2021年10月05日

オリンパス7-14mm PROで練習する

 dp0 quattroを買う前に、手持ちの機材で練習。オリンパス7-14mm F2.8 PRO + E-M1 mark II。マイクロフォーサーズ随一の高解像度で歪みの少ない超広角レンズ。これをちゃんと使えなければ、dp0 quattroを買ってもおそらく無駄になる。そう思って、久しぶりに持ち出してみた。

21.10.52.jpg

21.10.51.jpg

21.10.53.jpg

21.10.55.jpg

21.10.54.jpg

21.10.56.jpg

 う〜〜ん、やっぱり難しい。僕はいかにも超広角と言いた感じの写真はあまり好きではない。超広角でしか撮れないのに、超広角とは一見気づかないような写真が僕の目標だ。そして、建築写真のように垂直線がキッチリ垂直になるのが理想的。だが、それは物理的にできないケースも多々あるから難しい。それに、それらを踏まえるとフレーミングはかなりシビアだ。正直、三脚を持ち出すべきだったと思う。
 それでも、バリアングルモニターを活用してのハイアングル・ローアングルの撮影はかなり有効だった。それができないdp quattroを思うとゾッとする。おそらく全然ダメで打ちのめされてただろう。もっと手持ちの機材を使いこなせるようにならないとダメだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

dp0 quattroが欲しいワケ

dp0_kv2_07.jpg

 シグマ Foveonセンサー搭載のカメラが欲しい。再び、気持ちが盛り上がっているのだが、その中でも一番欲しいと思っているのはdp0 quattro。dp quattroシリーズの中で、35mm換算21mmの超広角単焦点レンズを搭載したモデルである。
 ではなぜ、dp0 quattroが欲しいのか?それを箇条書きにまとめてみた。

・Foveonセンサーを使ってみたい。
・画素数を大きく超える高解像度。
・ディストーションゼロを目指して作られており、歪みが極めて少ない。
・性能を追求した上で生まれた独自性の高いデザイン。
・欠点のおかげで1枚1枚をじっくり丁寧に撮るようになる。
・いま持っているカメラとは違う表現ができる。
・高画質の割に価格が安い。

 といったところだろうか。とくに、1枚1枚を丁寧に撮るようになるというのは重要だ。ディストーションゼロを謳うカメラ(レンズ)だからこそ、フレーミングはかなりシビアだ。水平垂直をきちんと取り、構図を追い込んでいく。なかなか気軽にサクサクとはいかない。
 しかも、ISO100が基本だから、少しでも暗くなるとシャッタースピードは稼げない。だから手持ちで撮る時は脇を閉めてしっかりとホールドして撮るようになるし、それでも難しい時はためらわず三脚を使うようになる。このことがとても大事ではないかと思ったのだ。
 いま、マイクロフォーサーズがメインだから、撮影はほぼストレスなくサクサクと進む。しかも強力な手振れ補正のおかげで三脚を使う機会も激減した。このことは決して悪いことではないが、撮影時にもっと追い込んで撮るという行為も必要だと感じているのである。そして、それにはdp0 quattroがベストだと思ったのである。
 問題は、Foveon特有の欠点を乗り越えて、使い込む方向へ持っていけるかどうかだ。いや、もっと大きな問題は、Foveonの世界に惚れ込んでしまい、dp quattroシリーズが全部欲しくなってしまう可能性があることかな?
posted by 坂本竜男 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2021年10月04日

喰い道楽かかしのアジのひらき

21.10.43.jpg

 コンサートの後は、鳥栖に戻って夕食。喰い道楽かかしさんで楽しむ。
 今回、抜群だったのがアジのひらき。ふっくらとやわらかく、旨味がしっかり。しかもボリュウムもある。これはお酒が進む!ご飯も進む!おかげで食べ過ぎました。
posted by 坂本竜男 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) |

玉置浩二Concert Tour 2021 故郷楽団〜Chocolate cosmos

21.10.41.png
画像は公式サイトより

21.10.42.jpg

 今日は、福岡サンパレスで「玉置浩二Concert Tour 2021 故郷楽団〜Chocolate cosmos」。前から一度は行きたいと思っていた玉置浩二のコンサートだが、今回やっと実現したのだ。
 やはり、現役最高峰と言われる歌唱力はとんでもないが、それだけで片付けられるものではないのは確かだ。究極の歌声が持つ力をまざまざと思いしらされたというべきか。その吸引力はとんでもなかった。CDやレコードでその素晴らしさはわかっていたつもりだったが、生で聴くその「声」は別物だった。CDでも素晴らしいが、やはり生で聴くべき人なのだと思った。
 コンサートはMCなし。極力しゃべらず、音楽を聴かせることに集中するスタイル(いつも、そうらしい)。人によっては物足りないかもしれないが、玉置浩二を聴かせるには、おそらく最高のスタイル。それだけに、コンサート後の余韻も違う。是非また、行きたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

結局、dp0 Quattro熱、再発

https://www.sigma-global.com/jp/special/sgv/dp0_quattro/insidestory.html

 だって、こんなん読んだら欲しくなるよねぇ。(今更だけど)
 さすが、シグマだなぁと思うんだよな。
posted by 坂本竜男 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2021年10月03日

Foveon熱、再び

 いかん。シグマ dp0 quattroの凄まじい作例を偶然見てしまった。カラーもモノクロもどちらも凄い。僕が体験したことのない世界がある。
 こんな写真が10万円くらいのカメラで撮れてしまうのだ。ある意味、フルサイズを超える表現。欠点は山ほどあるカメラだが、これを見てしまったらそれでも欲しくなってしまう。
 Foveonセンサー熱がやっと冷めてきたと思ったのに、また燃え上がってしまった。これは困ったなぁ〜。
posted by 坂本竜男 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

東京で新たにエゴイスタス常設決定!

about-image01.jpg

21.10.3-2.jpg

 東京で新たにエゴイスタスを置かせていただくことが決定した。場所は「Have a nice TOKYO!」さん。住所は東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル1階。まずは最新号を含めて1年分を置かせていただき、そのあとは随時最新号を設置していただく予定だ。
 久しぶりの東京での新たな設置。来られた際は、ぜひ、手に取ってご覧ください。

https://haveanice.jp
https://www.instagram.com/haveanicetokyo/
posted by 坂本竜男 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2021年10月02日

タムロン 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)、正式発表

A058-2-1.jpg

 フルサイズ用ズームレンズ、タムロン 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)が正式に発表された。
 なんとF2スタートの準広角から望遠までカバーするズームレンズ。まさにポートレートには最適。ポートレート撮影はこれ一本で済んでしまうだろう。
 F2スタートの大口径ズームとしては、重量1,165gと意外に軽量で収まっている。最短撮影距離は0.33-0.85mとそこそこ寄れる。希望小売価格は229,900円(税込)。実売は20万円を切ってくるだろう。フルサイズでこのスペックとしてはかなり安いと言っていい。あとは写りがどうか?だ。
 残念なのは、ソニーEマウントしかないこと。このレンズの画質が良ければ、使いたいためにEマウントに移行するユーザーも出てくるかもしれない。ここ数年のタムロンはEマウントに力を入れている印象だ。
 個人的にはLマウントが出てきたら心が揺らいでしまうかも。しかし、ライバルのシグマの関係でLマウントは出さないだろうね。
posted by 坂本竜男 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

メガーヌエステート今回の車検

21.10.2-1.jpg

 メガーヌエステート、3度目の車検は消耗品の交換が重なった。タイヤ、バッテリー、ブレーキパッド、エアコンフィルターなど。これらが、これまでの車検にプラスしてかかる分だ。だから、いつもよりもお金がかかるとは言っても、トラブルや故障ではないから、まだまだ安心してメガーヌエステートには乗れる。
 ただ、コンピューター交換と時期が重なったのが痛かった。一月でこんなにお金が飛んでいくなんて…。でも、裏を返せばこれからしばらくは大きな出費もなく、安心して乗れるということでもある。せっかく気に入って乗っているのだから、できるだけ長く乗りたいよね。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2021年10月01日

「旅」の定義

 「旅」という言葉が、最近の僕にとってとてもしっくりくる。デザイン・写真(あと文章も)との相性がすこぶる良いからだ。
 では、「旅」の定義とはなんだろう?
 多くの人は旅行と感じるかもしれない。もちろん、泊まることが前提になるだろう。しかし、僕にとって「旅」の意味はもっと広い。「旅」の定義を調べてみると、

旅とは、住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。 旅行。 古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。 大辞泉には「住んでいる所を離れて、よその土地を訪れること」とある。

とある。これによれば、僕にとって「旅」とは「住居を離れることすべて」と言えると思う。だから、家を出た途端、旅は始まるわけだ。
 僕が言いたいのは、「旅」は旅行など大袈裟なものだけでなく、ただ家を離れるという日常的なことも含めているということだ。それでいて「旅」は、言葉にワクワク感を持っている。これが僕のデザインの大きなテーマになりそうだ。
posted by 坂本竜男 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン
Powered by さくらのブログ