2022年04月28日

新型シトロエン C4

img_861fce6a861d54d8fc388704bf63bb40219707.jpg

img_9aed0a76ad2db647f2a2b670a7339402257924.jpg

img_dc97d0064ef190c6c943d5959e28a8ca309171.jpg

 新しいDS4は悪くないな〜と思っていたら、今年から日本でも販売開始された新型シトロエンC4は、個人的にはDS4よりも好きな感じだった。
 SUVより(いや、SUVか)のハッチバックではあるが、個人的にはギリギリOK。デザインはシトロエンならではのヌメッとした感じが良い。本当は普通のハッチバックやセダン、ステーションワゴンの方が好みだが、SUV全盛なのは時代の流れなんだろうね。これをベースにしたステーションワゴンが出たら欲しくなるかも。
posted by 坂本竜男 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年04月27日

フィアット 500e、日本上陸

img-exterior.jpg

 ついにEVになったフィアット500、500eが日本に上陸した。前から分かっていたことだが、ついに500もEVかぁ〜と思ってしまう。
 サイズが少しだけ大きくなり、重量が増えるのは仕方がないが、価格がベーシックモデルであるPOPで450万円。まだ、EVは高いということなのか、物価に対して日本人の賃金が低いだけなのか。どちらにしても、500はEVでも価格はもう少し手頃であって欲しいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

シトロエン アミ

img_9a773cc54dcc23f989ee15b886b5eb6c171882.jpg

img_a6e1cde7bd99b8b0b25a6bc78b4e0afd130928.jpg

img_b17898863dd26bd5c5128e8d8d20502a255470.jpg

 2年前に登場した、シトロエンの超小型モビリティー「アミ」。シトロエンの名車「アミ」が、こんな形で復活していたなんて実は全く知らなかった。
 見た通りサイズはとてもコンパクト。全長×全幅×全高=2.41×1.36×1.52mで、最小回転半径は3.6m。とても小回りが効く。ガソリンエンジンではなくEV車で、モーターの最高出力は8.2PS(6kW)。最高速は45km/hで、一充電あたりの走行可能距離は70kmと公表されている。
 買い物や通勤など、普段使いならこの程度のスペックで十分ではないだろうか。残念ながら日本には導入されてないが、フランスでは車両本体のスタート価格は6000ユーロらしい。ちなみにフランスではライセンスもいらないそうだ。
 クルマを利用する場合、1〜2名の乗車で片道30km以下。とくに大量の荷物を運ぶわけではない。そんなケースが多いと思われる。それでも大きなワンボックスで移動している人も多い。アミはスピードも出ないしあまり荷物も詰めないが、買い物程度や移動手段には十分。都市部だけでなく、公共の交通機関では不便な田舎でも大いに活躍しそうだ。この方向性での進化が今のクルマ業界には必要なのではないだろうか。
posted by 坂本竜男 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年04月26日

DSオートモビル 新型DS4

DS4 F-thumb-650x447-24711.jpg

DS4 R-thumb-650x439-24716.jpg

 昨年登場し、近々日本へも導入される予定のDSオートモビル 新型DS4が、かなり良さそうだ。
 完全にSUVメーカーになってしまったのかと思っていたが、DS4はほぼメガーヌ ハッチバックと同じサイズ。ちょっとレクサスっぽくはあるが、DSらしいエレガントなデザインだ。
 エンジンは1.2リットルと1.8リットルのガソリンターボ、1.6リットルのディーゼルターボ、1.6リットルのガソリンエンジンにモーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドが用意される。目玉はやはりプラグインハイブリッドだろう。
 日本の公式サイトには掲載はされているものの、導入モデルやそのスペックなど詳細はまだない。プラグインハイブリッドと1.8リットルガソリンは入ってくるだろうけど、ディーゼルは入ってこないだろうな〜。
posted by 坂本竜男 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年02月25日

やっぱり、軽トラは楽しい

22.2.251.jpg

 引っ越しなど、荷物を運ぶときに軽トラをお借りするのだが、お借りするたびに軽トラを運転する楽しさを実感する。
 スピードは全然出ないけど、ローギアードのマニュアルトランスミッションは、レスポンスも良くて軽快。車重が軽いこともあって、出足は意外に速い。街中では頻繁にシフトチェンジすることになるが、それもまた楽しい。これで高速用のオーバードライブにあたる6速があれば、低速でも楽しめるスポーツカーみたいだ(MRだし)。
 というか、軽トラを参考にした、低速で楽しめるライトウェイトスポーツカーを作って欲しいものだ。
posted by 坂本竜男 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年01月15日

ニッサン 新型フェアレディZを公開

220114-01-j_inline.jpg

 ニッサンは、14日、新型「フェアレディZ」(日本市場向けモデル)を東京オートサロン2022で公開した。
 歴代Zへのオマージュを感じさせるデザインは、レトロ感もありながら現代的にアレンジしなおしたものとも言える。405PS・48.4kgf・mを誇る新開発3リッターV6ツインターボエンジンも、Zの心臓部としては十分なスペック。ニッサンを代表するモデルのひとつなので、力の入り方が伺える。
 世の中はガソリン車からEVへ移行を始めている。そんな中、新型フェアレディZは、最後のガソリン車のスポーツカーになってしまうかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年01月11日

FOMM ONE

Red_FOMM.jpg

 こんなクルマが国内で作られていたなんて知らなかった。その名はFOMM ONE。軽自動車よりも小さな4人乗り電気自動車である。
 サイズは軽自動車よりも一回り小さい、全⻑2,585×全幅1,295×全高1,550(mm)。車重は620kg。なんと、2シーターのスマート フォーツーよりも小さい。それでいて4人乗りだから恐れ入る。
 そして、もう一つ驚くべき性能がある。それは水に浮くこと。そしてある程度水に使っても走行できるらしい。水害などの緊急時を想定したものだが、洪水の多いタイでは既に2018年に発表、2019年から量産・販売を始めているそうだ。
 まさに今の時代にマッチしているように見えるコンパクトカーだが、もう少しデザインをなんとかできなかったのかな…。メーカーはこのフロントマスクを、歌舞伎をイメージしたものだと言っているのだが…。
posted by 坂本竜男 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2022年01月05日

ソニー、自社でEV参入

sony11_s.jpg

 ソニーグループが、自社でEV(電気自動車)に参入する。CES 2022において、新会社ソニーモビリティの立ち上げを表明するそうだ。
 自動車産業が完全にEVに移行した場合、家電メーカーなどの他業種からの参入がしやすくなるので、当然こうなることはEVが市販化された頃から予想できた。ソニーは家電メーカーからカメラメーカーにもなり、成功を収めた実績もある。
 もちろん、カメラのようにはいかないとは思うし、自動車産業ならではの難しさは多々あると思う。だが、ソニーがある程度結果を出せたなら、自動車産業は大きく変わるだろう。それが良いことかどうかは現時点ではわからない。良し悪しがあるだろうことは容易に想像がつく。ただ、自動車産業だけでなく大きな変化が来ていることは確かだ。
posted by 坂本竜男 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年11月01日

ルノー メガーヌ・エステートのスマートキーについて

21.11.1-2.jpg

 愛車ルノー メガーヌ・エステートのスマートキーが、ついにこんな状態に。ボタン部分は経年劣化でボロボロに。それでもかろうじて使えていたのだが、先週末、全く動作しなくなってしまった。
 そこで今日、カーショップ・トリミさんでみてもらったら、カード部分だけでも電池を入れたら動作はするとのこと。ただ、正規輸入車は純正は電波法の関係で推奨されておらず、安全確実に使えるリモコンを付属させているらしい。
 なぜ、カードキーなのに別にリモコンがついているんだろう?と思っていたが、そういうことだったのか。早速、電池を入れてもらうと、なんの問題もなく作動した。ただ、この仕様はディーラーは決して推奨しておらず、自己責任で使ってくださいとのことだった。

21.11.1-3.jpg

 というわけで、本来の使い方になってでシンプルにもなった。やっぱ、これだよね。
 おそらく、今のモデルは対策ができていて、シンプルになっているんだろうね。
posted by 坂本竜男 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年10月24日

新型ホンダ シビック

ogimage3.jpg

 新型シビックが久しぶりに、ちょっといい感じだ。
 そういうと、今までダメだったのか?ということになるのだが、決してそういうわけではない。先代モデル(とくにタイプR)は個人的には性能はともかく、エッジが効きすぎるというか、フロントまわりのデザインがうるさすぎるというか、ちょっとガンダム的すぎるという感じがして、正直好みではなかった。
 今回は前より少し控えめになってフロントまわりもスッキりしてきたので、ちょっと安心(でもまだエッジが効きすぎる感はあるが)。ハッチバックスタイルにしたのはいいなと思う。そして、トランスミッション。タイプRのような特殊なグレードではなく、標準で6MTが選べるのが嬉しい。エンジンは1.5リットルターボ。182ps、24.5kgmと十分なスペック。いずれ高出力のタイプRが出るとは思うが、普通はこの1.5リットルエンジンで十分だろう。
 新しいシビックは、久しぶりにタイプR以外でホンダらしさが出ているモデルのように感じる。一度試乗してみたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年10月02日

メガーヌエステート今回の車検

21.10.2-1.jpg

 メガーヌエステート、3度目の車検は消耗品の交換が重なった。タイヤ、バッテリー、ブレーキパッド、エアコンフィルターなど。これらが、これまでの車検にプラスしてかかる分だ。だから、いつもよりもお金がかかるとは言っても、トラブルや故障ではないから、まだまだ安心してメガーヌエステートには乗れる。
 ただ、コンピューター交換と時期が重なったのが痛かった。一月でこんなにお金が飛んでいくなんて…。でも、裏を返せばこれからしばらくは大きな出費もなく、安心して乗れるということでもある。せっかく気に入って乗っているのだから、できるだけ長く乗りたいよね。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年10月01日

車検の見積もりが来た

 メガーヌ・エステートの3度目の車検の見積もりが来た。
 今回はバッテリーやタイヤなど、消耗品でも金額が嵩むものの交換時期ということもあり、1・2回目よりも大幅に高い金額になった。先日、コンピューター交換で20万円以上を払ったばかりで、今度は25万円オーバー。さすがに痛い出費だ。しかし、当然ぼったくられているわけではないし、今回は交換部品が多い上にそれらは基本的には国産より高いのだから、こればかりは仕方がない。
 こりゃ、しばらく撮影機材などへの投資は控えた方が良いなぁ(あと、お酒も)。そして、仕事にもっと励まねばね。
posted by 坂本竜男 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年09月30日

マニュアルは楽しい

21.9.302.jpg

 今日は、愛車メガーヌ・エステートを車検に出した。そして、その代車として、いま我が家にあるのはスズキ・スイフト(先代)。しかもマニュアル(5MT)だ。
 エンジンは1.2リットルNAだし、スポーツモデルというわけでもないから動力性能は大したことない。非力だし、加速がいいわけでもトルクがあるわけでもない。しかし、マニュアルシフトだとそれも全く気にならない。少々シフトチェンジが忙しくはあるが、運転が楽しい。そして、しっかりアクセルを踏める楽しさがある。あぁ、なんて懐かしい楽しさだろう!
 そう、僕がフィアット・プントに乗っていた頃の楽しさを思い出したのだ。とくに初代プント・スポルティングアバルトの面白さを思い出してしまった。そう言えば、車重もエンジンスペックも結構近い。
 ただ、不思議なのは、スイフトの方がより軽くよりパワーとトルクがある(わずかだけど)はずなのに、スポルティングアバルトの方がはるかに速かった記憶があること。そして、よりエキサイティングだった。この違いはなんなのだろうねぇ。
posted by 坂本竜男 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年09月25日

メガーヌエステートGTラインの燃費について

 修理から帰ってきた、メガーヌエステートGTラインの燃費表示が変わっている!そして、燃費が劇的に良くなっている!と喜んでいたのが先日の話。

21.9.251.jpg
 それから表示される数値はどんどん上がり続け、36.9km/Lと、とんでもない数字に。
 いやいや、さすがにこれはあり得ない。しかも、いつものようなペースでガソリンは減っているし。
 そこで、ちょこちょこと扱ってみると、今まで通りL/100(100km走行するのに消費するガソリン量)も出てきた。

21.9.252.jpg
 すると、表示された数字は7.3L/100。
 いままでと大差ないやん。
 というわけで、コンピューターを載せ替えても燃費は変わらない可能性が高いことが判明。これには、ちょっとがっかり。期待してたのになぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年09月21日

オンボードコンピューター

 修理から帰ってきたメガーヌGTラインのオンボードコンピューターの表示が変わっていたことに気づいた。
 それまでは、区間平均燃費(Average)は、L/100。つまり、100km走行するのに何リッターガソリンを使ったかを表示していた。

21.9.213.jpg

 しかし、日本で一般的に使われる燃費表示(1Lで何km走れるか)に変わっていた。こっちの方がわかりやすい。これは嬉しい。良かった、良かった……と思っていたら……

21.9.214.jpg

 Average 22.9km/h!?
 ルノー久留米から筑紫野市へ行って、鳥栖に戻っただけなんだが…。田舎道が7割。街中3割。それでこの数字は驚異的。コンピューターを載せ替えて燃費が向上する可能性は確かにあるが、こんなに良くなるものだろうか?(ちなみに修理前は、長距離で17km/L、街中で12km/Lくらい)
 これが本当だったらものすごく嬉しいが、さすがに大幅に向上しすぎて鵜呑みにできない。しばらく検証が必要だな。
posted by 坂本竜男 at 18:00| Comment(83) | TrackBack(0) | クルマ

メガーヌGTラインが帰ってきた!!

21.9.212.jpg

 僕の愛車、ルノー・メガーヌGTラインがやっと修理から帰ってきた。
 修理に2ヶ月もかかったのは、部品(コンピューター)の在庫が日本になかったこと、コロナの影響、フランスのバカンスの時期と重なったこと、世界的な基盤の不足など、複数のことが重なったためらしい。思いの外高かった修理代は痛かったし、代車なので積極的に使いにくい部分もあったが、ひとまず治ってきてホッとしている。
 久しぶりに運転すると「こんなに大きかったっけ?」「こんなに(着座位置が)低かったっけ?」と思うが、それはあっという間に慣れて元の感覚を取り戻す。そして、やっぱり良いなぁ〜と、自分の愛車の良さを再確認するのである。
posted by 坂本竜男 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年09月20日

やっと帰ってくる

 ルノー久留米から連絡が来た。やっと、愛車メガーヌエステートが帰ってくる!
 いくら国内に部品(コンピューター)がないからとはいえ、2ヶ月も待つことになるとは思わなかった。コロナの影響もあったのだろう。長かったなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月31日

ルノー メガーヌ・インテンス

mv_ex.jpg

exterior_01_ex.jpg

 ルノー メガーヌに、新しいエンジンを載せたインテンスが登場した。搭載されたエンジンは1.333L。今年登場したばかりの新型ルーテーシアに搭載されているエンジンがベースになっていると思われる。
 この1.333Lエンジンは、159ps・27.5kgmを誇る。それまでの1.2Lエンジンでは必要にして十分とは言え、ちょっとだけ物足りないし、かといって200psオーバーの1.6Lエンジンまで必要はないかなと思っていた。この1.333Lエンジンはトルクも太いし、まさにベストマッチと思われる。それに、何気に車重も抑えられているのも良い。
 しかし、だからといって買い換えるわけではない。ただ、この1.333Lエンジンは良いなぁ〜、今のエンジンがダメになったら載せ替えれないかなぁ〜、とはつい思ってしまうのだ。
posted by 坂本竜男 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月29日

代車では…

 いくら代車のメガーヌがいいクルマでも、自分のクルマではないから積極的には動きづらい。やっぱり、どんな良いクルマでも借り物というのは気持ちもいまいち乗らない。それに今のコロナ情勢が拍車をかけている。
 本来なら、コロナ禍でも人との接触を避けれる場所はいろいろとあるし、そこでやりたいこともある。でも、今はそれをやるべき時期ではないのかねぇ。
posted by 坂本竜男 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月28日

メガーヌはまだ戻ってこない

 ルノー久留米から連絡があった。コンピューターはまだ本国から出荷されていない状況らしい。催促はしているものの、いつの出荷になるのかまだはっきりしないとのことだった。これに関してはディーラーに責任は全くないが、ちょっと困ったものだ。
 というわけで、2代目メガーヌとの付き合いはもう少し続くようだ。せっかくだから、こちらのメガーヌとももっと仲良くやっていくか。
posted by 坂本竜男 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ