2018年07月05日

珈琲Chiba コロンビア サン・ヴィセンテ農園

18.7.5-2.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaさんの「コロンビア サン・ヴィセンテ農園」。2017年のカップオブエクセレンス・ウィナーだ。
 軽やかで豊かな香り。やわらかな甘みの中に品のいい酸味が少し。飲んだ後もいい余韻が続く。飲めば飲むほどその美味しさが増していく感じだ。さすがカップオブエクセレンス2017。素晴らしい!
posted by 坂本竜男 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ちょっと古いコーヒーミルを試す

18.7.5-1.jpg

 珈琲Chibaさんで、ちょっと古いコーヒーミルを試す機会に恵まれた。いずれも今は作っていないものばかりである。メーカーは存在するが、その製品自体は無くなったもの。メーカーそのものが無くなったものなど、様々である。
 今回、印象的だったのはペデ(PeDe Dienes)のミルだった。世界で最も評価の高いと言われるザッセンハウスに吸収合併されて今はないが、とても素晴らしかったのだ。
 この挽き味は言葉で言い表すのが難しい。豆を一気に巻き込むように挽いていく。挽き終わるのも早いし、そのときのトルク感はほかでは味わったことがない。ペデに比べると、ザッセンハウスはちょっと軽い。そして遅い。フソーはさらに軽く、さらに挽き終わるのに時間がかかる。
 ちなみに、これらのミルはいずれも数十年経った古いミルだが、最近の5千円くらいのミルよりははるかに挽き味がいい。そして挽きムラも少なめだ。昔の道具はとても優秀なものが多いが、これはコーヒーミルにもそのまま当てはまるようだ。我が家のミルもフソーの評価が高い製品。ペデやザッセンハウスほどではないが、十分優秀だ。昔の道具に学ぶことは多い。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月27日

COFFEE COUNTYのホンジェラス トリプレA農園

18.6.274.jpg

 今日、COFFEE COUNTYで買ったばかりの豆、ホンジェラス トリプレA農園を早速いただく。焙煎はダークローストである。
 しっかりしたボディの中にほんのりとフルーティな甘みがある。シングルとは思えない、上質で複雑さと力強さを持っている。とても美味しい。
 このトリプレA農園は標高が1,650mと高め。前にも標高が高いところの農園の豆がこんな感じだった。標高が高いところの豆の特徴だろうか。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ハンドドリップの醍醐味

18.6.271.jpg

 石橋文化センターのあとは、COFFEE COUNTYへ。
 この暑い中、ホットコーヒーを頼んでしまうのは、好きだからというのもあるが、コーヒーを淹れているところを眼の前で観れることも大きい。同じお店でも人が変わると淹れ方も変わる。もちろん豆でも変わる。ハンドドリップはそれが一番、わかりやすく出るから面白い。
 最初のお湯の注ぎ方、蒸らす時間、そのあとのお湯の注ぎ方。全てが違う。しっかりとしたセオリーはある。しかし、おそらく完全な正解はない。さて、このハンドドリップを見た上で、どう淹れてみようか…。
posted by 坂本竜男 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月18日

手音のアイスコーヒー

18.6.183.jpg

18.6.184.jpg

 福岡配本の締めくくりは手音。今日は久しぶりにアイスコーヒーを注文。じっくり丁寧に淹れたコーヒーをマドラーに入れ、氷の上で回転させながら冷やす作業も見入ってしまう。こんなアイスコーヒーが美味しくないわけがないじゃないか。
posted by 坂本竜男 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月17日

coffee月白のアイスコーヒー

18.6.178.jpg

 coffee月白さんに来たからにはコーヒーは必須。今日のような暑い日は水出しアイスコーヒーが美味い。豆はブラジル。香り豊かで軽やか。ほんのりした甘さが印象的。ワイングラスで飲めば、さらにおいしさが広がります。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年05月29日

定番をふるまう

18.5.291.jpg

 我が家のコーヒーを楽しみに来られるお客様が結構多い。とても嬉しいことなのだが、我が家で常備しているコーヒーは、あだち珈琲さんのアウトレットブレンドで、一番お買い得な豆である。クォリティは高いが価格はリーズナブル。我が家の定番である。
 その定番を喜んでいたけることがまた嬉しいのだ。大事なもの、好きなものを共有していただける喜びとでも言おうか。普段口にしないような高級なものをふるまって喜んでいただくよりも、はるかに嬉しいことのように思う。
 定番をふるまう。勇気がいることかもしれないが、喜んでいただけた時、こんなに嬉しいことはない。
posted by 坂本竜男 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月22日

あだち珈琲のコロンビア タブロン・デ・ゴメス

18.4.229.jpg

 今日のコーヒーは、あだち珈琲のコロンビア タブロン・デ・ゴメス。オレンジを思わせるフルーティな甘み、それにビターなコクが加わり、軽やかなのにしっかりした味わい。まさに絶妙のバランス。とても美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月20日

花音花夢のエチオピア

18.4.205.jpg

 展示会を楽しんだ後は、店内で一息。エチオピアをいただく。程よい酸味と苦味のバランスが心地よい。緑の溢れる気持ちの良い空間で飲むコーヒーは本当に贅沢。イベント期間限定のマフィンもまた美味しい。やっぱり、期間中にもう一度行かなきゃな。
posted by 坂本竜男 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月03日

珈琲ChibaのブルーマウンテンNo.1

18.4.3-1.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲ChibaのブルーマウンテンNo.1。フルーティーな中にほどよい苦みがあって、すっきりしているのに味わい深い。品のいい美味しさ。新年度のスタートにぴったりのコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年03月30日

珈琲Chibaのコク深豆だぁ〜く

18.3.305.jpg

 今日は久しぶりに珈琲Chibaへ。で、これもまた久しぶりに「コク深豆 だぁ〜く」を購入。以前はよく買っていた豆だ。
 焙煎は中深(やや深煎りよりか)のブレンド。しっかりコクはあるのに、飲み味は意外にスッキリ。飽きずに毎日飲める味だ。やはり美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年03月24日

コーヒーカウンティのコロンビア パトリシア・ロレナ・クリオーリョ・スアレス

18.3.241.jpg

 浅煎りのコーヒーをメインで打ち出しているコーヒーカウンティで、僕が買うのは大抵深煎り。僕はどちらかといえば深煎りの方が好みというのもあるが、焙煎はロースターの技術がはっきり出る部分。コーヒーカウンティの焙煎技術の高さをしっかり味わえるのは深煎りでは?と勝手に思っているのだ。
 で、今回の豆はコロンビア パトリシア・ロレナ・クリオーリョ・スアレスのダークロースト。ほどよい苦みとしっかりしたボディ。力強さがある。それでいて、毎日飲めるバランスの良さがある。かなり好みです。
posted by 坂本竜男 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年03月23日

写真で気づくコーヒーの淹れ方

18.3.232.jpg

 たまにコーヒーを入れているところを撮らせていただくのだが、撮った写真を改めて見るといろいろと気づくことがある。
 今日もコーヒー・カウンティで撮らせていただいたのだが、ドリップするときの動きが認識している以上に激しく、お湯の勢いもかなりある。豆がまるでかき混ぜているかのように踊る。見ているだけでは見落としがちな部分が、明確に写真に表れているのだ。
 なるほど、これは勉強になる。今回は浅煎りの豆だったが、深煎りだとまた違うはず。一度、さまざまなプロの方の淹れ方を撮らせていただきたいものだ。
posted by 坂本竜男 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年02月11日

いつもの一杯

18.2.102.jpg

 いつものように、あだち珈琲さんでお気に入りの豆を買い、サービスでいただけるカプチーノを美味しくいただく。このいつもの一杯がたまらない。まさに幸せなひととき。
posted by 坂本竜男 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年01月15日

あだち珈琲 グアテマラ ラ・ベイヤ農園

18.1.151.jpg

 今日の夕食の後のコーヒーは、あだち珈琲 グアテマラ ラ・ベイヤ農園。ほのかなフルーティな酸味と、なめらかでやさしい甘み。いいですね〜〜。
posted by 坂本竜男 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年01月14日

旧寺崎邸でひとやすみ

18.1.1321.jpg

18.1.1320.jpg

 八女撮影ツアーは、旧寺崎邸でひとやすみ。あだち珈琲八女店 一期一杯のコーヒーをいただく。築100年を超える趣のある建物中で、たくさんの本に囲まれてあじわう至極の一杯。たまりません!
posted by 坂本竜男 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年01月10日

今回のあだち珈琲 アウトレットブレンド

18.1.10.jpg

 我が家の定番コーヒーはあだち珈琲のアウトレットブレンド。名称のとおりお店で一番安価な豆だが、その品質はアウトレットにあらず。お店で仕入れられる豆はどれも品質が高い。その中で、その都度出る半端な豆を絶妙にブレンド・焙煎したものと思われるのがアウトレットブレンドだ。それを裏付けるように、毎回ブレンドされる豆の種類が違う。当然味も違う。しかし毎回、品質は極めて高いところで保たれているので、安心して購入できるブレンドだ。
 今回はアフリカ系が多めのブレンドのようだ。お店としてはやや深めの焙煎なので、アフリカ系特有の酸味もやや控えめ。程よいコクと深み、それにフルーティさが絶妙に合わさり、とてもバランスのいい美味しさだ。今回のアウトレットも絶品です。
posted by 坂本竜男 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年01月02日

珈琲Chiba トラジャ スロトコ農園

18.1.2-7.jpg

 今日のコーヒーはこれ。珈琲Chiba トラジャ スロトコ農園。香り豊かで深いコク。酸味はなく、おだやかで芳醇。なのにクリアーな味わい。洗練された美味しさだ。味も品質も高級なコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2017年12月28日

珈琲Chiba ニカラグア ブエノスアイレス農園 ハニー

17.12.281.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chiba ニカラグア ブエノスアイレス農園 ハニー。焙煎はやや深め。程よい酸味と甘み。苦味は控えめ。とてもバランスのいい味。いいですね。
posted by 坂本竜男 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2017年12月26日

あだち珈琲のブルンジ カルルシ

17.12.266.jpg

 今日の締めのコーヒーは、あだち珈琲のブルンジ カルルシ。香り豊かでフルーティな甘みと、滑らかな口当たり。軽やかだが美味しさはしっかり。好きな味です。
posted by 坂本竜男 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ