2020年04月10日

和心料理 はばきのカレー(テイクアウト)

20.4.1015.jpg

 今日の夕食は和心料理はばきのカレー(テイクアウト)。このご時世だから、美味しいカレーがテイクアウトで楽しめるのは嬉しい。いつも違った美味しさに感じるのは、テイクアウトだからだろうか。厳しい状況ゆえだろうか。美味しさが染み入ります。
posted by 坂本竜男 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月02日

たかむらの進撃のバターチーズ

20.4.2-6.jpg

 今日のランチは日田のたかむら。何と進撃の巨人とのコラボメニューが!もちろん、迷わず注文。

20.4.2-7.jpg

 これはお店の看板メニューである、かま玉バターチーズの進化系だ。ピリ辛の肉味噌と海苔、玉子、バター、チーズがさらなる深みと旨味を出している。ボリュウムは結構あるはずなのに、美味しくてペロッと平らげてしまう。これはハマる人が続出しそうだ。

 
posted by 坂本竜男 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) |

中華さとの新メニュー(名無し)をいただく

20.4.2-1.jpg

 昨日から今日にかけて日田出張。昨夜は、中華さとでまだ名前が決まっていない新メニューをいただいた。
 中華さとの看板メニューである、プノンペンラーメンの別バージョン。野菜たっぷりなのは共通だが、もやしの量の多さが印象的だ。味はあっさりだが食材の旨味はしっかり。ボリュウムもしっかり。ラーメンとはいえかなりヘルシーメニューだが、美味しさと食べ応えがしっかりあるのがこのお店らしい。さて、名前は何に決まるかな?
posted by 坂本竜男 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月27日

鹿児島出水のデコポン

20.3.271.jpg

 お世話になっているエーテックさんを通して、鹿児島出水の美味しいデコポンを箱買い。このデコポンは本当に心地の良い甘さで、びっくりするくらい美味しい。以前、いただいてデコポンの概念が大きく変わったくらいの商品だ。
 これでしばらくはデコポン三昧だ。
posted by 坂本竜男 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月22日

薬膳カフェkulaの薬膳カレーセット

20.3.221.jpg

 今日のランチは久留米の薬膳カフェKula。薬膳カレーセットをいただく。
 これは今まで食べたことがないタイプのカレーだ。まるで濃厚な野菜ジュースをそのままカレーにしたよう。野菜の美味しさとフレッシュ感にあふれている。サラサラとした食感お心地いい。これはクセになりそうな美味しさだ。
posted by 坂本竜男 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月15日

cafe TRESのシシリアンライス

20.3.157.jpg

 配本のついでに、佐賀県立博物館内にあるカフェ、cafe TRESで遅めのランチをいただく。注文したのはシシリアンライス。佐賀市の御当地グルメである。
 たっぷりの野菜とお肉、ご飯もすべて良質な地元産。味はもちろん、彩りも味も栄養バランスもボリュウムも文句なし。ヘルシーかつ食べ応えのあるオススメメニューだ。これはリピート決定だな。
posted by 坂本竜男 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月14日

洋灯舎のサーロインビーフステーキ再び

20.3.141.jpg

 今日は朝から一日湯布院。ガッツリ美味しいお肉が食べたくて洋灯舎ヘ。200g超えのサーロインビーフステーキをいただく。
 やはり、いつもながらこのクォリティとボリュウムは嬉しい。湯布院随一のロケーションで食べるステーキは最高です。
posted by 坂本竜男 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月13日

つるや市役所前店の鴨南つけ汁うどん

20.3.131.jpg

 今日のお昼は八女でうどん。つるや市役所前店で、鴨南つけ汁うどんをいただく。甘辛のつけ汁に焼いたネギと鴨肉がたぷり。やわらかなのにコシがある香り豊かな麺との相性は抜群。鴨の深い旨みがたまりません。
posted by 坂本竜男 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) |

あげまきのにゅう麺

20.3.129.jpg

20.3.1210.jpg

 昨夜はあげまきで食を堪能したが、その締めで食べたにゅう麺が染み入る美味さだった。
 いつもならご飯系で締めるのだが、このにゅう麺の満足度もかなりのものだ。ダシの旨みがたっぷり。優しくて味わい深い。これは僕にとって新たな定番になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月12日

和心料理はばきで旬の味を楽しむ

20.3.121.jpg

20.3.122.jpg

20.3.123.jpg

20.3.124.jpg

20.3.125.jpg

20.3.126.jpg

 昨夜は地元の名店、和心料理 はばきで旬の味を楽しんだ。
 いつもながら旬の味がしっかり味わえる日替わりのオススメメニューに、安定の美味さの定番メニューと、間違いのないクォリティの高さだ。特に素晴らしかったのが、春野菜の天ぷらと鰈の唐揚げ。ただ揚げただけでなく一手間もふた手間もかかった逸品。素材の良さを最大に活かした料理だ。
 はばきは美味しい料理に合う美味しいお酒も揃っている。とくに佐賀の日本酒は相性バッチリ。大満足の夜だった。
posted by 坂本竜男 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月10日

繁桝 大吟醸 箱入娘チョコレートボンボン

20.3.102.jpg

 先月にいただいた、期間限定の繁桝 大吟醸 箱入娘チョコレートボンボンを食べる。
 チョコレートの甘さと箱入娘の芳醇さとまろやかさが相まり、なんとも言えない贅沢な味わいになる。これは間違いなく高級な美味しさ。大人のチョコレートだ。大事に味わいたい逸品。期間限定なのが残念だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月05日

中華そば みのるのサイドメニュー

 中華そば みのるはラーメン(中華そば)が美味しいのはもちろんだが、サイドメニューもかなり美味しい。このお店は麺だけでは終われないのだ。ちなみに今日は……

20.3.51.jpg
豆苗の香味油炒め

20.3.52.jpg
牛サガリ岩塩焼

20.3.53.jpg
塩サバ

 この3つを注文。いずれも味は抜群。共通するのは仕事の丁寧さ。焼き一つとっても、その巧さと丁寧さが光る。それが見事に味に表れている。いつもながら、さすがです。
posted by 坂本竜男 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

中華そば みのるのサンマー麺

20.3.54.jpg

20.3.55.jpg

 無事にエゴイスタスの入稿が終わったので、夜は久しぶりに地元の名店 中華そば みのるへ。
 メニューを見ていたら、冬季限定メニューのサンマー麺が目に入ったので、迷わず注文。
 まず、このボリュウムに驚く。そして白菜、人参、もやし、キクラゲ、しめじ、豚肉と具材がたっぷり。醤油ベースのあんかけスープと麺の相性も抜群。とにかく、食べ応えもしっかりありつつ、素材の旨みを生かしながら、体に優しい美味しさに仕上がっている。これは抜群に美味い。
 冬季限定なので、もうすぐ、このメニューも終了するとのこと。食べれてよかった!
posted by 坂本竜男 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月01日

おもてなしごはん。OYOBAREのおまかせベジタブル

20.3.1-1.jpg

20.3.1-2.jpg

 今日のランチは鳥栖のおもてなしごはん。OYOBARE。このお店のメインメニューは「おまかせベジタブル」というワンプレートのみ。これにデザートやドリンクがオプションでつけられる。
 常に30〜40種類の食材が使われているこのプレートは、とにかく野菜たっぷり。品数もとても多い。1日で必要な野菜の70%が摂れる食事を目指してあるだけあって、ボリュウムだけでなくとても栄養のバランスを考えて作られている。そして、一つ一つが丁寧に作られていて、味もとても美味しい。とにかく充実のワンプレートだ。
 ドリンクやデザートも体に優しく美味しいものが揃っている。品数も多いし、カロリーは控えめながら満足感はとても高い。圧倒的に女性のお客さんが多い繁盛店だが、それも納得。それゆえに男だけでは入るのにちょっとだけ勇気がいるかもしれないが、本当は男こそ行くべきお店ではないかな。
posted by 坂本竜男 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年02月25日

キリンビアファームのビアファームランチ

20.2.252.jpg

 キリンビアファームでの食事は最初はジンキスカンのつもりだったのだが、ほかのランチメニューもとても美味しそうだったのでビアファームランチを注文した。いわゆる日替わりランチセットである。
 驚いたのがメンチカツの美味さ。とにかく旨味たっぷり。表面サクサク、中ジューシーなのはもちろん、お肉の味がとてもしっかりして食べ応えがある。いいお肉をしっかり食べているという充実感がある。これをメンチカツで実現しているのだからすごい。これは本当に驚いた。
 聞くところによると、キリンビアファームでは最近「食」には特に力を入れいるそうだ。確かに、以前来た時よりもメニューが充実しているし、より美味しくなっているように思う。意外に近場ではあるし、これからはもっと頻繁に利用したいな。
posted by 坂本竜男 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年02月19日

久留米ラーメン 和ノ吉の焼きめしセット

20.2.199.jpg

20.2.1910.jpg

20.2.1911.jpg

 今日は、前から気になっていたラーメン屋さん、久留米ラーメン 和ノ吉へ。このエリアは丸星ラーメンを筆頭に、ラーメンの激戦区。その中で一番新しいお店だ。
 ラーメンは一見、オーソドックスな豚骨。しっかり豚骨が濃い。しかし、意外にトータルではあっさり。麺と絡めると良い具合にこってり感が出るが、後味が良くて意外にさっぱりしているのだ。これは良い。
 焼き飯もオーソドックスながらしっかり美味い。玉子がしっかり存在感がある。奇をてらってない美味さだ。
 ここは焼き鳥も力を入れているそうだ。そして、ホルモンも良さそう。テイクアウトもOKだ。今度は焼き鳥とセットで食べようかな。
posted by 坂本竜男 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年02月16日

小料理 はる吉

 昨夜は筑後市で夕食。筑後で評判の和食のお店、小料理 はる吉へ。

20.2.152.jpg

20.2.153.jpg

20.2.154.jpg

20.2.155.jpg

20.2.156.jpg

 写真を撮り忘れたが、ほかに刺身と日本酒をいただいた。料理はとても上品で上質、そして繊細。素材の味をしっかり活かした、お料理ばかりだ。基本的にどれも美味しく、日本酒にもよく合う。素晴らしい。
 質は高いのに金額は良心的。お店は決して広くないから予約でないと入れないが、決して敷居が高くないのでまた行きたくなるお店だ。実家から歩いて行ける距離だから、今度は両親を連れて行きたいな。
posted by 坂本竜男 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

Good See You!のチキンカレー

20.2.151.jpg

 あだち珈琲さんの20周年イベントに出店されていたGood See You!さんで、やっと看板メニューのチキンカレーを食べることができた。
 イベントで食べているから、その美味しさはわかっているとはいえ、改めていただくと、やはり僕の好きな味。美味い。
 今回は辛口をいただいたのだが、スパイシーで心地よい辛さがクセになりそう。辛さの中に旨みと旨みからくる甘みがしっかりある。カレー屋さんはたくさんあるが、他とは一味違うカレーだ。そんな個性のあるカレーが都会ではなく、田舎にあるところがまた良いよね。
posted by 坂本竜男 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年02月13日

今年初のあげまき

 気がつけば地元の名店あげまきに、まだ今年顔を出していなかった。そこで早速、今夜はあげまきへ。

20.2.131.jpg

20.2.132.jpg

20.2.133.jpg

20.2.134.jpg

20.2.135.jpg

20.2.136.jpg

20.2.137.jpg

 春が近づいているこの時期、ふきのとうの天ぷらや菜の花など春を感じさせるメニューが。とくにふきのとうの天ぷらの香りと美味しさに驚く。
 いつも何かしらちょっと高級だけど、間違いなく美味しいお肉がメニューにあるのだが、今日は牛タン塩焼き。これがまた抜群!そして、締めのご飯まで、しっかり美味しく味わいました。やはり、もっと定期的に来なければいけないお店だと実感。やっぱり地元の名店は大事な存在です。
posted by 坂本竜男 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年02月12日

究極のデコポン

20.2.121.jpg

 先日、お客様からいただいたデコポンが、びっくりするくらい美味しくて驚いている。
 このお客様は、農業を専門的(科学的)な立場からサポート・コンサルティングをするお仕事をされている。そのサポートの結果生まれたデコポンなのだが、これが僕が知っているデコポンと全く違うのだ。
 僕が知っているデコポンは、酸味が強くて皮は厚くて剥きにくくて食べにくい。そして、たくさんは食べれないと言う印象だった。
 しかし、いただいたデコポンは甘みがびっくりするくらい強く、それでいて甘ったるさはなく、深みのある上品なものだ。後味もとても爽やかで良い。香りはとても豊か。中の皮はとても薄く、むかずにそのまま食べれる。一人で何個でも食べれてしまう美味しさだ。
 この究極と言っていいデコポンは、一般的なデコポンよりも高値で取引されている。消費者にとっても美味しいデコポンが食べれるし、農家さんにとっても利益が上がるからとても素晴らしい。このデコポンには美味しさだけでなく、農業の理想の形が表れている。
posted by 坂本竜男 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) |
Powered by さくらのブログ