2020年01月08日

就寝前の読書

 ここ数ヶ月、就寝前に少しだけ本を読むようにしている。
 もともと僕は寝つきが悪く、布団に入ってもなかなか寝れない。そこで、買っていたのに読めてなかった本を読むようにしたら寝つきが良くなり、それが習慣になっているのだ。
 読む量としてはそんなに多くないが、それでも毎日のことなので、気がつくとそれなりの冊数を読めてしまっている。案外、いい習慣になったのかな。
posted by 坂本竜男 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月07日

やっぱりLEICA?

 オリンパスPROもライカDGもどちらも画質は良いが、改めて色々と作例を見ていると、好みはライカだなぁ。そして、レンズそのものの質感やデザインも。
 超広角をオリンパスに決めきれないのは、結局ここなんだろうね。もう少しだけ悩むとするか。(標準ズームを選ぶときも、同じような理由でライカを選んだっけ)
posted by 坂本竜男 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

M.ZUIKO PROかLEICA DGかLUMIX Gか

 いま、GX8用の超広角ズームを検討中で、ほぼオリンパスのPROレンズ7-14mm F2.8に決めていたのだが、調べれば調べるほど悩ましい状況が続いている。パナライカ8-18mm F2.8-4.0、ルミックス7-14mm F4の魅力も捨てがたいと思うようになったのだ。
 僕がOM-Dユーザーだったら迷うことはない。オリンパスで決定である。GX8だと同じパナソニック製の方がいいのでは?という思いはどうしても出てくる。それに大きさも小さく、ずっと軽量だ。そして、オリンパスよりも安い。
 ただ、パナライカは8mmスタートだし、ルミックスはF4と暗く、防塵防滴ではない。パナライカが7mmスタートなら文句なしなのだが、そうなると出目金レンズになってフィルターはつけれなくなるだろう。大きさももっと大きくなるはずだ。
 結局、今の時期に導入するのであれば、来月値上げされ、中古の価格が上昇する可能性があるオリンパスなのだろう。7mm(35mm換算14mm)が本当に必要なのか、という問題はあるのだが。でも、あれば使うよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2020年01月06日

ルミックス G9 PRO 値上がり

 本当は年末年始に買う気満々だったルミックスG9 PRO。ルミックス年末年始のキッシュバックキャンペーンとも重なって、年末年始がベストの導入時期と判断したのだが、僕が買える時期にはすでにジワジワ値段が上がり、気がつけば2万円以上も高騰。まぁ、本来はこの価格でも性能を考えると十分に安いのだが、最安値を知ってしまうとちょっと買うのに躊躇してしまう。
 これは、まだ導入時期ではないということなのか。ひとまずG9 PROの導入は置いておいて、GX8を使いこなすことに集中するか。
posted by 坂本竜男 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

IMAGINARIO

20.1.63.jpg

 今日のBGMは、ガイア・クアトロのピアイストでもあるヘラルド・ディ・ヒウストのソロピアノ「IMAGINARIO」。
 美しく、ポップでキュートでありながら、深く思慮深い。そしてロマンチックなピアノだ。とても洒落たアルバムだが、それだけにとどまらない深みがある。無駄を極力削ぎ落としているのだが、そんなストイックさよりもとてもチャーミングな感じがするのは、彼の人柄とセンスだろうか。

20.1.64.jpg

 ちなみに、音楽も素敵だが、ジャケットもまた素敵だ。これもまたヘラルドらしいな。
posted by 坂本竜男 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

オールドレンズ、どこまで残そう?

20.1.62.jpg

 昨年末から随時進めている機材整理。最近出番が少ないオールドレンズも、当然その対象になっている。
 昨年末の検証で、かろうじてキヤノンNew FDズームレンズはその対象から免れた。次は中望遠から標準の単焦点レンズである。
 僕が所有する中望遠から準広角の単焦点レンズは、Takumarを中心に、描写に定評のあるものばかり。本来なら無理に手放さなくてもいいものばかりだ。それでも機材整理の対象になっている理由は、出番が大幅に減っているからである。マイクロフォーサーズの導入で、すべてのオールドレンズが使える状況にあるのにだ。
 マイクロフォーサーズ(ルミックスGX8)でオールドレンズを使ってみて、面白いと思ったのはキヤノンの200mmマクロくらい。使えると思ったのは同じくキヤノンのFDズームくらいだ。
 写りの良さに定評のあるTakumarは決して悪くないが、マイクロフォーサーズでは意外に平凡な印象。これらは本来の画角で楽しめるフルサイズが良いようだ。PORSTも同じである。
 一方、ニコンの55mmマクロはフルサイズではもちろん楽しいが、マイクロフォーサーズでもいいのではないかと想像する。これはマウントアダプター待ちである。
 今の所、写真にあるレンズで残すと決めているのはニコン 55mmマクロとPORST 35mm、Takumar 55mmくらいだ。望遠単焦点と同じく、中望遠も最短撮影距離などを考えると使いづらい。使いにくいものを楽しむ面白さがオールドレンズの良さでもあるのだが、それよりも優先すべきものがたくさんあるのが現状だ。
 出番がなければ所有していても宝の持ち腐れ。それなら有効に使ってくれる人に使ってもらったほうがいい。オールドレンズも大幅処分に踏み切ろうかな。
posted by 坂本竜男 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

初コーヒー豆買い出し

20.1.61.jpg

 今日は今年初のコーヒー豆買い出しをあだちコーヒーさん久留米店で。もちろん、カプチーノも今年初。やっぱり、安定の美味しさ。今年もお世話になります。
posted by 坂本竜男 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2020年01月05日

正月のアサガオ

20.1.57.jpg

 松浦では正月なのにアサガオが咲いていた。松浦がとくに暖かいというわけではないのだが。やっぱり暖冬なのだな。
posted by 坂本竜男 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

松浦にて

20.1.51.jpg

 昨日から、妻の実感 松浦。松浦は海がすぐそばで、釣りのいいポイントがたくさんある場所だが、山もすぐそばで自然にあふれている。

20.1.52.jpg

20.1.53.jpg

20.1.54.jpg

20.1.55.jpg

20.1.56.jpg

 そんな自然にあふれた場所だから、実家からちょっと歩くと小川が流れ、冬でもいろいろな草花が咲いている。義理の甥っこ、姪っ子を連れて近所を散策するのが楽しい。
 しかし、子供たちの体力は凄まじく、キッチリ付き合うとヘトヘトになる。今夜はすぐに寝てしまいそうだ。
posted by 坂本竜男 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月04日

同級生のつながり

 4年前に始まった、高校大同窓会の世話役の準備からつながった新たな同級生のつながりが、今もずっと続いている。
 そして、2日は同学年の同窓会、昨日は同級生の娘さんの成人式前撮り。仕事もプライベートも大事な部分に同級生が絡んでくれている。年始早々、そのことの嬉しさを噛み締めている。
 今年も同級生がらみの仕事も含めたイベントが続く。昨年以上に楽しい一年になりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Powered by さくらのブログ