2022年11月27日

今泉珈琲店のコロンビア

22.11.271.jpg

 今朝のコーヒーは、みやき町の今泉珈琲店さんのコロンビア。
 コクの中に心地よい酸味が混じり、バランスが良い味わい。今泉珈琲店さんのコーヒーは初めてだったけど、クォリティが高くて美味しい。近くにもまだまだ知らない良いお店があるんですね〜。
posted by 坂本竜男 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年10月06日

いつものように、なんだけど…

22.10.61.jpg

 いつものように、あだち珈琲さんでコーヒー豆を買い、サービスのカプチーノをいただきながら、久留米市美術館の割引チケットを手に取る。
 なんて事のない、僕にとってはいつもの流れなのだけど、それがやっぱりちょっと贅沢で良いなぁ〜としみじみ思っている。コーヒーだけで終わらず、他に(次に)繋がっていく感じがあるのが素敵だ。
 実は、こんな連動性があちこちで増えてきている気がしている。それが当たり前の日常の中に、自然にあるようになれば、さりげなく自然に充実した毎日が送れるのかもしれないね。
posted by 坂本竜男 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年10月01日

珈琲Chibaのトラジャ

22.10.1-1.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのトラジャ。まず、とても香り豊か。そしてスッキリ、さっぱりしている中にフルーティな甘味としっかりしたコクが広がる。まだ暑さが残る今の時期にもぴったりな美味しさ。良いですねぇ〜。
posted by 坂本竜男 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年09月23日

珈琲Chibaのくりまる2022

22.9.231.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのくりまる。秋定番のブレンドだ。
 今年のくりまるは例年よりも焙煎が深め。香りも味わいも、より深みがあって秋にぴったり。淹れるときにその深みを調整しながら、色々な楽しみ方をしたくなる。じっくり淹れて深みを際立たせてもよし、ライトに淹れてかろやかさを楽しむのもよし。コーヒーの楽しみが広がりますね。
posted by 坂本竜男 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年09月01日

アルスオブ珈琲のエスプレッソソーダ

22.9.1-3.jpg

 今日も仕事の合間にアルスオブ珈琲さんへ。前から気になっていた、エスプレッソソーダを注文した。
 エスプレッソをソーダで割ったエスプレッソソーダーは、以前大手メーカーがペットボトルで出していたが、ちょっと微妙な印象だった記憶があった。しかし、こちらは別物だ。
 エスプレッソの心地よい苦味と炭酸の爽快さが相まって、自分が知っているエスプレッソとは全く違う味わい。苦味だけでなくどこかフルーティーな酸味や甘味も感じつつ、炭酸の爽快さとともに喉を駆け抜けていく。クセになる美味しさだ。これはリピート決定!また買いに行こう!
posted by 坂本竜男 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年08月28日

アルスオブ珈琲のカフェ・ラテ

22.8.2781.jpg

 今日は昼食後、アルスオブ珈琲さんで一息。カフェ・ラテをいただいた。
 香り豊かで味わい深く、ホッとする美味しさ。最初の一口から後味まで、ずっと美味しい。この余韻がたまらない。市内だから気軽に立ち寄りやすいのも魅力。地元における、こういったお店の存在は大事だね。
posted by 坂本竜男 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年08月13日

アルスオブ珈琲のカプチーノ

22.8.136.jpg

 食後は、締めにコーヒーが飲みたくなって、アルスオブ珈琲さんへ。カプチーノを注文した。
 いつもよく飲んでいる、あだち珈琲さんにも負けない美味しさ。香り豊かで味わい深く、コクとさわやかな後味がとても印象的。食を締め括るのにふさわしい美味しさだ。気軽に寄れるところにオープンされて、本当にありがたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年08月07日

アルスオブ珈琲のザ・ブレンド

22.8.71.jpg

 今朝のコーヒーは、アルスオブ珈琲さんのザ・ブレンド。焙煎は中煎でバランスがよく、毎日飲みたくなるスッキリした美味しさ。これは良い!
 アルスオブ珈琲さんは、鳥栖市民待望の鳥栖初の自家焙煎の珈琲店。今月に真木町にオープンしたばかり。鳥栖初だけあって、かなり力が入ったお店作り。定期的に行きたいお店です。
posted by 坂本竜男 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年07月15日

alu coffeeのアイスコーヒー

22.7.152.jpg

 食事の後は、alu coffeeさんで一息。
 このお店はデザイン会社「株式会社スタンス」がプロデュース・運営しているカフェだそう。店名も、「ただそこに或る」「と或る珈琲店」という意味が込められているのだそうだ。
 注文したのはアイスコーヒー。焙煎は中深。これが想像以上に美味しくてびっくり。ワインを思わせる豊かな味わいが心地よい。甘味と酸味のバランスが絶妙だ。これはかなり美味い!
 お店の方の接客はとても感じが良く、お店の雰囲気も素敵。これはまた行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年06月17日

珈琲Chibaの雨豆

22.6.171.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんの雨豆。梅雨のジメジメを吹き飛ばすサッパリ&スッキリ感。しかし味わい深く、やさしい美味しさ。今日は幸い天気は良かったけど、これを飲んだ後は雨の日でもさわやかに臨めそう。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 17:39| Comment(5) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年04月29日

あだち珈琲の深煎りブレンド

22.4.292.jpg

 今朝のコーヒーは、あだち珈琲さんの深煎りブレンド。10年以上買い続けているが、実は初めての購入だ。
 深煎りとはいえ、深すぎることなく、豆の良さも生きるいい塩梅の焙煎だ。香ばしく、香り豊かで酸味はかなり控えめ。しかし、良い意味で軽さがあるのが嬉しい。同じ深煎りであるコスパ最強のアウトレットブレンドと比べると、より方向性が明確になった上質感を感じる。これはかなり美味いです。
posted by 坂本竜男 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年03月28日

珈琲Chibaのペルー エル・カフェタル農園

22.3.281.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのペルー エル・カフェタル農園。COE(カップ・オブ・エクセレンス)受賞豆だ。
 香ばしい豊かな香りと、心地よい甘みが印象的。しっかりした旨味、さわやかな後味。さすがCOE受賞豆!上質な美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年03月21日

TOMOMO COFFEEのホンジュラス ラ・ルス・デ・サンファニーニョ

22.3.2089.jpg

 地場産くるめの後は、またまた配本。TOMOMO COFFEEさんへ。
 新しい豆がいろいろ入荷している中、ホンジュラス ラ・ルス・デ・サンファニーニョを注文。焙煎は中深。かろやかでほんのりと甘く飲みやすいが、コクと旨味は何気にしっかり。春にぴったりの美味しさ。大好きな味だ。この豆の産地は標高が1,700〜2,000mと高め。それゆえの焙煎の難しさはあると思われるが、やはり旨味がしっかり詰まっていて、かろやかでもペラッとしていないしっかりした良さがある。産地の標高のチェックは欠かせないね。
posted by 坂本竜男 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年03月19日

珈琲Chibaのつくしん坊

22.3.191.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのブレンド「つくしん坊」。
 軽やかでやさしく、ほんのりとした甘味が心地よい美味しさ。春にぴったりのコーヒーだ。そして、日常的に飲みたくなる美味しさとも言える。一日のスタートを切るのにもぴったりだね。
posted by 坂本竜男 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年03月17日

手音のコーヒーという「特別」

22.3.173.jpg

 ラーメンのあとは、手音さんでコーヒー。いつものように深煎り(というより極深)のブレンド「薫」をいただいた。
 実はここ数年、家で飲むコーヒーは中深くらいの焙煎が丁度よく、浅煎りや極深煎りはあまり飲まなくなってしまっていた。だが、特別なお店で飲む極深はやはり美味しく、他には変え難い魅力がある。手音さんのコーヒーはまさにそんな存在なのだ。
 一時はお店の味を自宅でも再現したくて散々挑戦したのだが、当たり前だがお店には敵わない。そのうちに家で毎日飲むコーヒーはもう少し焙煎は浅くい方が具合が良いな〜という感じになり、極深煎りのコーヒーは手音さんだけで飲むようになった。だから、手音さんで飲むコーヒーは「特別」な存在なのだ。
posted by 坂本竜男 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年03月14日

配本のお供

22.3.142.jpg

 エゴイスタスvol.42の配本初日は、あだち珈琲さんのコーヒーをお供にスタート。この一杯があるおかげで、配本もいつも以上に具合が良い。美味いコーヒーを飲みながら回るって、いろいろな意味で良いものだ。今更ではあるが、これは習慣にすべきだな。
posted by 坂本竜男 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2021年12月31日

今年最後のコーヒー買い出し

21.12.311.jpg

 今年最後のコーヒー豆買い出しは、もちろん、あだち珈琲さん。久留米店でいつものように、アウトレットブレンドを500g買う。サービスのカプチーノが染み入る美味さだ。
 これで美味しいコーヒーと共に2022年を迎えることができる。気がつけば、すっかりコーヒーが日常に溶け込んでしまってるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2021年12月25日

TOMOMO COFFEEのサンタブレンド

21.12.254.jpg

 今夜はクリスマスということもあり、TOMOMO COFFEEさんのサンタブレンドをお供に。もちろん、クリスマスまでの期間限定ブレンドだ。中南米・アフリカ・東南アジアと代表的なコーヒー産地の豆をブレンドした、ワールドワイドなブレンドでもある。
 焙煎は中深。味わいのかろやかさが印象的。酸味と苦味は控えめ。甘味とコクが軽やかに広がる。ケーキとの相性も抜群。美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

珈琲Chibaのトナカイさん

21.12.251.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんのトナカイさん。今の時期限定のブレンドだ。
 焙煎は結構深め。心地よい苦味と甘み、コクのバランスが絶妙。多くの人がスッと入っていけるやさしさがある。このやさしさはChibaさんならでは。間違いなくクリスマスには特にぴったりのコーヒー。寒い冬でもホッコりする美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2021年12月24日

TOMOMO COFFEEのイエメン ハラーズ

21.12.242.jpg

21.12.243.jpg

 今日の締めくくりは、久留米市北野町のTOMOMO COFFEEさん。
 「珍しい豆が入ったので、飲んでみませんか」と言われ、いただいのはイエメン ハラーズ。珍しいだけでなく、高級な豆だ。
 口に含んだ瞬間、甘い香りが軽やかに広がる。味わいも軽やかで、果実を思わせる甘味が印象的。軽やかなのにしっかり感があって、味に力がある。初めて味わう美味しさだ。コーヒーの幅広さを改めて実感。やっぱりコーヒーは面白いね。
posted by 坂本竜男 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ