2019年12月08日

Good see you ! でちょっと一息

19.12.87.jpg

 打ち合わせの合間に、ちょっと一息。八女市黒木町に、この秋オープンしたばかりのカレーとコーヒーのお店「Good see you !」へ。
 このお店のオーナーさんはあだち珈琲さんの卒業生。チキンカレーが美味しくて評判だが、コーヒーももちろん美味しい。今日はホンジュラスをフレンチプレスでいただいた。
 ちょっと隠れ家的なお店でもあるが、オープンして間もないのにすでに地元のコミュニティにもなっている。貸し出し自由の書籍がカウンターに並んでいたり、一味違うのはメニューだけではないようだ。時々、寄りたくなる良いお店だ。今度はランチをいただきに行かなければ。
posted by 坂本竜男 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

黄金の茶室

 八女伝統工芸館の駐車場に黄金の茶室が展示されていると聞いて、早速行ってきた。

19.12.82.jpg

 表はコンテナ。

19.12.83.jpg

 裏に回ると入口が。

19.12.84.jpg

19.12.85.jpg

19.12.86.jpg

 中に入ると、見事な黄金の茶室が!見事な仕上がりだ。手がけた職人さんの腕の良さが良くわかる。本当に素晴らしい。
 これは、八女の伝統工芸と職人の技術をPRするために、Team Culture Boxの皆さんが作られたもの。具体的には、

石材・・・馬渡石材産業
提灯・・・シラキ工芸
久留米絣・・・坂田織物
弓矢・・・相良弓工房
錺金具・・・入部一臣
蒔絵・・・松本仁邦
竹細工・・・荊尾繁樹
金箔漆・・・おがた佛具店
建具木工・・・井上製作所
設計施工・・・板金加工アズマ


 と、錚々たるメンバー。八女の職人さんたちが、いかに多岐にわたっていらっしゃるかが良くわかる。こう行った試みはぜひ、どんどんやっていただきたい。そして、僕たちはどんどん発信して応援しなければ。
posted by 坂本竜男 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化

MOEGI

19.12.81.jpg

 先日の井上ゆかりさんのライブの時に購入したこのアルバム。ギタリスト 竹中俊二さんとのデュオアルバムである。
 誰もが知る有名な曲がこんなにカッコよくなるんだという、素敵なアレンジとダイナミックな演奏。ワクワクする魅力的なオリジナル曲。とてもライブ感にもあふれ、一気にその世界に引き込まれてしまう。先日のライブを思わせる躍動感だ。これはヘヴィローテーション入り決定だな。
posted by 坂本竜男 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年12月07日

ピークデザイン エブリデイラインがV2に

 ピークデザインのカメラバッグ、エブリデイラインがV2にバージョンアップした。個人的にもエブリデイスリングV1を愛用しているので、今回のバージョンアップは大いに気になるところである。

MKD6281_pdlife-1024x684.jpg

 一番気になるのはエブリデイスリングV2。まず、変わったのがサイズ展開。5Lがなくなり、かわりに6Lに。そして、より小さな3Lが追加されている。これに従来の10Lと、3サイズになった。
 ジッパーはシングルタイプからダブルタイプに変更。僕自身、シングルのわずらわしさを若干感じていたので、これは良い変更だ。
 そして、ショルダーストラップが、V1の10Lタイプと同じものになった。同社カメラストラップで言えば、V1の5Lは一番細いリーシュと同じものだったが、スライドライトと同じものになった。V1ではストラップが自然とゆるむことがあったので、個人的には歓迎だ。
 僕が一番注目しているのは、5Lが6Lになったことだ。実は、今所有している5Lは、GX8にはベストだと思っているが、L型プレートを装着した6D mark IIではかなり厳しいものがあるし、それどころか導入を検討しているG9 PROですら厳しいのでは、と思っていたからである。たった1Lの違いだが、このサイズで20%の違いは大きい。G9 PROを導入したら、真っ先に欲しくなるに違いない。
 今回のバージョンアップは、エブリデイスリングだけ見ても魅力あるものに感じるが、不満がないわけではない。それは色のバリエーション。5Lであとで追加された新色のセージがとても良い色なので、これがなくなっているのは残念だ。これに関しては、後からの追加を期待したい。
posted by 坂本竜男 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年12月06日

福岡市博物館 喫茶・談話室のヘルシー牛サラダ丼

19.12.620.jpg

 ランチは同博物館内の喫茶・談話室。悩みに悩んで、ヘルシー牛サラダ丼を注文。
 野菜たっぷりで牛肉もしっかり。和風ソースが抜群に絡んで、さっぱりしながらもしっかりと食べ応えがある。お肉もやわらかで美味しい。あっという間に食べつくしてしまった。大盛りできないのかな〜。これはオススメです。
posted by 坂本竜男 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

挑む浮世絵 国芳から芳年へ

19.12.61.jpg

19.12.62.jpg

 今日は朝から福岡市博物館。目的の展示は、「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」である。歌川国芳と月岡芳年をはじめとする弟子たちの作品が並ぶ、面白さに満ちた充実の展示だった。

19.12.616.jpg

19.12.617.jpg

19.12.618.jpg

19.12.619.jpg

 今回の展示はボリュウムもさることながら絵草子屋を設けたり、大きなパネルがあったり、楽しめる工夫があちこちに。しかも全て撮影OK。写真に撮ってみて、初めて気づく驚きもある。そういう意味でも興味深い展示となった。

19.12.63.jpg

19.12.64.jpg

19.12.65.jpg

19.12.67.jpg

19.12.68.jpg

19.12.69.jpg

19.12.610.jpg

19.12.611.jpg

19.12.612.jpg

19.12.613.jpg

19.12.614.jpg

19.12.615.jpg

 歌川国芳といえば、ダイナミックな武者絵やユニークな戯画。大胆というか豪胆というか、枠をはみ出さんばかりのエネルギーとデザイン性がある。そして、それと同じくらいにユーモアと洒落っ気があり、とても粋な感じがする。
 月岡芳年をはじめとするたくさんの弟子たちもその素養をしっかり受け継いでいるが、このワクワクするような「面白い」浮世絵を最初に世に出した国芳のすごさをまざまざと見せられた感じだ。やはり、国芳はとんでもない。浮世絵の新たな面白さを堪能できる、素晴らしい展示だった。時間が許せばもう一度行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2019年12月05日

インプットとアウトプット

 インプットとアウトプットのバランスは大事。アウトプットが多い時期(仕事がタイトな時)こそインプットは欠かせないのだが、スケジュールがタイトになってくるとどうしてもインプット作業が足りなくなってくる。
 ちょっと今、そのバランスがアウトプット寄りだ。家の中で得られるものは限りがある。そろそろ外に出かけなければ。
posted by 坂本竜男 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2019年12月04日

サッポロ 黒ラベル〈黒〉2019

19.12.42.jpg

 つづいて同じサッポロの限定醸造、黒ラベル〈黒〉。これも冬の定番。個人的にはヱビスの黒よりも好きな黒ビール。このロースト感と後味の良さが最高。今年もいい出来です。美味しい!
posted by 坂本竜男 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

サッポロ 冬物語2019

19.12.41.jpg

 エゴイスタスの入稿も無事に終わったので、安心して晩酌。
 まずはサッポロ 冬物語。冬の限定醸造、いわゆる定番銘柄。このまろやかなコクはこのビールならでは。今年の出来は特いい感じ。いつも以上に美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

エゴイスタス vol.34 入稿完了

 エゴイスタスvol.34も無事に入稿完了。今回は今年最後の号でもあるので、通常よりも早めの発行予定。来週中旬には発行できそうです。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
Powered by さくらのブログ