2011年08月25日

ジョブズ氏辞任

 アップルのスティーブ・ジョブズがCEO職辞任を表明。現COOのティム・クックがCEOに就任する。
 ジョブズの健康状態は知られている以上に悪いのだろうか。辞任表明後、アップルの株価は下がっているし、市場だけでなくその影響は大きい。世界のアップルファンの多くはジョブズのファンだろうし、ジョブズだから……という側面は少なからずあったと思う。僕もその一人だ。
 さて、ティム・クックはアップルをどう、引っ張っていくのだろう?
posted by 坂本竜男 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年06月08日

OS X Lion

 いよいよ7月から発売開始のLion。今までを振り返ると、それなりに機能も充実しているし、ウィンドウズとの連携もとりやすくなっているし、セキュリティも改善されている。しかし、マシンのスペックに合わせてそれなりに重くなり、以前の身軽な感じはあまりない。今度のLionはそのあたりがどうなのかが気になるところだ。
 僕はOSに関してもアプリケーションに対しても、基本的にはシンプルであるべきだと考えている。もちろん、絶対必要な機能はある。しかし多くの場合、使わない機能が多すぎるため、それが快適さを損なっているように感じるのだ。常にマシンもソフトも買い替えてもらわないとメーカーは商売にならないから、どうしてもそうなってしまうのだろう。だが、もうそんな時代ではないように思うのだ。
 今度のOS X Lionが、そういう意味で時代の流れに沿っているものと期待したい。
posted by 坂本竜男 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple

2011年06月07日

iCloud

icloud_hero.png

※画像はアップルのサイトより抜粋

 iCloudかぁ〜。これでiPhoneやiPadユーザーは、より便利になるというわけか。しかし、クラウド全般に言えることだけど、クラウドを提供する側に障害が起こった場合のリスク、セキュリティの問題など、今の段階では安心できるとは言いがたい気がするなぁ。実際はどうなんだろ?
posted by 坂本竜男 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年05月04日

新しいiMac

features_hero20110426.png
※画像はAppleのサイトから抜粋
 今度のiMacは全モデル、クアッドコアIntelプロセッサ搭載かぁ〜。そしてAMD Radeon HDグラフィックプロセッサを搭載。今までのiMacの欠点のひとつである、グラフィックの表示能力が解消されているんだったら、いよいよiMacで事足りてしまうなぁ。あとはディスプレイのクォリティ次第だけど、今度のは結構イイかも。早く実物を確認したいな〜。
posted by 坂本竜男 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年04月28日

iPad2発売

 やっと、iPad2が日本でも発売開始。プロダクトとしては興味津々なんだけど、(今のところ)買っても使わないだろうなぁ〜。日本の電子書籍が充実してきたら話は別なんだけど。
posted by 坂本竜男 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年03月03日

iPad2

overview_design_20110302.jpg
※アップルのサイトから抜粋

 iPad2が発表された。処理スピードが上がり、カメラを搭載し、より薄くなったiPad2。初代モデルよりも強力になっているが、アメリカでの価格は据え置き。25日にならないと分からないが、日本での価格もおそらく据え置きだろう。
 他のメーカーが差を縮めてくる前に、キチンと先手を打ってくるところはさすがスティーブ・ジョブス。日本はこの辺りがどうしても対応が遅い。iPadひとつとっても、日本が学ぶべきところはしっかりある。
 で、このiPad2。そう言いながらも自分ではまだ導入する事は無いだろうと思っていた。しかし、そこで一つの疑問が浮かんだ。iPad2だけでなく、iPhoneにしてもMacBookにしても、仕事前提で考えすぎてはいなかっただろうか?仕事は関係なしに、とりあえず気軽に使えるツールとして考えたときにどうなのか、ちゃんと考えただろうか?ひょっとしたら、意外な価値観が見いだせるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年02月04日

iPad専用新聞

 アメリカでiPad専用の電子新聞が創刊された。ニューズ・コープ社が発行する「ザ・デイリー」がそれで、価格は週99セント(約81円)。従来の新聞よりもかなり安い。印刷と運搬という2つの大きなコストが削減できるから実現できるのだが、ここまで安くできるのであれば僕も新聞を購読してみたいと思ってしまう。アメリカは大好きであり、大嫌いでもある国なのだが、こういうところはさすがだなと思わざるを得ない。
 僕は仕事柄、紙媒体が大好きだ。ただ、それでも「これは紙に印刷しなくてもいいのでは?」と思うものも少なからずある。新聞や週刊誌はその最たるものだ。あと、教育関係のものも、全てが必ず紙である必要は無いと思う。日本ではどうなるか分からないが、新聞などのメディアがiPad専用で安価に購読できるようになれば、僕もiPad導入を真剣に考えるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2011年01月11日

iPadを使ってみた

 今更ですが…今年になって、やっとiPadを使う機会に恵まれた(ショップに行けば使えるんだけど、そのためだけにはなかなか行かないものです)。使ってみて思ったのは、「意外に悪くない」ということ。もっと使い勝手が悪いものを想像していたからかもしれないが、とりあえず取説がなくてもそれなりに使えるし、操作感も思ったより違和感が少ない。液晶画面も想像していたよりもずっと奇麗だ。Macユーザー歴20年以上だから、どうしてもひいき目に見てしまうのかもしれないが、5万円ほどの端末ツールとしてはよく出来ていると思った。
 実際に使ってみて、僕自身には今のところ必要がないというのも、改めて感じた。僕が使うのであれば、画像やグラフィックをいかに使うかということになるが、iPadはそれには向いていない。簡単な書類の作成やその管理、電子書籍、WEBくらいに限定すると、シンプルな仕事環境を作れるので、いいツールとなりうると思う。あとは専用アプリ次第だ。ヘヴィーなパソコンユーザーよりも、パソコンを持っていない人たちの方が有効なツールになるような気がする。
posted by 坂本竜男 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2010年12月13日

iPadとiPhone

 僕がMacユーザーなせいか、iPadとiPhoneに対する質問や相談を良く受ける。でも、僕自身はMac歴こそ長いものの、iPhoneは持っていないしiPadは触ったことすらない。だから相談も僕が知っている範囲内のことを答える程度で終わる。
 今日もiPadを導入すべきか相談を受けた。最近はiPadの相談が多い。そこで気がつくのは、導入して何をやりたいかが明確になってない人が少なくないということだ。どんなツールでも使う目的がはっきりしてないと無駄になってしまうが、Apple製品は特にそれが強いと思う。デザイン性の高さから惹かれている人も多いと思うし、それ自体は悪いことではない。しかし、決して万能なツールではないし、そのことを理解しつつ、どう使うかが大事なのだ。
 パソコンが必須でない人にとっては、iPadとiPhoneは有効なツールになるだろうと思う。仕事によってはiPadはいろいろな可能性が広がるとも思う。僕も興味がないわけではない。ただ、現状としては必要性を全く感じていない。もちろん、電子書籍を真剣に仕事として考えるのであれば、話は違ってくるのだが……。
posted by 坂本竜男 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Apple

2010年11月18日

最新iMacの実力

 仕事でお客さんの事務所でヘルプをする事が少なくない。そのときは当然、お客さんのMacを使うわけだが、今やそのMacの大半はiMacという状況になってきている。
 以前と比べてiMacの能力は格段にアップしていて、仕事でも十分使えるなぁとは思っていた。とは言え、我が家のG5に比べると、まだまだストレスを感じる部分の方が多かった。しかし、今日使った最新の27インチiMacは、G5に比べても遜色がないパフォーマンスだった。
 処理スピードはイラレやフォトショップでも全く問題なし。通常のグラフィックであれば、ストレスはほとんどないだろう。前モデルまでは保存に時間がかかりすぎていたのだが、27インチモデルは保存も早い。感覚的には我が家のG5とほぼ同等。入門機であるiMacもついにここまで来たか、と感心する反面、ちょっと複雑な気持ちも芽生えた。
 かなり魅力を感じた27インチiMacだったが、付属のキーボードがテンキーを省かれていること、モニターの画質がいまいちなこと、処理スピードに表示が追いついてないときがあることが気になった。あと、Appleが力を入れているMagic Mouseの使い勝手は、個人的には今イチだった。慣れれば悪くないと思うのだが、作業の確実性に少し劣る気がする。
 今日は仕事をしながら最新のiMacのテストも出来た感じで、ある意味すごく有意義だった。しかし、パソコンが完全に消耗品になっていることを改めて痛感した。仕事にはパソコンは不可欠だから、これは重要な問題だ。良いものを長く大事に使いたいと思っているのに、パソコンだけはそうはいかない。この状況はいつまでも変わらないのだろうか?
posted by 坂本竜男 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple

2010年10月21日

Mac OS

 次はライオンかぁ〜。ウチは諸事情で、まだトラさんなのに。
posted by 坂本竜男 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Apple
Powered by さくらのブログ