2019年07月12日

おやつにざるうどん

19.7.128.jpg

 つるや市役所前店で打ち合わせの後、おやつ(?)にざるうどん。ここの究極の麺は、シンプルになるほど美味さが際立つ。普段なら大盛りで食べたいところだけど、3時ごろに食べるならちょうどいい。おやつにざるうどんというのもアリだな。
posted by 坂本竜男 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月10日

tea room the theoのイベリコ豚の煮込みハンバーグ、再び

19.7.103.jpg

 今日のランチは、tea room the theo。イベリコ豚の煮込みハンバーグを久しぶりにいただく。
 相変わらず、野菜たっぷり。でも、前回とは野菜の種類がだいぶ違うような…。おそらく、そのときそのときのいい野菜を選ばれているのだろう。季節を感じるハンバーグというのもいいものだ。
 ハンバーグはやわらかで軽やか。旨みはしっかりしているのに、とても軽やかさを感じる。これはデミグラスソースも同じ。この軽やかさも、ほかではなかなか味わえないかも。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月07日

フルーツファクトリー モーンのフルーツサンド

19.7.610.jpg

 フルーツファクトリー モーンのフルーツサンドを持ち帰り。
 この手のサンドウィッチとしてはやや高いかなと思ったが、食べてみるとむしろ良心的な価格と思った。新鮮なフルーツがこれでもかと入っているし、上質な生クリームもたっぷり。少々食べにくいのは難点だが、このクォリティをこの価格で実現できるのはすごいかも。ちなみに価格は内容によって変わるが420円から。今回のサドウィッチは530円。フルーツが好きな人にはたまらない美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月06日

フルーツファクトリー モーンのフルーツシェイク

19.7.65.jpg

 食後のデザートを求めて、すぐ近くのフルーツファクトリー モーンへ。
 ここはフレッシュフルーツに力を入れたお店で、フルーツたっぷりのパフェやフルーツサンドなどが有名だ。カレーが思った以上にボリュウムがあったので、今回はちょっと控えめ(?)にフルーツシェイク。マンゴーとキウィを注文した。
 きめ細かくクリーミーな中に広がる新鮮なマンゴーとキウィがたまらない。その辺のシェイクとは全く違うクォリティだ。価格は少々高めだけど、それだけのことは十分にある。美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) |

門司港地ビール工房のWチーズ焼きカレー

19.7.63.jpg

19.7.64.jpg

 ビールの次は焼きカレー。Wチーズカレーは、チーズが増量され、さらに濃厚。カレーの中に潜んでいるトマトとトロトロの玉子がいい具合に絡み合い、濃厚な中にさわやかさな酸味と甘みがいいアクセントに。食べ応えもしっかり。いつもながら美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月29日

しのはら珈琲のトーストセット

19.6.291.jpg

 久しぶりに久留米のしのはら珈琲でちょっと一息。トーストセットを注文する。
 実は以前とはトーストに使う食パンが変わっていて、さらに美味しくなっている。このトーストとコーヒーのセットはかなり強力。シンプルながら間違いのない安定感がある。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月24日

3びきのこぶたの黒毛和牛ハンバーグランチ

19.6.241.jpg

 今日のランチは飯塚。手作りハンバーグのお店である。
 注文したのは一番人気の黒毛和牛ハンバーグランチ。黒毛和牛のハンバーグは、ジュシーで肉本来の旨みと甘みがしっかり。自家製ジャポネソースが肉の旨みをさらに引き立てる。これは美味しい!
 これにサラダ、味噌汁、ご飯、自家焙煎コーヒー(またはオレンジジュース)がついて、950円(税込)はかなり良心的。オススメです。
posted by 坂本竜男 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月23日

たかむらのスタミナぶっかけ

19.6.227.jpg

 日田配本の締めはたかむら。夏メニューが始まっていたので、スタミナぶっかけ(冷や)をいただく。
 気温も上がり、仕事もよりハードになっていく中、スタミナぶっかけは美味しく味わいながら、エネルギーを補充できる。体に優しいのにガッツのある美味しさだ。これで仕事も万全だ!
posted by 坂本竜男 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) |

久しぶりの中華さとの激辛ラーメン

19.6.222.jpg

 昨夜から日田配本。まずは中華さと。久日ぶりに激辛ラーメン。辛いけど、旨みもしっかり。心地よい辛さと、しっかりした旨味が食欲を増進させる。やっぱり美味い。もちろん、あっという間に完食。しかし、この後アルコールが続くので、今回は量は控えめに。
posted by 坂本竜男 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月20日

久しぶりの中華そば みのる

19.6.202.jpg

19.6.201.jpg

 今日は遅めの夕食。ひさしぶりに地元の名店、中華そば みのるへ。
 ここへ来たら、中華そば(塩)は欠かせない。そして、黒豚餃子も。これに生ビール一杯。目一杯に食べる感じではなかったけど、しっかり満足。やっぱ、もう少し足を運ばなきゃもったいないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月18日

白いトウモロコシをいただく

19.6.181.jpg

 白っぽいトウモロコシをいただいた。ピュアホワイトなら生でも食べられるはずだが、これは短めに湯がいた方が良いとのことなので、多分違う種類なのかな。

19.6.182.jpg
 早速湯がいていただく。みずみずしく、さわやかな甘みが心地いい。通常のトウモロコシよりも甘みがあるが、より爽やかな感じだ。これは美味しい!あっという間に食べきってしまいました。なんという種のトウモロコシか聞いておかなくちゃ。
posted by 坂本竜男 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月16日

ゼリージュのラムとほうれん草のカレー

19.6.161.jpg

 今日のランチは福岡のゼリージュ。ラムとほうれん草のカレーをいただく。
 いつもながら美味しいが、とくにラムが深みのある旨みがたっぷりで良い。これだけでご飯がどれだけでもイケる。…で、ほうれん草はどこに?と思ったら、ラムといっしょにしっかり煮込まれているみたい。な、なるほど!納得の美味さでした。
posted by 坂本竜男 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月15日

和心料理はばきの鮎の塩焼き

19.6.142.jpg

 今日から始まったエゴイスタス配本(と言う名のグルメツアー)。初日の締めは鳥栖の名店、和心料理はばき。ここはなんでも美味いのだが、その中でも印象的だったのが鮎の塩焼き。脂が乗って、身はフワフワホクホク。上品な美味しさ。素晴らしいです。
posted by 坂本竜男 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月05日

あげまきの佐賀牛イチボのステーキ

19.6.55.jpg

 実は、あげまきで見せてもらったのがこの肉の塊。佐賀牛のイチボ。おしり上部の肉で脂身が少ないものの、やわらかい赤身の希少部位だ。

19.6.56.jpg

 これをステーキでいただく。脂身が少ないから、肉の旨みが凝縮されている感じなのに、意外にあっさりいただける。そして何より、このやわらかさ。赤身でこれだけやわらかい肉はなかなか食べる機会がない。肉の旨みをしっかり味わえる逸品。大満足です。
posted by 坂本竜男 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

あげまきでプチ打ち上げ

 無事にエゴイスタスの入稿が終わったので、あげまきでプチ打ち上げ。

19.6.51.jpg

19.6.52.jpg

19.6.53.jpg

19.6.54.jpg

 いつもながら、なんでも美味しいが、今日は新メニューの辛口麻婆豆腐にやられる。辛口とあるから確かに辛くはあるのだが、それ以上に旨みと香りが前面に出てくる。なんでも、スペアリブを使った麻婆豆腐とのこと。確かに今まで経験したことのない味だ。これは凄い!
 いつものように美味しい料理に癒され、新メニューにやられ、やはりあげまきはいいなぁ〜と思っていたが、今日はこれでは終わらないのだった(つづく)。
posted by 坂本竜男 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月03日

レストランかじかのメンチカツ

19.6.1-13.jpg

 先日の湯布院出張の帰りに寄ったのは、日田の老舗洋食屋さん レストランかじか。実はどうしても食べたいものがあったのだ。それはメンチカツ。僕の中でかじかのメンチカツは別格なのだ。
 表面はサクサク、中身はジューシー。とにかく肉の旨味がすごい。そして、特製ソースとの相性も抜群。単品メニューしかないが、これにご飯と味噌汁をつけて定食に。大満足の逸品です。
posted by 坂本竜男 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) |

不生庵のざるそばととり天

19.6.1-10.jpg

19.6.1-12.jpg

 湯布院は素晴らしいロケーションで食事を楽しめるお店が少なくないが、Murata 不生庵もそのひとつ。高級旅館、山荘無量塔が運営している蕎麦屋さんである。
 定番のざるそばは、香り豊かで上品な味わい。わさびは当然天然もの。上質ながら湯布院としては価格が良心的なのも嬉しい。
 この上品さは大分名物である、とり天にもあらわれている。味わい深く軽やか。てんぷらなのに重さを感じない。側との相性も抜群。いい組み合わせです。
posted by 坂本竜男 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月02日

洋灯舎のモーニング

19.6.1-6.jpg

 湯布院 金鱗湖湖畔にある洋灯舎(らんぷしゃ)のモーニングが素晴らしい!

posted by 坂本竜男 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月28日

麦とろ家のとろろ定食

19.5.272.jpg

 お昼は麦とろ家のとろろ定食。湯布院の繁盛店の一つだ。
 本物の自然薯のみを使い、だしは天然のものだけ。素材の良さが生きた、やさしいのに力強さを感じる。カラダが喜ぶ美味しさだ。お店は建物の2階なのに、お客さんが絶えない理由がよくわかる。今度は山かけそばを食べたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年05月27日

TEPPAN 帰家 ライ音のお好み焼き

19.5.267.jpg

 昨日は、高校の大同窓会→ジャズライブ撮影→クラシックコンサート→大同窓会の打ち上げに合流とハード(?)スケジュール。大同窓会の打ち上げはすでに4次会に突入。場所は筑後市のTEPPAN 帰家 ライ音。初めてのお店である。
 ここのメニューは定番ものが多いが、どれもがキチンと美味しくて好印象。いい素材を使い、キチンといい仕事をしている。そんななかで印象的だったのがお好み焼き。表面がカリッと香ばしく、なかはフワッとしながらも独特の弾力感があり、好みの食感。味も品があってしかも複雑。色々な旨味を感じる。
 ちなみにお店のオーナーさんのさりげない気遣いも素晴らしい。筑後で外食するときは、ぜひまた来たいお店だ。
posted by 坂本竜男 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ