2021年09月20日

やっと帰ってくる

 ルノー久留米から連絡が来た。やっと、愛車メガーヌエステートが帰ってくる!
 いくら国内に部品(コンピューター)がないからとはいえ、2ヶ月も待つことになるとは思わなかった。コロナの影響もあったのだろう。長かったなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月31日

ルノー メガーヌ・インテンス

mv_ex.jpg

exterior_01_ex.jpg

 ルノー メガーヌに、新しいエンジンを載せたインテンスが登場した。搭載されたエンジンは1.333L。今年登場したばかりの新型ルーテーシアに搭載されているエンジンがベースになっていると思われる。
 この1.333Lエンジンは、159ps・27.5kgmを誇る。それまでの1.2Lエンジンでは必要にして十分とは言え、ちょっとだけ物足りないし、かといって200psオーバーの1.6Lエンジンまで必要はないかなと思っていた。この1.333Lエンジンはトルクも太いし、まさにベストマッチと思われる。それに、何気に車重も抑えられているのも良い。
 しかし、だからといって買い換えるわけではない。ただ、この1.333Lエンジンは良いなぁ〜、今のエンジンがダメになったら載せ替えれないかなぁ〜、とはつい思ってしまうのだ。
posted by 坂本竜男 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月29日

代車では…

 いくら代車のメガーヌがいいクルマでも、自分のクルマではないから積極的には動きづらい。やっぱり、どんな良いクルマでも借り物というのは気持ちもいまいち乗らない。それに今のコロナ情勢が拍車をかけている。
 本来なら、コロナ禍でも人との接触を避けれる場所はいろいろとあるし、そこでやりたいこともある。でも、今はそれをやるべき時期ではないのかねぇ。
posted by 坂本竜男 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年08月28日

メガーヌはまだ戻ってこない

 ルノー久留米から連絡があった。コンピューターはまだ本国から出荷されていない状況らしい。催促はしているものの、いつの出荷になるのかまだはっきりしないとのことだった。これに関してはディーラーに責任は全くないが、ちょっと困ったものだ。
 というわけで、2代目メガーヌとの付き合いはもう少し続くようだ。せっかくだから、こちらのメガーヌとももっと仲良くやっていくか。
posted by 坂本竜男 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年07月22日

メガーヌエステート、長期入院が決定

 いま、ルノー久留米で診てもらっている愛車メガーヌエステートの長期入院が決まった。調べてもらった結果、コンピューターの交換になったのだが、今そのコンピューターの国内在庫がないとのこと。発注から一ヶ月はかかるだろうということだった。
 こればかりはどうしようもないので、発注をかけてもらうことにした。愛車に一ヶ月乗れないのはなんとも寂しいが、その間は代車の二代目メガーヌにお供してもらおう。
posted by 坂本竜男 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年07月21日

代車のメガーヌがちょっとイイ

21.7.211.jpg

21.7.212.jpg

21.7.213.jpg

 愛車のメガーヌエステートが入院し、かわりに代車でやってきたのは二代目メガーヌの5ドアハッチバック。現行モデルから数えると二世代前のメガーヌだ。
 メガーヌは二代目から幅が一気に広くなったのだが、それでも僕のメガーヌエステートから乗り換えるととてもコンパクトに感じる。ホイールベースも全長も短いからだろう。エンジンは直列1.6リットルのNAだからとりわけ速いエンジンでもないが、ボディが小さいこともあって軽やかさを感じる。運転していて楽しいクルマだ。
 代車はそれなりにヤレているが、それでもこの特徴的なデザインの魅力は薄れていない。歴代ハッチバックの中でもトップクラスの印象的なデザインだろう。このデザインが実用性を全くスポイルしていないところがまた素晴らしい。このメガーヌと比べると、いまのクルマは必要以上に間延びして見えなくもない。当時のヨーロッパ・カーオブザイヤーを獲っただけのことはある。やっぱ、名車だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年07月19日

今回の代車は…

21.7.191.jpg

 今回の代車はこんなクルマ。ヒップラインが魅力的で個性的な、あのクルマですね。
posted by 坂本竜男 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

メガーヌエステート、入院

 愛車のメガーヌエステートが今日、ディーラーに入院した。
 突然、走行中にトランスミッションの警告表示が出て、ギアが変速できなくなったのだ。2速固定でバックにも入らない。一度エンジンを切り、しばらくしてエンジンをかけると症状は出なくなるのだが、どうも様子がおかしい。カーショップトリミさんでも診てもらったが原因の詳細はわからず、ルノー久留米で診てもらうことになったのだ。
 どうもコンピューターの載せ替えになる可能性が高いらしい。そうなると、そこそこお金がかかることになる。Macとモニターを買い換えたばかりなのに、これはちょっと痛い。しかし、明日は少し遠出をする予定だったので、症状が出たのが今日で良かったのかも。
 とにかく、このトラブルは前向きに捉えるしかないね。
posted by 坂本竜男 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年05月15日

オーナーになると引き寄せる

21.5.152.jpg

 ルノー メガーヌエステートGTラインに乗り始めて2年半。デザインも乗り味も大いに気に入っている。そして、比較的新しいモデルなのに、滅多に見かけないレアなクルマであることもお気に入りだ。
 メガーヌエステートを検討している時、それまでディーラー以外で見たことがなかった。唯一見かけたのは、マイナーチェンジ前のモデルを一回だけである。
 それが、晴れてこのクルマのオーナーになった途端、全く同じクルマに2回もすれ違った。同じ白で、しかも市内である。そして今日、今度はガンメタリック。我が家から歩いて5分くらいの場所でだ。
 どうも、オーナーになると同じクルマを引き寄せるということがあるらしい。こんな田舎町で3度も自分と同じレアなクルマと出会うのだ。引き寄せているとしか思えないではないか。おそらく、こんなクルマを選ぶ人間は、いろいろ共通項が多いのだろう。それゆえに引き合うに違いない。
posted by 坂本竜男 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年04月25日

九州トリコローレ2021開催!

21.4.251.jpg

21.4.252.jpg

21.4.255.jpg

21.4.256.jpg

21.4.257.jpg

21.4.258.jpg

21.4.253.jpg

21.4.254.jpg

 今日は九州トリコローレ2021。コロナ禍の厳しい状況の中、大分県の瀬の本レストハウスで無事に開催された。さすがに前回よりは参加車は少々少なかったが、それでも200台近くのクルマが集まった。
 滅多に見ることのないレアな旧車の数々。そして、スーパーカーの王道とも言えるカウンタックや512BB。今やトリコローレの主役と言っていい新旧フィアット500とアバルトなど、トリコローレならではのクルマたちに会場は大いに盛り上がった。
 コロナ禍でも無事にイベントを開催できたのは、主催者の方たちの対策が万全だったことに加え、参加された方たちのマナーの良さが大きかったように感じる。コロナだからと何でも中止にするのはどうかと思う。ちゃんと安全にできる方法はあるのだ。今年のトリコローレはそれを証明できたと言えるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 21:54| Comment(6) | TrackBack(0) | クルマ

2021年04月23日

九州トリコローレ間近!

21.4.232.jpg

 コーヒー豆を買った後は、カーショップトリミさんで日曜に開催の九州トリコローレの簡単な打ち合わせ。
 昨年はコロナで中止したが、今年は万全の対策で臨むとのこと。当然、例年通りにはできない部分も多々あるとは思うが、クルマ好きの方たちが心から楽しめるイベントになるのは間違いない。
 僕は前回と同じく、参加車のレッドカーペットの上での撮影担当。台数が多いから大変ではあるが、一台一台しっかりクルマを拝める得な役回りでもある。今からとても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年02月03日

アルファロメオ トナーレについて

2021-alfa-romeo-tonale-1587158469.jpg

 来年に日本導入が予定されている、アルファロメオ トナーレ。ジュリエッタの後継モデルで、ステルヴィオに続くSUVモデルである。
 まだ詳細は分からないところが多いが、アルファロメオ初のPHV(プラグインハイブリッド)でステルヴィオよりも小型のモデルになるようだ。おそらく、日本ではマツダCX-30と近いサイズ感になるのだろう。
 個人的にはデザインはステルヴィオよりも好きかも。リアが少しトヨタ ハリアーぽさが感じなくもないが、全体的には適度に引き締まったデザインで良い感じ。アルファロメオが相当力を入れているのが伝わる。ジュリエッタ以上に売れる可能性があると思う。
 だが、ジュリエッタがなくなってしまうのはちょっと悲しい。いま、街でも使い勝手の良いSUVがもてはやされているのは事実。各メーカーがこぞって力の入ったモデルを投入しているし、シトロエンはいつのまにかSUVメーカーになってしまった。売れるものを作るというのはわかるが、正直なところ「なんだかな〜」という気持ちになるのも事実。トナーレには魅力を感じるものの、SUV寄りのクルマ業界の流れは個人的にはあまり歓迎できないなぁ。

posted by 坂本竜男 at 11:22| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ

2021年02月02日

アルファ ロメオ、現行ジュリエッタ最後の限定車「ヴェローチェ・スペチアーレ」を販売

03_o.jpg

 アルファ ロメオが現行ジュリエッタ最後の限定車「ヴェローチェ・スペチアーレ」を、今日から65台限定で販売する。なお、現行ジュリエッタは2021年いっぱい販売を継続するそうだ。
 ジュリエッタ・ヴェローチェ・スペチアーレは、数々の特別装備によりデザイン性とドライビングの楽しみが高められたモデルとのこと。カーボン仕上げとイエローのアクセントカラーを効果的に取り入れ、スポーティかつジュリエッタの個性を活かす形に仕上げられている。新車でジュリエッタを考えている人には、大いに検討する価値のあるモデルになるだろう。
 ちなみにジュリエッタの後継は、新しいSUVモデル トナーレ。トナーレは初のハイブリッドで、ステルヴィオの下のモデルになる。導入は来年の予定だそうだ。
posted by 坂本竜男 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年01月25日

3代目ルーテシアはちょっと懐かしい感じ

21.1.256.jpg

 代車の3代目ルーテシアは、以前乗っていたフィアット プントに通じる、ちょっと懐かしい感じを持った面白いクルマだった。
 幅は5ナンバー枠から少しはみ出して3ナンバーではあるが、基本的には小ぶりなサイズ。前に乗っていたグレンデプントと同じくらいだ。しかし、グランデ プントにない軽快さがある。おそらく、1.6リットルとグランデプントよりも大きなエンジンを積んでいるからだろう。トランスミッションは4ATだからかなり古い。モッサリしているし、つながりも悪い。これが5MTだったらと思わずにはいられない。
 乗っていて感心したのはシートの出来の良さ。ベースグレードにつくシートだから、高級感があるわけでも一工夫ある感じでもないのだが、やわらかなのに芯があり、とても収まりが良い。おそらく長時間でも疲れにくいだろう。この辺はさすがルノー、さすがフランス車という感じだ。
 クルマを返却してメガーヌエステートに戻ると、やはりメガーヌエステートは現代のクルマだなぁと感じる。スムーズでしっかりしていてパワフルだ。だけど、ルーテシアの古いけど楽しい感じというのも悪くない。以前乗っていたフィアットなどに通じる面白さは、今のクルマは薄れてしまっている。そういう意味では、3代目ルーテシアは懐かしさを感じるクルマだった。
posted by 坂本竜男 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年01月24日

リコールの代車はルーテシア

 今日はリコールでルノー久留米へ。エンジンの洗浄のために、一日クルマを預けることになった。
 そして、代車は……

21.1.243.jpg

 ルノー ルーテシア!最新のルーテシアが日本で販売開始されて間もないが、その最新モデルより2代前のモデルだ。
 実は、ルーテシアに乗るのは、歴代モデルを通して初めて。ルノー久留米から自宅までを走った限りでは、ATとのマッチングは決して良くないが、しっかりエンジンを回して乗ると楽しいクルマだ。明日の夕方には返却しなければならないが、それまでは「ちょっとだけ」楽しんでみたいな。
posted by 坂本竜男 at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ

年内にフィアット500e、国内導入?そして500「3+1」の登場

01_FIAT500EV-768x432.jpg

 気がつけば、フィアット500も本国では純EV車に生まれ変わっていた。昨年の3月に発表され、日本でも年内の導入を予定しているらしい。
 ボディサイズは、現行モデルと比べて幅が60mm、全長が60mm、ホイールベースが20mm拡大。ちょっと大きくなったが、Aセグメントのクルマとしてはまだ標準的なサイズだろう。気になるモーターの最高出力は87kWで、最高速は150km/h(リミッター作動)。0-100km/h加速9.0秒、0-50km/h加速3.1秒を実現するそうだ。WLTPモードでの航続距離は最大320km、85kWの高速充電器を標準装備している。

fiat-500-12.jpg

fiat-500-1.jpg

fiat-500-3.jpg

 そして、マツダMX-30を思わせる観音開きドアを持つ500「3+1」もラインナップに加わった。
 これはコンパクトながら、乗り降りのしやすさ=利便性とデザイン性を両立させたものだ。観音開きは運転席側のみだが、この仕様はコンパクトカーには有用に思える。コンパクトカーに観音開きドアは大いにアリだね。
posted by 坂本竜男 at 15:15| Comment(325) | TrackBack(0) | クルマ

2020年12月26日

マセラティ MC20

img_494fae8759bf7d62a1bd1eb9ef52d33b421314.jpg

img_0e759d5ab0a0579b6dc71ab1b2992a93444598.jpg

img_81ffb708f28e25f31be0a3b702fa309c393376.jpg

img_a82bbb9b0cbbd61656cb36e1e40a6c07425514.jpg

 ちょっと前の話(今年の9月)だが、このご時世にマセラティがこんなスーパースポーツカーをリリースしていたとは!
 EVでもハイブリッドでもないカソリンエンジンのスーパースポーツ。排気量が3リットルと意外に小さめなのが、このご時世を反映しているのか?しかし、馬力はリッター100馬力を超える630HP。フェラーリではなく、マセラティ・オリジナルのエンジンである。
 価格は2,650万円。時代に合うかどうかは別にして、やはりこんなド級のスーパーカーの存在は、クルマに対するワクワク感を盛り上げてくれる。こんなクルマも必要なのだ。
posted by 坂本竜男 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2020年12月01日

リコールの措置は来年

 ルノー久留米からリコールのスケジュールについて連絡があった。やはり、リコールの予約が殺到しているらしく、措置は来月末になるとのこと。思った以上にリコールの件数が多いようだ。これにはちょっとびっくり。でも、今回のリコールは緊急を要するものではないから、そのまま予約をすることにした。
 措置には7時間かかるらしい。なので、措置の前日にクルマをあずけ、代車で帰ってくることになる。実は、この代車がちょっと楽しみ。ひょっとしたら、乗りたかったルノー車に乗れたりして(例えば、ルーテーシアの旧モデルとかね)。
posted by 坂本竜男 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

リコールの案内がきた

 ルノー・ジャポンからメガーヌのリコールの案内が来た。エンジン内部洗浄の必要があるらしい。
 今のところ、エンジンに不具合は感じないが、ひとまず最寄りのルノー販売店に連絡。予約が集中している上に措置には6時間以上かかるそうなので、スケジュールの調整をしてもらい、連絡をいただくようにした。
 リコールは初めてだっただけに、ちょっとびっくり。年末の慌ただしくなる前に措置が終わればいいのだけど。
posted by 坂本竜男 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2020年11月10日

ノクチクロンでフィアット500

20.11.97.jpg

20.11.98.jpg

20.11.99.jpg

 カーショップ・トリミさんにてノクチクロンでフィアット500を撮る。
 人や花が抜群という印象があるノクチクロンだが、いやいやクルマもなかなか。なめらかで柔らかい表現の中に、フルサイズ用の大口径レンズとは一味違うキレを見せる。特にイタリア車は独自の色気が出るね。
posted by 坂本竜男 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ