2019年01月13日

あだち珈琲 ボリビア ウチュマチ

19.1.135.jpg

 今日のコーヒーは、あだち珈琲 ボリビア ウチュマチ。アーモンドを思わせる香ばしさの中に、アップルやチェリーのようなフルーティさが広がる。これは大好きな味!美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年01月04日

今年の初コーヒー

19.1.4-1.jpg

 今年初の外で飲むコーヒーは、久留米のしのはら珈琲。今は少なくなった、サイフォンで淹れる自家焙煎のコーヒーは貴重。いつもながら、美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月31日

珈琲Chibaの新春豆ししまる

18.12.311.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaの新春豆「ししまる」。ホントは明日飲む予定だったけど、豆を切らしてしまったので一足早い新春豆。
 ナッツを思わせる味わいと軽やかさが魅力のブレンド。スタートダッシュできそうな、そんなコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月30日

ペデ コーヒーミルを使ってみて

 フソーからペデのコーヒーミルに替えて二日目。
 軽快な挽き味のフソーに対し、トルクのある挽き味のペデ。正直、女性では挽くのは少々大変かもしれない。ペデは一度に豆を巻き込んで挽く量が多いのだ。普通ならこの量の豆を挽くのは大変だが、ペデは刃の切れ味が抜群なので、一気に挽き切ってしまう。

18.12.303.jpg
 写真では少しわかりにくいが、ペデは歯の形状が国内メーカーとは大違い。今はザッセンハウスに受け継がれているが、当時のペデの歯はいまのザッセンハウスよりも優れているという専門家も多い。

18.12.302.jpg
 挽いた豆は見事にカットされている。挽きむらもフソーより少ない。引き出しが大容量なのも嬉しい。

 ペデのコーヒーミルは本当にいい買い物だった。今は普段と違う豆なので味の変化はわからないが、いつものあだちさんの豆になったときに、ミルの違いが味に出るのがわかるだろうと思う。コーヒーがますます楽しくなった。
posted by 坂本竜男 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

珈琲Chibaのハワイ コナ グリーンウェル農園

18.12.301.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaのハワイ コナ グリーンウェル農園。上品なナッツの風味と、いい具合の滑らかな甘み。しっかりしたボディなのに重くなく、適度な軽やかさがあって心地よい。久しぶりのコナコーヒーだけど、これも流石に美味いねぇ。
posted by 坂本竜男 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月29日

「PeDe Dienes」社のミルを購入する

18.12.291.jpg

 珈琲Chibaさんで「PeDe Dienes」社のミルを購入した。以前、試し挽きをさせていただいたアンティークミルである。
 「PeDe Dienes」社は、ザッセンハウス社に吸収合併されて、今はもうない。だが、その高い技術はザッセンハスのミルの歯に残されている。その挽き味は少々トルクがかかるものの、他のミルよりもスピーディーで挽いた豆も均一。アンティークなのに、とても優れたミルなのだ。いや、手動ミルに関しては、アンティークだからこそ質が高いのかもしれない。これからコーヒーを淹れるのが、ますます楽しくなるな。
posted by 坂本竜男 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月22日

TOMOMO COFFEEのパプアニューギニア ガウリ・ケニー農園

18.12.2116.jpg

 昨日の締めは久留米北野町のTOMOMO COFFEE。パプアニューギニア ガウリ・ケニー農園をいただく。
 パプアニューギニアの豆はあまり馴染みがなかったが、これは大当たり。香ばしい香りの中に、程よい酸味といい甘みが広がる。かなり好きな味だ。これからパプアニューギニアの豆もチェックしなければ。
posted by 坂本竜男 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月20日

朝倉のジャズ喫茶 古処が年内で閉店

 今日、配本先で朝倉のジャズ喫茶 古処が年内で閉店というニュースが飛び込んできた。
 ジャズ喫茶 古処は、むかし僕がお世話になったお店で、ライブやレコードコンサートなど数々のイベントに関わらせていただいていた。しかし、ここ数年は仕事の関係もあって、お店には行けずじまい。年内閉店とのニュースを聞いて、慌てて駆けつけたのだ。

18.12.205.jpg

18.12.206.jpg

18.12.207.jpg

18.12.208.jpg

 お店は以前と同じように、JBLのパラゴンが気持ちのいい音でジャズを奏でていた。相変わらずレコードで、そのときそのときのマスターの気分で音楽が変わる。コーヒーを飲みながら、ジャズに浸るのは気持ちがいい。久しぶりに、その心地よさに浸った。
 最近、お店には行けてなかったとはいえ、閉店となるとさすがに寂しいものだ。でも、マスターも高齢だし、レコードやオーディオの引き取り先も決まっている。51年も続いたお店なので残念ではあるが、いい引き際なのかもしれない。最後にお店に行くことができて、本当に良かった。マスター、お疲れ様でした。
posted by 坂本竜男 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

手音にて…

18.12.202.jpg

18.12.203.jpg

 福岡配本の締めくくりは手音。ネルで一杯ずつ丁寧に淹れる極深のコーヒーは、いつもながら至極の味わい。ここでしか飲めない味です。

18.12.204.jpg

 雨が降り出してあいにくの天気だったけど、こんな天気だからこそ楽しめる店内の表情がある。これもまた、手音の魅力じゃないかな。
posted by 坂本竜男 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月19日

COFFEE COUTYのコロンビア ラス・プエルタス

18.12.191.jpg

 今朝のコーヒーは、COFFEE COUTYのコロンビア ラス・プエルタス。ニュークロップのコロンビア2種をブレンドした、シングルよりもさらに深みのある豆だ。ほどよい酸味と上質な甘み、そしてしっかりしたボディ。この豆はかなり好みです。美味しい!
posted by 坂本竜男 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月17日

COFFEE COUNTYのエチオピア ゲイシャ

18.12.172.jpg

 撮影が終わった後は、COFFEE COUNTYで一息。贅沢をしてエチオピア ゲイシャをいただく。
 高級なコーヒー豆として知られるゲイシャといえばパナマが有名だが、このエチオピアもかなりのもの。軽やかなのに味わい深い。シングルとは思えない複雑な味だ。温度変化で味もどんどん変わる。冷めていくにつれて甘みが増していく。時間をかけて変化を楽しみながら飲むのもいいし、好みの味になったところで一気に味わうのもまたよし。楽しみ方の幅が広い贅沢なコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月01日

久しぶりのcoffee月白

18.11.301.jpg

18.11.302.jpg

 昨日は朝から福岡で打ち合わせだったので、その帰りに久しぶりにcoffee月白へ。
 いつものようにおまかせでおすすめの一杯をいただく。一杯一杯を丁寧にネルドリップで淹れたコーヒーは格別。やっぱり、良いです。

18.11.303.jpg

 ちなみに当日は編み物のイベント(展示)の真っ最中。というわけで、いつもとはまた違う雰囲気とお客さん。そのときそのときでガラッと空間が変わるのも、このお店の面白いところだ。さて、今度は……?
posted by 坂本竜男 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月24日

ムトー商店でたっぷりサイズのコーヒーを楽しむ

18.11.232.jpg

 ランチのあと、次の仕事まで時間があったのでムトー商店へ。時間に余裕があるので、本日のコーヒーをたっぷりサイズでいただく。ちなみに豆はニカラグア。程よい酸味とコクが心地よい。これをたっぷりサイズで、ゆっくりいただくのは何気に贅沢。こんなゆっくりしたお昼もたまには良いね。
posted by 坂本竜男 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月08日

FUKUOKA COFFEE BOOK

18.11.84.jpg

 書店で手に取ったら、エゴイスタスでもお馴染み、あだち珈琲さんやcoffee月白さんなど縁の深いお店がいくつも載ってるので、迷わず購入。福岡の旬のコーヒーショップが目白押し。興味深いコーヒーのプロ同士の対談や、老舗から新しいお店の紹介、コーヒーの基礎知識、コーヒーパスポートと、かなりの充実度。福岡およびその周辺在住のコーヒー好きにはたまらない一冊。
 この本を見ると、改めて福岡県のコーヒーの尋常ではない充実度の高さが伺える。ますますコーヒー好きに拍車がかかりそうです。
posted by 坂本竜男 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

あだち珈琲 八女店にて

18.11.81.jpg

18.11.82.jpg

18.11.83.jpg

 仕事の合間に、旧寺崎邸で一息。あだち珈琲八女店でカプチーノをいただく。
 喫茶スペースは土間に移され、以前とはまた違った趣。土間でいただくカプチーノも乙なものです。
posted by 坂本竜男 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月06日

コレスのゴールドフィルターが…

 我が家で愛用しているコレスのゴールドフィルター。コーヒーを淹れるのにペーパーフィルター、ネル、ステンレスメッシュ、フレンチプレスと色々試したが、トータルで一番しっくりきたのがこのフィルターである。
 このフィルターで淹れるコーヒーは味も香りも最高なのだが、唯一の欠点がフィルターホルダーである。穴が空いた透明アクリルをコの字に曲げたもので、使っていくうちに曲げている部分が広がってしまう。なんとかならないものかと思っていたら、いつのまにか改良されていた。

126477160.jpg

 あぁ、これなら問題解決。このフィルターホルダーだけ、売ってくれないかな…。
posted by 坂本竜男 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年11月02日

豆香洞 ニカラグア ロスヒルゲロス農園

18.11.2-1.jpg

 今朝は久しぶりに豆香洞のコーヒー。ニカラグア ロスヒルゲロス農園。香り豊かで程よい苦味とほのかな甘み。そして後味はスッキリ。流石の美味しさです。
posted by 坂本竜男 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年10月18日

久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをする

18.10.172.jpg

 久しぶりにコーヒーミルのメンテナンスをした。メンテナンスといっても掃除をして拭き上げただけである。
 しかし、これだけで結構違う。毎日コーヒーを飲んでいるとはいえ、細かなコーヒーの粉がどうしてもあちこちに残る。これらが酸化して、雑味やイヤな酸味の原因になる。挽き味も落ちる。そこでハケや筆を使って丁寧に掃除をしていく。そのあと、全体を綺麗に拭き上げる。見た目もキレイになるし、味も良くなる。それに、メンテナンス中はコーヒーの香りが部屋じゅうに広がる。これもまたいいものだ。
 愛用しているミルは10数年前に譲り受けた、扶桑軽合金のMY BLEND W-301。今は製造していないが、その挽き味はなかなかのもの。今の数千円で売られている製品よりも挽きムラが少ない印象だ。使い込まれたものを譲り受けたので、塗装はハゲているしスレも多いが、未だ現役。いいミルである。
 これで明朝のコーヒーの味も美味しくなるはず。明日の楽しみが一つ増えたな。
posted by 坂本竜男 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年10月03日

珈琲Chibaのマンデリン ビンタン リマ

18.10.3-1.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaのマンデリン ビンタン リマ。深煎り。久しぶりのマンデリンだ。
 味は深煎りならではの香ばしさと程よい苦味、そしてコク。それが爽やかに抜ける。深いのにスッキリ軽やか。この軽やかさが良い。良いですね〜。
posted by 坂本竜男 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年09月19日

手音にて

18.9.192.jpg

18.9.193.jpg

 コーヒーのある風景。この空間だけ、時間の流れが違うようだ。
posted by 坂本竜男 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ