2017年09月06日

ジッツオの三脚に触れる

 まずいものに触れてしまった…。それはジッツオの三脚である。
 僕の地元では、ジッツオの三脚なんて展示しているお店はない。マンフロットですら、せいぜい190。あとはスリックとベルボンの実売1万円代くらいまでの三脚くらいである。
 それが、某ショップに中古で出ていたのだ。あまり時間がなかったので、型番などのチェックはできてないのだが、パイプ径は我が家のベンロよりも細いので、おそらく1型。もちろんカーボンモデルである。
 上から少し体重をかけて押さえてみたが、その剛性感はベンロをはるかにしのぐ。パイプは細いのに、だ。重量はカーボンだから軽い。それでいて、軽さゆえの頼りなさは微塵もない。多くの人が、最終的にジッツオにいくのはよくわかる。知ってよかったかのか、悪かったのか…。
posted by 坂本竜男 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

リバーフローの卵のシフォンケーキ

17.9.53.jpg

 昨日の打ち合わせは、柳川のリバーフロー。紅茶の品揃えと高い品質で有名なお店だ。そして、その紅茶と相性抜群のケーキなどのスウィーツもかなり美味しい。
 今回、頂いたのは卵のシフォンケーキ。やわらかくフワッとした中に、表面に独特のサクッとしたところがあるのがいい。味は優しく上品。だけどしっかりした美味しさがある。紅茶と一緒にいただくとさらに美味しい。柳川の風情ある風景と相まって、とてもいい打ち合わせ&ティータイムになった。こういう打ち合わせは大歓迎だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) |

エゴイスタス vol.25、入稿完了!

 エゴイスタス vol.25も無事に入稿完了。今回は特に気持ちが入っている部分もあって、それゆえに最後の最後で悩むことになったけれど、なんとか形にすることができた。とりあえず、ホッとしているところだ。
 エゴイスタス vol.25は今月14日に発行予定。届き次第、随時配本に回ります。お楽しみに!
posted by 坂本竜男 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2017年09月05日

雨の柳川

17.9.51.jpg

17.9.5.jpg

17.9.52.jpg

 今日の打ち合わせは柳川。あいにくの雨だが、柳川の場合はそれも悪くない。このしっとりした空気感は、柳川の街によく似合う。雨の柳川も風情があっていいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2017年09月04日

エゴイスタスvol.25 製作も大詰め

 創刊まるまる6年になるエゴイスタスvol.25の製作も大詰め。残すページもごくわずかだ。
 今回は、いつもよりもちょっとだけ感情を込めている部分もあって、これが良いのか悪いのかわからないが、製作の段階ではちょっとだけやっかいになっている。思い切って出し切っちゃっても良いんだろうけど。でも、それでは編集者としては失格かなぁ。でも、デザイナーとしては?ライターとしては?
 一人何役もやっていると、ときどきどれを優先すべきか悩んでしまう。でも、今は感情的なものがちょっとだけ強いかな?結局、人間って理論よりも感情の生き物なんだろうねぇ。
posted by 坂本竜男 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2017年09月03日

おりなす八女室内管弦楽団演奏会

17.9.3.jpg

 今日もおりなす八女でコンサート。おりなす八女室内管弦楽団演奏会である。指揮者でヴィオラ奏者でもある大山平一郎さんが全国から腕利きの演奏家を集めて結成された室内管弦楽団だ。ここにピアニスト上田晴子さんとチェリスト金子鈴太郎さんが加わる。豪華な顔ぶれである。
 今回は昨年からさらにパワーアップ。編成も大きくなり、より厚みとスケールを増している。そして、なんと心地のいい音楽だろうか。美しく力強い音色。音楽の楽しさと美しさ、そしてダイナミズムがダイレクトに伝わってくる。これだけのコンサートが八女では身近に開催されているのだ。なんと素晴らしいことか。多くの街が八女を見習うべきだろう。鳥栖でももっとやってほしいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽

2017年09月02日

真上から俯瞰で撮る

IMG_3262.JPG

 今日は自宅でこんな感じで撮影。衣類や書籍、パンフレットなどは真上から俯瞰で撮る必要性があるが、これなら安定したフレーミングができる。ちなみにストロボは天井バウンスだ。
 今回は三脚についていたベルボンの3WAY雲台PH-460Bではなく、一脚についていたベルボンの自由雲台PH-163HAを使ったが、微妙に構図を調整するのに一苦労。それならPH-460Bの方が調整しやすいと思われるかもしれないが、ハンドルと三脚の脚が干渉してしまってうまくセッティングできなかったのだ。(もっと低い位置なら話は別だが。だが今回は高さも必要だった)
 課題はそれなりにあるが、それでも今の機材で十分に撮影ができた。「あと、ここをこうできたら…」はいくつかあるが、それに対しては新たな出費が必要。次を踏まえつつ、今できることを一つ一つおさえていこう。
posted by 坂本竜男 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2017年09月01日

呼子の粒塩うに

17.9.1-2.jpg

 先日、呼子へ行った時に朝市で買った粒塩うに。粒が大きくて新鮮、味は濃厚。原材料は生うにと塩のみ。そのへんで買えるうにとは次元が違う美味さだ。もっと買っておけばよかったなぁ。
posted by 坂本竜男 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

おりなす八女室内楽プレミアムコンサート2017

17.9.1.jpg

 先日のおりなす八女音楽塾の聴講からの流れで、今日はおりなす八女室内楽プレミアムコンサート2017。音楽塾の教授と塾生によるコンサートではあるが、中身は第一線で活躍されている演奏家の方たちの最上級のコンサートである。
 室内楽だからこじんまりしているかと思いきや、演奏はスケールが大きくてダイナミックだ。大山平一郎さん(ヴィオラ)、上田晴子さん(ピアノ)、金子鈴太郎さん(チェロ)の3人の演奏が素晴らしいのは言うまでもないが、塾生である若手の演奏家の皆さんも素晴らしい。個人的には、先日の聴講を踏まえてだから、より音楽が楽しいし面白い。これは聴講もセットで考えるべきだ。
 プログラムもブラームス、シューマン、シュトラウスなど3時間ちかくあるボリュウム。この素晴らしいコンサートがたった500円で聴けるのだから恐れ入る。八女の人たちはとても恵まれていると思う。
 次はいよいよ室内管弦楽団演奏会。更にパワーアップした内容になるのは間違いない。本当に楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年08月31日

ナカバヤシ キャパティ ドライボックスを導入する

17.8.31.jpg

 もっと早く導入すべきだったドライボックスをようやく導入した。
 導入したのはナカバヤシのキャパティドライボックス 27リットル。容量も大きく、室温計も除湿剤も付いている。コスパはとても高い。本格的な防湿庫は確かに優れているが、場所をとるし、僕の機材ではこれで十分。所有しているカメラとレンズをすべて入れても、まだまだ十分余裕がある。これから近いうちに必要となりそうなレンズは数本あるが、それくらいは余裕で収納できる。それに、仮に足りなくなっても単価が安いから追加で導入しやすいし、スタックできるから場所もとらない。これでカビの心配もしなくてすみそうだ。
posted by 坂本竜男 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ
Powered by さくらのブログ