2019年05月18日

あだち珈琲 アルチザンブレンド

19.5.181.jpg

 今朝のコーヒーは、あだち珈琲さんのアルチザンブレンド。ケニアの深煎りをブレンドしたこの豆は、チョコのような味わいの中に、ベリー系のさわやかな酸味が広がる。ひさしぶりに飲んだけど、やはり美味しい!
 今のスペシャルティコーヒーは農園指定のシングルが主流だが、ブレンドはそれぞれのお店のセンスと技術、個性がよくわかるので、個人的には大好きだ。そして、アルチザンブレンドはまさに、あだちさんのセンスと個性、技術の高さが光るブレンドだ。素晴らしい!
posted by 坂本竜男 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月28日

珈琲Chiba つくしん坊

19.3.281.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaのブレンド「つくしん坊」。春のブレンドらしく、香ばしさの中に心地よい柔らかな酸味と甘みが広がる。そして、とても軽やか。気持ちも明るくなるようなブレンド。美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月27日

珈琲Chiba エチオピア モカ シャキッソ タデ農園

19.3.276.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chiba エチオピア モカ シャキッソ タデ農園。モカならではのコク、そして印象的なのはフルーティでさわやかな抜け感。柔らかな味わいながら、飲み口は滑らかで赤ワインのよう。これは美味しい!!!飽きない味です。

posted by 坂本竜男 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月19日

コーヒーカウンティのコロンビア(ダークロースト)

19.3.191.jpg

 ここ数年、買うコーヒー豆はブレンドが圧倒的に多いが、そんな中で存在感の光るシングルに出会うことは多々ある。
 そのひとつがコーヒーカウンティのコロンビアだ。今主流の浅煎りではなく、ロースターの技術がよりはっきり出る深煎り。やわらかくコクがあり、余韻に深みがある。コロンビアはメジャー中のメジャーだが、ここのは一味違う。かなり美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月16日

ムトー商店のピーチカフェラテ

19.3.161.jpg

 今日は朝(?)から柳川のムトー商店でピーチカフェラテを楽しむ。春限定のカフェラテだ。いいおじさんが楽しむには可愛すぎる感じだが、美味しいのだから仕方がない。カフェラテのコクに甘酸っぱさが加わるのがなんとも良い。若い女の子は間違いなく似合うが、ちゃんとおじさんも楽しめます。
posted by 坂本竜男 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月08日

今日のあだち珈琲のカプチーノ

19.3.88.jpg

 篠山神社の後は、あだち珈琲久留米店。いつもの豆を購入し、サービスのカプチーノでちょっと一息。
 毎回、このカプチーノは豆が変わるのだが、今日はいつもよりも苦味があるものの、それが良い具合に心地よく、軽やかさすらある。これもまた美味しい。このカプチーノも豆を買う時の楽しみの一つ。ちょっとした贅沢です。
posted by 坂本竜男 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年02月25日

カフェ・ド・サトウのマイルドブレンド

19.2.253.jpg

 今日は柳川のカフェ・ド・サトウ。ジャズライブを定期的に開催しているお店でもある。
 ここのコーヒーは、かなり深めの焙煎のブレンドを丁寧にネルドリップで淹れる。やわらかな甘みの後にくる、心地よい苦味がいい。この苦味は最近味わっっていない苦味だ。ひょっとしたら、こんなコーヒーを出すお店は最近はあまりないかも。何気に貴重です。
posted by 坂本竜男 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年01月26日

仕事の合間の一杯

19.1.261.jpg

 今日は3連続打ち合わせ。しかし、少し時間ができたので、旧寺崎邸内のあだち珈琲八女店でひと息。エチオピア イルガチェフェをいただく。エチオピア イルガチェフェは僕の大好きな豆の一つ。フルーティな酸味と香りにしっかりしたボディ。さすがの味です。この一杯に癒されます。
posted by 坂本竜男 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年01月13日

あだち珈琲 ボリビア ウチュマチ

19.1.135.jpg

 今日のコーヒーは、あだち珈琲 ボリビア ウチュマチ。アーモンドを思わせる香ばしさの中に、アップルやチェリーのようなフルーティさが広がる。これは大好きな味!美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年01月04日

今年の初コーヒー

19.1.4-1.jpg

 今年初の外で飲むコーヒーは、久留米のしのはら珈琲。今は少なくなった、サイフォンで淹れる自家焙煎のコーヒーは貴重。いつもながら、美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月31日

珈琲Chibaの新春豆ししまる

18.12.311.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaの新春豆「ししまる」。ホントは明日飲む予定だったけど、豆を切らしてしまったので一足早い新春豆。
 ナッツを思わせる味わいと軽やかさが魅力のブレンド。スタートダッシュできそうな、そんなコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月30日

ペデ コーヒーミルを使ってみて

 フソーからペデのコーヒーミルに替えて二日目。
 軽快な挽き味のフソーに対し、トルクのある挽き味のペデ。正直、女性では挽くのは少々大変かもしれない。ペデは一度に豆を巻き込んで挽く量が多いのだ。普通ならこの量の豆を挽くのは大変だが、ペデは刃の切れ味が抜群なので、一気に挽き切ってしまう。

18.12.303.jpg
 写真では少しわかりにくいが、ペデは歯の形状が国内メーカーとは大違い。今はザッセンハウスに受け継がれているが、当時のペデの歯はいまのザッセンハウスよりも優れているという専門家も多い。

18.12.302.jpg
 挽いた豆は見事にカットされている。挽きむらもフソーより少ない。引き出しが大容量なのも嬉しい。

 ペデのコーヒーミルは本当にいい買い物だった。今は普段と違う豆なので味の変化はわからないが、いつものあだちさんの豆になったときに、ミルの違いが味に出るのがわかるだろうと思う。コーヒーがますます楽しくなった。
posted by 坂本竜男 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

珈琲Chibaのハワイ コナ グリーンウェル農園

18.12.301.jpg

 今日のコーヒーは、珈琲Chibaのハワイ コナ グリーンウェル農園。上品なナッツの風味と、いい具合の滑らかな甘み。しっかりしたボディなのに重くなく、適度な軽やかさがあって心地よい。久しぶりのコナコーヒーだけど、これも流石に美味いねぇ。
posted by 坂本竜男 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月29日

「PeDe Dienes」社のミルを購入する

18.12.291.jpg

 珈琲Chibaさんで「PeDe Dienes」社のミルを購入した。以前、試し挽きをさせていただいたアンティークミルである。
 「PeDe Dienes」社は、ザッセンハウス社に吸収合併されて、今はもうない。だが、その高い技術はザッセンハスのミルの歯に残されている。その挽き味は少々トルクがかかるものの、他のミルよりもスピーディーで挽いた豆も均一。アンティークなのに、とても優れたミルなのだ。いや、手動ミルに関しては、アンティークだからこそ質が高いのかもしれない。これからコーヒーを淹れるのが、ますます楽しくなるな。
posted by 坂本竜男 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月22日

TOMOMO COFFEEのパプアニューギニア ガウリ・ケニー農園

18.12.2116.jpg

 昨日の締めは久留米北野町のTOMOMO COFFEE。パプアニューギニア ガウリ・ケニー農園をいただく。
 パプアニューギニアの豆はあまり馴染みがなかったが、これは大当たり。香ばしい香りの中に、程よい酸味といい甘みが広がる。かなり好きな味だ。これからパプアニューギニアの豆もチェックしなければ。
posted by 坂本竜男 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月20日

朝倉のジャズ喫茶 古処が年内で閉店

 今日、配本先で朝倉のジャズ喫茶 古処が年内で閉店というニュースが飛び込んできた。
 ジャズ喫茶 古処は、むかし僕がお世話になったお店で、ライブやレコードコンサートなど数々のイベントに関わらせていただいていた。しかし、ここ数年は仕事の関係もあって、お店には行けずじまい。年内閉店とのニュースを聞いて、慌てて駆けつけたのだ。

18.12.205.jpg

18.12.206.jpg

18.12.207.jpg

18.12.208.jpg

 お店は以前と同じように、JBLのパラゴンが気持ちのいい音でジャズを奏でていた。相変わらずレコードで、そのときそのときのマスターの気分で音楽が変わる。コーヒーを飲みながら、ジャズに浸るのは気持ちがいい。久しぶりに、その心地よさに浸った。
 最近、お店には行けてなかったとはいえ、閉店となるとさすがに寂しいものだ。でも、マスターも高齢だし、レコードやオーディオの引き取り先も決まっている。51年も続いたお店なので残念ではあるが、いい引き際なのかもしれない。最後にお店に行くことができて、本当に良かった。マスター、お疲れ様でした。
posted by 坂本竜男 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

手音にて…

18.12.202.jpg

18.12.203.jpg

 福岡配本の締めくくりは手音。ネルで一杯ずつ丁寧に淹れる極深のコーヒーは、いつもながら至極の味わい。ここでしか飲めない味です。

18.12.204.jpg

 雨が降り出してあいにくの天気だったけど、こんな天気だからこそ楽しめる店内の表情がある。これもまた、手音の魅力じゃないかな。
posted by 坂本竜男 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月19日

COFFEE COUTYのコロンビア ラス・プエルタス

18.12.191.jpg

 今朝のコーヒーは、COFFEE COUTYのコロンビア ラス・プエルタス。ニュークロップのコロンビア2種をブレンドした、シングルよりもさらに深みのある豆だ。ほどよい酸味と上質な甘み、そしてしっかりしたボディ。この豆はかなり好みです。美味しい!
posted by 坂本竜男 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月17日

COFFEE COUNTYのエチオピア ゲイシャ

18.12.172.jpg

 撮影が終わった後は、COFFEE COUNTYで一息。贅沢をしてエチオピア ゲイシャをいただく。
 高級なコーヒー豆として知られるゲイシャといえばパナマが有名だが、このエチオピアもかなりのもの。軽やかなのに味わい深い。シングルとは思えない複雑な味だ。温度変化で味もどんどん変わる。冷めていくにつれて甘みが増していく。時間をかけて変化を楽しみながら飲むのもいいし、好みの味になったところで一気に味わうのもまたよし。楽しみ方の幅が広い贅沢なコーヒーです。
posted by 坂本竜男 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2018年12月01日

久しぶりのcoffee月白

18.11.301.jpg

18.11.302.jpg

 昨日は朝から福岡で打ち合わせだったので、その帰りに久しぶりにcoffee月白へ。
 いつものようにおまかせでおすすめの一杯をいただく。一杯一杯を丁寧にネルドリップで淹れたコーヒーは格別。やっぱり、良いです。

18.11.303.jpg

 ちなみに当日は編み物のイベント(展示)の真っ最中。というわけで、いつもとはまた違う雰囲気とお客さん。そのときそのときでガラッと空間が変わるのも、このお店の面白いところだ。さて、今度は……?
posted by 坂本竜男 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー
Powered by さくらのブログ