どうも日本では、好きなメーカーのディーゼルモデルはなかなか正規で日本に入ってこない傾向があるような…。ルノーには是非期待したいところだ。
posted by 坂本竜男 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年12月21日

改めてルノー メガーヌ エステートGT220を考える

renault-launches-gt-220-mildly-hot-versions-of-megane-hatch-coupe-and-sport-tourer_5.jpg

 次期愛車候補をいろいろ考えて有力候補に急浮上してきたルノー メガーヌ エステートGT220。細かく見てみると、これがなかなか良い。実用性とスポーティさを兼ね備えた、ちょうど良いサイズのステーションワゴンだ。
 ルノーはプジョーとは違うフランスならではの濃さがある。そのなかでもメガーヌ エステートは国内では数が少ないし、デザインも乗り味も十分に個性がある。そして、とくにGT220はルノースポールが手がけたエンジンや足回りなど、ワゴンとは思えない本格的な走りが大きな魅力になる。
 個人的には最近増えてきたスポーティなクリーンディーゼルだったら言うことはない。だが、ある意味古典的とも言えるこのスポーティなエンジンを楽しむ最後のチャンスかも、という気がしなくもない。あとは燃費がもう少し良ければ‥。でも、そこは意外に大きな問題ではないのかも?
posted by 坂本竜男 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年12月19日

次期愛車を考える

 愛車フィアット グランデプントが来春、車検を迎える。今回は車検を通す予定だが、その次はどうするかわからない。というのも、グランデプントにはある程度満足してはいるものの、これからのクルマの使い方を考えると多少なりとも不満があるからだ。
 例えば、2(3)ドアであるということ。ラゲッジスペースがもう少し欲しいこと。トランクのロックが車内しかないこと。エンジンが少々非力なこと、など。
 もちろん、取り回しのいい大きさ、燃費の良さ、デザインの良さ、6MTなどは大いに気に入っている。
 で、次期愛車には何を求めるのか?思いつくままに羅列すると…
・4(5)ドア
・ラゲッジルームがある程度大きいこと
・サイズが大きすぎないこと
・できればイタリアもしくはフランス車
・できればギアはマニュアル。ATの場合は最低6速以上
・今よりもエンジンの馬力とトルクに余裕が欲しい
・できればディーゼル
・できれば適度に稀少性があること
・右ハンドル
・信頼性があること
・デザインがいいこと

 これらを完璧に満たすクルマは思い当たらない。信頼性と左ハンドルであることを除けば、ランチア デルタはぴったりだ。これらの条件にプラスして、質感も高いし、所有欲を満たされる。もちろん、街で滅多に見かけることはない。しかし、左ハンドルであることと信頼性が未知数なことは、導入の際に高いハードルになる。
 デルタ以外で思い浮かぶのはプジョー308だ。このディーゼルはかなり良さそうである。しかも、モデルチェンジして、デザインも307よりも好みの方向になった。だが、プジョーは比較的多いし、友人が308SW BlueHDを購入したばかり。出来れば違うチョイスをしたい。
 そこで候補に急浮上してきたのが…

ph04.png

ph05.png

 ルノー メガーヌ エステートGT220。本国ではモデルチェンジしたばかりの新型が走っているので、実質旧型になる。しかし、ワゴンなので十分なラゲッジスペースがあるし、メガーヌRSのエンジンをデチューンした強力なエンジンと、RSと同等の足回り。実用性と走りの両方を兼ね備えたモデルだ。
 本国で販売されている新型にはディーゼルエンジンがあるし、デザインも好みで言えば新型である。しかし、220馬力のスポーツカーなみのエンジンを搭載したワゴンを楽しむというのは、現代のクルマの方向性から言えば新しいとは言えない。ダウンサイジングターボエンジンかディーゼルだろうと思う。でも、だからこそいいのではないか?そんな気がしているのだ。
 まだ時間はある。それまでに気持ちも変わるかもしれないし、新たな候補が出てくるかもしれない。それらを楽しみにながら、仕事に励もう。
posted by 坂本竜男 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年12月12日

ランチア デルタが気になる

lancia-delta-06.jpg

lancia_delta_diesel_01.jpg

 ここのところ、ずっと気になっているクルマがある。ランチア デルタである。
 デルタと言っても、WRCで活躍したデルタ・インテグラーレではない。これは確かに魅力的だが、さすがに古いしお金もかかる。僕が気になるのは製造中止になって間もない、デルタの最終型。3代目デルタである。
 デルタの3代目がデビューした時、ずいぶん大きくなったなぁと思っていたが、時代が変わるのは早い。周りのクルマもどんどん大型化し、今見るとちょうどいい大きさに思えてきた。そして、ランチアらしい個性的で品格のあるデザインが健在だ。未だにいいデザインだと思う。
 エンジンは1.4リットルと1.8リットルのガソリンエンジンと、1.6リットルのディーゼルエンジン搭載モデルが市場には流通しているようだ。個人的にはトルクが太くて燃費もいいディーゼルが気になる。
 問題は左ハンドルしかないこと。近年のランチアは正規で日本に入ってきてないし、右ハンドルを最初から作っていない。高速はいいとして、パーキングでは左ハンドルが不便なところも多々あるから、悩ましいところだ。
 実はかなり欲しくなっているのだが、今の愛車グランデプントも気に入っているので、もうしばらくは楽しく悩むことになりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年11月21日

九州トリコローレ2016に参加!

 昨日はイタリア車のお祭り、九州トリコローレ2016に参加した。地元鳥栖での開催だが、九州の決して大きくない地方の街の郊外に、これだけのイタリア車が集まるのはこのときくらいだろう。
 今回はCARZY LIVEも共催なので、イタリア車以外の珍しいクルマも登場し、会場を賑わせた。

16.11.2011.jpg

16.11.2013.jpg

16.11.2014.jpg

16.11.201.jpg

16.11.202.jpg

16.11.203.jpg

16.11.204.jpg

16.11.205.jpg

16.11.206.jpg

16.11.207.jpg

16.11.208.jpg

16.11.209.jpg

16.11.2015.jpg

16.11.2016.jpg

16.11.2017.jpg

16.11.2019.jpg

16.11.2018.jpg

 今回の目玉の一つがアバルト124スパイダーの試乗会である。

16.11.2023.jpg

16.11.2024.jpg
 実車を目にするのはもちろん初めて。ベースになったマツダロードスターの面影は残っているが、それでもうまくフィアット(アバルト)的に仕上げてある。試乗は1時間待ちだったので、今回は断念。

16.11.2025.jpg

16.11.2026.jpg
 ちなみに会場には先代のフィアット124スパイダーが…。今の124と比べてみると、なかなか興味深い。

16.11.2020.jpg

16.11.2021.jpg

16.11.2022.jpg

 そして、イタリアしゃ以外もきになるクルマがチラホラ…。この3台は特に気なったクルマたち。このころのライトウェイトスポーツは思いの外小さい。しかしとても魅力的。
 で、個人的に、今回のトリコローレでグッときたクルマがこれ。

16.11.2027.jpg
 ランチア カッパクーペ。なんとも渋い!しかし、上品でエレガント。今のクルマにないデザインと佇まいだ。やはりランチアはいい…。イプシロンだけになったランチアだが、復活を強く望む。
posted by 坂本竜男 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

洗車してよかった

 昨日、九州トリコローレに参加すべくガソリンスタンドで洗車をお願いしたら、パンクを発見。しかも2本も!クギとビスが刺さっていて、空気がジワジワ抜け始めている状態だった。
 すぐにパンク修理をしてもらい、ついでにローテーションまでお願いし、事なきを得た。しかし、もし洗車をしなかったら、どこかで立ち往生していた可能性が高い。本当に洗車をしてよかった。トリコローレに参加をしてよかった。そして、もっと、愛車の事はよく見ておかなきゃいけないね。
posted by 坂本竜男 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年11月17日

アルファロメオ ステルヴィオ、LAデビュー

alfa_romeo_stelvio_quadrifoglio_03.jpg

alfa_romeo_stelvio_quadrifoglio_04.jpg

alfa_romeo_stelvio_quadrifoglio_06.jpg

 11月16日に開幕したLAショーで、アルファロメオは「ステルヴィオ」を発表した。ジュリアのプラットフォームを使用した、アルファロメオ初のクロスオーバーSUVである。
 基本グレードは、今回のワールドプレミアの段階で2機種が設定される。ジュリア ヴェローチェと同じ2リットルターボ280psのTIと、ジュリア クアドリフォリオと同じ2.9リットルターボ510psのクアドリフォリオだ。ちなみにクアドリフォリオはニュルブルクリンク北コースで、SUV最速ラップを叩き出している。
 販売価格は、TIが550万円、クアドリフォリオが890万円らしい。ギリギリ想定内の価格か?とにかく、早く実車を見てみたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年10月23日

九州トリコローレ 2016、今年も鳥栖で開催!

2016_Kyusyu-Trico.jpg

 今年も鳥栖で九州トリコローレが開催される。イタリア車やフランス車好きにとって、たまらないイベントだ。
 今年の会場は鳥栖市 東公園(おひさまの丘)。去年は仕事で参加できなかったから、今年は参加したいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年10月13日

メガーヌ ルノー・スポール 273 トロフィー S〈LHD〉

273_trophys_mv_pc.png

273_trophys_special_pc.png

 ルノー メガーヌの最強バージョンが左ハンドルで登場。限定50台かぁ。今は所有したいクルマではないけど乗ってみたいクルマに変わりはないなぁ。誰か知り合いが買わないだろか。
posted by 坂本竜男 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

アルファロメオ 新型サルーン「アルフェッタ」

alfaromeo_alfetta_01.jpg

alfaromeo_alfetta_02.jpg

 2018年にリリースされると見られるアルファロメオの新型サルーン。ジュリアとコンポーネンツを共有するものの、クラスは一つ上の位置付けでBMW5シリーズやメルセデスEクラスをライバルとする大型サルーンになるそうだ。
 名前は「アルフェッタ」になりそうである。予想イラストを見る限り、奇をてらったデザインではないが好感の持てるデザインだ。個人的な好みで言えばジュリアよりも好きかもしれない。
 ただ、ジュリアよりも上の位置付けなので、より大型化するのは必至。ジュリアですら横幅が同クラスの他のモデルよりも広いので、それより大きくなると日本では少々厳しいかも。とはいえ、気になるモデルであることには間違いない。
posted by 坂本竜男 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年10月05日

シトロエン C4カクタス日本上陸!

c4-ca_lineup.png

 待望のシトロエン C4カクタスがついに日本上陸!
 個性的なデザイン、軽量ボディ、ちょうどいいサイズ、他にはないディテールと性能。最近のクルマの中では文句なしに光っているモデルだ。今のグラプンも気に入っているから今すぐ購入するわけではないけれど、これは是非試乗したいねぇ。
posted by 坂本竜男 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年09月29日

アルファロメオ ジュリア・ヴェローチェ

timthumb-7.php.jpeg

 アルファロメオ ジュリアに新グレード、ヴェローチェが追加される。ヴェローチェはクァドリフォリオの次に位置するグレードで、ジュリアのホットモデルだ。
 エンジンは280ps、40.8kg-mのパワー、トルクを持つ2.0ℓのターボ・ガソリンか、210ps、48.0kg−mの2.2ℓディーゼル・ターボの2つが用意される。駆動は4WDになる。
 日本上陸するジュリアは想像より高額になるらしいのだが、ひょっとしたらそれはヴェローチェだからなのだろうか。ならば高額でもある程度は納得がいくのだが…。
posted by 坂本竜男 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2016年09月21日

正規イタリア車輸入代理店に一言

 本国イタリアには魅力的なモデルが多数あるのに、その多くは未だに正規では日本に輸入されていない。フィアットでは500L、クーボ、新型ティーポ、124スパイダーなどなど。アルファロメオもジュリエッタのディーゼルは正規では入ってきていない。
 フィアットはヨーロッパを代表するメーカーだが、その醍醐味はやはり大衆車にあると思う。日本では500ばかり。124スパイダーさえ、アバルト版しか日本へ入れないのは如何なものか。プジョー/シトロエングループは魅力的なディーゼルを導入しているし、それはミニやジャガーも同じ。フィアットは本国では決して遅れをとっているわけではないのに、日本では完全に遅れをとっている。
 そしてアルファロメオ。もうすぐジュリアが上陸するが、どうも価格設定が予想以上に高くなるらしい。今の本国の価格は、2リットルターボだと470〜480万くらいだ。だが、日本ではもっと高価になりそうだというのだ。クアドリフォリオはともかく、一番売れ線の2リットルターボはせめてBMW3シリーズと同等か、できればそれより安くあるべきだ。
 日本のディーラーは何を考えているのか…。何か大きく勘違いをしている気がするのだが…。
posted by 坂本竜男 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ