2019年03月22日

COMICO ART MUSEUM YUFUIN

 1年半前に湯布院にできた美術館「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」にやっと行くことができた。

19.3.218.jpg

19.3.219.jpg

19.3.2110.jpg

19.3.2111.jpg

19.3.2112.jpg

19.3.2114.jpg

19.3.2113.jpg

19.3.2115.jpg

19.3.2116.jpg

19.3.2117.jpg

19.3.2118.jpg

19.3.2119.jpg

19.3.2120.jpg

19.3.2121.jpg

 隈研吾、村上隆、杉本博司、そして原研哉。これらのビッグネームが作り出す、ミニマムで特別な空間。個人の好み云々は置いておいて、唸らせるものがしっかりあるところはさすがである。
 良いものを作り出すだけでは一流のクリエイターとは言えない。そのように言われている気がした。この美術館は決して僕の好みの方向性ではない。しかし、だからこそ、この美術館には大きな学びがあった。僕に最も必要なものがギッシリと詰まっている場所であるのは間違いない。
posted by 坂本竜男 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2019年03月21日

いつもと違う湯布院配本

 今回の湯布院配本は、今進んでいる湯布院でのあるプロジェクトのあいさつも含めた配本。

19.3.214.jpg
亀の井別荘

19.3.215.jpg
ドルドーニュ美術館

19.3.216.jpg

19.3.217.jpg
玉の湯

 湯布院でのプロジェクトは、もうすぐ何かしらの形でご報告できそうです。
posted by 坂本竜男 at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | egoístas

洋灯舎のハンバーグ

19.3.211.jpg

 湯布院でのランチは、金鱗湖畔にあるレストラン洋灯舎。人気メニューのハンバーグをいただく。
 豊後牛のハンバーグはボリュウムたっぷり。ソースは3種類から選べるが、今回はデミグラスソースをチョイス。ちょっと懐かしい感じもする美味しさ。良いですね〜。
posted by 坂本竜男 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

今日はどっぷり湯布院

 今日は朝からどっぷり湯布院。ギャラリー夢二山荘で打ち合わせをしたあと、エゴイスタス配本。

19.3.212.jpg

19.3.213.jpg

 今回は、珍しく金鱗湖からスタート。由布岳を背に見る金鱗湖は本当に久しぶり(いつもは逆側からばかり)。ここはメジャーな観光地と化しているので、昼間はちょっと異様な光景。やはり、ここは早朝かなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2019年03月20日

GITZO G2220の雲台

 我が家の三脚も、断捨離で3本だけになった。その中で組み合わせる雲台が決まらなかったGITZO G2220。この特殊な三脚の特性を活かすのは、やはりこれしかなかった。

19.3.201.jpg

 GITZO G1275M。純正の組み合わせである。早速、手持ちのクイックリリースクランプを着けて、カメラをセットしてみる。

19.3.202.jpg

 こんなセッティングも思いのまま。G1275Mの可動域はとても広い。そして、思っていた以上に固定力がある。剛性感がある。このあたりはさすがGITZOだ。やはり純正の組み合わせがいいという、至極当たり前の結論。これでWISTAの雲台はまた出番を失った。
posted by 坂本竜男 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2019年03月19日

夢印

19.3.192.jpg

 浦沢直樹の最新作がいつの間にか出版されてたので購入。しかも豪華版。久しぶりのコミック購入である。
 賛否両論分かれている作品だが、確かにそのどちらの意見もわかる気がする。個人的には、全体を通しての軽快さはよかった。謎を残して終わるところ、伏線をいろいろと張っておいて結構そのまま…というのも浦沢作品らしい。マスターキートンと比べると、ちょっと物足りないけど個人的にはアリ。ただ、豪華版で買うほどでもなかったかな?
posted by 坂本竜男 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック

コーヒーカウンティのコロンビア(ダークロースト)

19.3.191.jpg

 ここ数年、買うコーヒー豆はブレンドが圧倒的に多いが、そんな中で存在感の光るシングルに出会うことは多々ある。
 そのひとつがコーヒーカウンティのコロンビアだ。今主流の浅煎りではなく、ロースターの技術がよりはっきり出る深煎り。やわらかくコクがあり、余韻に深みがある。コロンビアはメジャー中のメジャーだが、ここのは一味違う。かなり美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2019年03月18日

夜のコーヒーサロンはら

19.3.188.jpg

 大牟田配本の締めくくりは、コーヒーサロンはら。うす暗くなってからの来店は何年ぶりだろう?コーヒーを飲みながらのおしゃべりを楽しむ。そのおしゃべりの中で気づくこと多数。自分がしゃべっているのに、その自身の発言に気づかされるなんて、ちょっと不思議。見えない第三者から言わされているのかな?
posted by 坂本竜男 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

夕方の三井港倶楽部

19.3.187.jpg

 今日の配本はスタートが遅かったのだが、そのおかげでいつもと違う光の下で配本を楽しむことができた。とくに三井港倶楽部での光の色はやわらかい暖色系でやさしい色だった。この色はちょっと新鮮。そして、いつもとは違う部分が反応して気がした。
posted by 坂本竜男 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

QRAFTSのユニークな展示

19.3.181.jpg

 今日は夕方前から大牟田配本。まずはQRAFTS。いつもと違う、畳敷の展示に驚く。

19.3.183.jpg

19.3.184.jpg

 作品も面白いが展示方法も面白い。やや俯瞰で観るという視点と距離感。じっくり観たい時は腰を下ろす。その動作とそれにともなう時間の経過。一つ一つが普段とのわずかな違いがあり、少しずつそれが積み重ねられていく。不思議な感覚が積み重なる。

19.3.185.jpg

 奥にはカーテンで仕切られた細長い空間が。そこには……?

19.3.186.jpg

 可愛らしい小さな花が。思わず頰が緩む。
 いつも素晴らしい作家さんたちの作品を、シンプルながら作品が際立つ展示をされているが、今回の展示はその中でもとくにユニークなものだった。こういう挑戦は刺激をうけるなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アート
Powered by さくらのブログ