2018年11月08日

FUKUOKA COFFEE BOOK

18.11.84.jpg

 書店で手に取ったら、エゴイスタスでもお馴染み、あだち珈琲さんやcoffee月白さんなど縁の深いお店がいくつも載ってるので、迷わず購入。福岡の旬のコーヒーショップが目白押し。興味深いコーヒーのプロ同士の対談や、老舗から新しいお店の紹介、コーヒーの基礎知識、コーヒーパスポートと、かなりの充実度。福岡およびその周辺在住のコーヒー好きにはたまらない一冊。
 この本を見ると、改めて福岡県のコーヒーの尋常ではない充実度の高さが伺える。ますますコーヒー好きに拍車がかかりそうです。
posted by 坂本竜男 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

あだち珈琲 八女店にて

18.11.81.jpg

18.11.82.jpg

18.11.83.jpg

 仕事の合間に、旧寺崎邸で一息。あだち珈琲八女店でカプチーノをいただく。
 喫茶スペースは土間に移され、以前とはまた違った趣。土間でいただくカプチーノも乙なものです。
posted by 坂本竜男 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月06日

コレスのゴールドフィルターが…

 我が家で愛用しているコレスのゴールドフィルター。コーヒーを淹れるのにペーパーフィルター、ネル、ステンレスメッシュ、フレンチプレスと色々試したが、トータルで一番しっくりきたのがこのフィルターである。
 このフィルターで淹れるコーヒーは味も香りも最高なのだが、唯一の欠点がフィルターホルダーである。穴が空いた透明アクリルをコの字に曲げたもので、使っていくうちに曲げている部分が広がってしまう。なんとかならないものかと思っていたら、いつのまにか改良されていた。

126477160.jpg

 あぁ、これなら問題解決。このフィルターホルダーだけ、売ってくれないかな…。
posted by 坂本竜男 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月02日

豆香洞 ニカラグア ロスヒルゲロス農園

18.11.2-1.jpg

 今朝は久しぶりに豆香洞のコーヒー。ニカラグア ロスヒルゲロス農園。香り豊かで程よい苦味とほのかな甘み。そして後味はスッキリ。流石の美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年10月18日

久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをする

18.10.172.jpg

 久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをした。メンテナンスといっても掃除をして拭き上げただけである。
 しかし、これだけで結構違う。毎日コーヒーを飲んでいるとはいえ、細かなコーヒーの粉がどうしてもあちこちに残る。これらが酸化して、雑味やイヤな酸味の原因になる。挽き味も落ちる。そこでハケや筆を使って丁寧に掃除をしていく。そのあと、全体を綺麗に拭き上げる。見た目もキレイになるし、味も良くなる。それに、メンテナンス中はコーヒーの香りが部屋じゅうに広がる。これもまたいいものだ。
 愛用しているミルは10数年前に譲り受けた、扶桑軽合金のMY BLEND W-301。今は製造していないが、その挽き味はなかなかのもの。今の数千円で売られている製品よりも挽きムラが少ない印象だ。使い込まれたものを譲り受けたので、塗装はハゲているしスレも多いが、未だ現役。いいミルである。
 これで明朝のコーヒーの味も美味しくなるはず。明日の楽しみが一つ増えたな。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年10月03日

珈琲Chibaのマンデリン ビンタン リマ

18.10.3-1.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaのマンデリン ビンタン リマ。深煎り。久しぶりのマンデリンだ。
 味は深煎りならではの香ばしさと程よい苦味、そしてコク。それが爽やかに抜ける。深いのにスッキリ軽やか。この軽やかさが良い。良いですね〜。
posted by 坂本竜男 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年09月19日

手音にて

18.9.192.jpg

18.9.193.jpg

 コーヒーのある風景。この空間だけ、時間の流れが違うようだ。
posted by 坂本竜男 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年09月15日

コーヒーカウンティのアイスコーヒー

18.9.145.jpg

 コ=ヒーカウンティで水出しアイスコーヒーをいただく。ちょっと蒸し暑い今日のような日には、特に染み入るように響く美味さ。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年08月10日

ベトナムのジャコウネココーヒー

18.8.1014.jpg

 Tohkaさんで高価なことでも有名な、ジャコウネココーヒーをいただいた。ベトナム産以外にもインドネシア産が有名で、ジャコウネコがコーヒー豆を食べて未消化で糞としてできてきたものを回収、洗浄、焙煎を施したものである。一般的にはとても高価(場所によっては一杯5,000円以上!)なことでも知られている。
 ちなみに、現地では高価な故に偽物も多く出回っているそうだが、これはCa Che Chonという、信頼できるメーカーの銘柄である。
 味は、良くも悪くもコーヒーっぽくない味わいと感じる人が多いかもしれない。ある意味にお茶に近いともいえる味わいだが、お茶にはないコクや香ばしさがある。そして、スペシャルティコーヒーとは別の種類のフルーティさが感じられる。コーヒーの幅が広がり、様々なコーヒーが飲めるようになった今、昔の苦いコーヒーが苦手だった人にもお勧めできる。この珍しくて高価なコーヒーを、Tohakさんではびっくりするような安価で飲むことができる。機会があったら、是非お試しあれ。
posted by 坂本竜男 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年07月24日

あだち珈琲 サービスのアイスコーヒー

18.7.241.jpg

 今日は半月に一回のコーヒー豆の買い出し。もちろん、あだち珈琲さんである。
 豆を買うと、サービスでカプチーノかアイスコーヒーをいただける。いつもはカプチーノなのだが、この暑さなので今日はアイスコーヒー。身体に染み入る美味さとはこのこと。この暑さが、さらにその美味さを際立たせる。猛暑の中の、さわやかなひととき。
posted by 坂本竜男 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年07月05日

珈琲Chiba コロンビア サン・ヴィセンテ農園

18.7.5-2.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaさんの「コロンビア サン・ヴィセンテ農園」。2017年のカップオブエクセレンス・ウィナーだ。
 軽やかで豊かな香り。やわらかな甘みの中に品のいい酸味が少し。飲んだ後もいい余韻が続く。飲めば飲むほどその美味しさが増していく感じだ。さすがカップオブエクセレンス2017。素晴らしい!
posted by 坂本竜男 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ちょっと古いコーヒーミルを試す

18.7.5-1.jpg

 珈琲Chibaさんで、ちょっと古いコーヒーミルを試す機会に恵まれた。いずれも今は作っていないものばかりである。メーカーは存在するが、その製品自体は無くなったもの。メーカーそのものが無くなったものなど、様々である。
 今回、印象的だったのはペデ(PeDe Dienes)のミルだった。世界で最も評価の高いと言われるザッセンハウスに吸収合併されて今はないが、とても素晴らしかったのだ。
 この挽き味は言葉で言い表すのが難しい。豆を一気に巻き込むように挽いていく。挽き終わるのも早いし、そのときのトルク感はほかでは味わったことがない。ペデに比べると、ザッセンハウスはちょっと軽い。そして遅い。フソーはさらに軽く、さらに挽き終わるのに時間がかかる。
 ちなみに、これらのミルはいずれも数十年経った古いミルだが、最近の5千円くらいのミルよりははるかに挽き味がいい。そして挽きムラも少なめだ。昔の道具はとても優秀なものが多いが、これはコーヒーミルにもそのまま当てはまるようだ。我が家のミルもフソーの評価が高い製品。ペデやザッセンハウスほどではないが、十分優秀だ。昔の道具に学ぶことは多い。
posted by 坂本竜男 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月27日

COFFEE COUNTYのホンジェラス トリプレA農園

18.6.274.jpg

 今日、COFFEE COUNTYで買ったばかりの豆、ホンジェラス トリプレA農園を早速いただく。焙煎はダークローストである。
 しっかりしたボディの中にほんのりとフルーティな甘みがある。シングルとは思えない、上質で複雑さと力強さを持っている。とても美味しい。
 このトリプレA農園は標高が1,650mと高め。前にも標高が高いところの農園の豆がこんな感じだった。標高が高いところの豆の特徴だろうか。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ハンドドリップの醍醐味

18.6.271.jpg

 石橋文化センターのあとは、COFFEE COUNTYへ。
 この暑い中、ホットコーヒーを頼んでしまうのは、好きだからというのもあるが、コーヒーを淹れているところを眼の前で観れることも大きい。同じお店でも人が変わると淹れ方も変わる。もちろん豆でも変わる。ハンドドリップはそれが一番、わかりやすく出るから面白い。
 最初のお湯の注ぎ方、蒸らす時間、そのあとのお湯の注ぎ方。全てが違う。しっかりとしたセオリーはある。しかし、おそらく完全な正解はない。さて、このハンドドリップを見た上で、どう淹れてみようか…。
posted by 坂本竜男 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月18日

手音のアイスコーヒー

18.6.183.jpg

18.6.184.jpg

 福岡配本の締めくくりは手音。今日は久しぶりにアイスコーヒーを注文。じっくり丁寧に淹れたコーヒーをマドラーに入れ、氷の上で回転させながら冷やす作業も見入ってしまう。こんなアイスコーヒーが美味しくないわけがないじゃないか。
posted by 坂本竜男 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年06月17日

coffee月白のアイスコーヒー

18.6.178.jpg

 coffee月白さんに来たからにはコーヒーは必須。今日のような暑い日は水出しアイスコーヒーが美味い。豆はブラジル。香り豊かで軽やか。ほんのりした甘さが印象的。ワイングラスで飲めば、さらにおいしさが広がります。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年05月29日

定番をふるまう

18.5.291.jpg

 我が家のコーヒーを楽しみに来られるお客様が結構多い。とても嬉しいことなのだが、我が家で常備しているコーヒーは、あだち珈琲さんのアウトレットブレンドで、一番お買い得な豆である。クォリティは高いが価格はリーズナブル。我が家の定番である。
 その定番を喜んでいたけることがまた嬉しいのだ。大事なもの、好きなものを共有していただける喜びとでも言おうか。普段口にしないような高級なものをふるまって喜んでいただくよりも、はるかに嬉しいことのように思う。
 定番をふるまう。勇気がいることかもしれないが、喜んでいただけた時、こんなに嬉しいことはない。
posted by 坂本竜男 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月22日

あだち珈琲のコロンビア タブロン・デ・ゴメス

18.4.229.jpg

 今日のコーヒーは、あだち珈琲のコロンビア タブロン・デ・ゴメス。オレンジを思わせるフルーティな甘み、それにビターなコクが加わり、軽やかなのにしっかりした味わい。まさに絶妙のバランス。とても美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月20日

花音花夢のエチオピア

18.4.205.jpg

 展示会を楽しんだ後は、店内で一息。エチオピアをいただく。程よい酸味と苦味のバランスが心地よい。緑の溢れる気持ちの良い空間で飲むコーヒーは本当に贅沢。イベント期間限定のマフィンもまた美味しい。やっぱり、期間中にもう一度行かなきゃな。
posted by 坂本竜男 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年04月03日

珈琲ChibaのブルーマウンテンNo.1

18.4.3-1.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲ChibaのブルーマウンテンNo.1。フルーティーな中にほどよい苦みがあって、すっきりしているのに味わい深い。品のいい美味しさ。新年度のスタートにぴったりのコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ