2022年06月19日

鉄道情景ミニチュア展

22.6.183.jpg

22.6.184.jpg

 配本の合間に、湯布院 受け月ギャラリー(旧ゆふいん夢二工芸館)で開催中の、鉄道情景ミニチュア展を観に行くことができた。この日は制作された磯野泰之さんも滞在されていて、興味深い話を聞くことができ、楽しいひとときだった。
 磯野さんはすでに専門誌でも多数取り上げらている作家さんだが、作家として独立されたのは一年ほど前と最近の話らしい。ミニチュアの製作で食べていけるというのもすごいが、観ていると、趣味の延長線上というよりも、行政や建築、ランドスケープデザインなど様々な可能性が見えてくる。僕の中に新たな視点が加わった気がした。模型の世界も面白さだけではないね。

posted by 坂本竜男 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

末田美術館のその後は?

22.6.181.jpg

 湯布院最初の美術館である末田美術館。彫刻家 末田龍介・造形作家 末田栞 夫妻の個人美術館である。
 展示されている作品も素晴らしいが、原広司設計の建物もまた素晴らしい。一見の価値がある素晴らしい美術館だが、残念ながら近年に閉館。美術館は売りに出された。そして昨年、末田ご夫妻が亡くなられた。
 昨日、湯布院で末田美術館にまつわる噂を耳にした。どうも美術館が売れたらしいのだ。しかし、建物は壊されるらしい。これは、どういうこと???
 この噂がどこまでが本当かはわからない。売りに出された価格は決して安価ではなかったはずだが、それを承知で買われたのであるなら、建物はメンテナンスして残すべきだろうと考えてしまう。しかも、おそらく作品はまだ美術館の中に残っている。作品が配置されている庭園も含めて、然るべき形でお金をかけて手入れをし、重要な文化遺産として残すべきものではないかと思うのだ。
 だが、残念ながらそうなる可能性は低そうだ。この建物がなくなる前に、改めて目に焼き付けるべく足を運ばねばと思っている。できれば、許可をもらって中を撮影できないものだろうか。
posted by 坂本竜男 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2022年06月18日

つい、ポチる

 パナライカ9mmにつづき、またレンズをポチってしまった…。必ず必要というわけではないのに…。
 しかし、その佇まいと、絶妙な焦点距離と、予想以上に良い画質。そして何より安い。買わない理由がない(?)。
 というわけで、近日中にそのレンズは我が家に届く予定。組み合わせるならGX8かなぁ?
posted by 坂本竜男 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮影機材

2022年06月17日

宝島染工展 in Qrafts

22.6.175.jpg

22.6.176.jpg

 食事の後は、お隣のQraftsさんへ。ちょうど宝島染工展の真っ最中だった。
 いつもながら宝島染工さんの展示は素晴らしい。伝統の重みと奥行きがあるのに、同時に洗練されていて、ときに前衛的でさえある。しかし、自然素材のやさしさやおおらかさも兼ね備えている。他には変えられないブランドのひとつだ。
 今回の展示では新作もあり、それらがとても目を引いた。伝統をしっかり守りながらも、確実に進化されているのだ。しそういう意味では、良い緊張感も纏っているとも言えるかもしれない。この感じは色々な意味で刺激的だな。
posted by 坂本竜男 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイン

ゆっくり、いそげ 〜カフェからはじめる人を手段化しない経済〜

22.6.172.jpg

 大牟田のCafe Neiさんで出会った「ゆっくり、いそげ」。2013年に「食べログ」(カフェ部門)で全国1位をとった、クルミドコーヒーを運営している影山知明さんの著書だ。
 業務内容も事業形態も全然違うから、参考にならない点や、自分はちょっと違うかな〜というところもないわけではない。しかし、それ以上に考え方や取り組まれていることなどは共感するものも多く、これからの時代に「ちょうどよいところ」を行かれている様な気がした。
 本に書かれていることは理論などではなく、全てが実践されてきたこと。それだけに説得力もあるし、僕自身、取り入れたいものも多々ある。なにより、「ゆっくり、いそげ」というフレーズが良いよね。
posted by 坂本竜男 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

珈琲Chibaの雨豆

22.6.171.jpg

 今朝のコーヒーは、珈琲Chibaさんの雨豆。梅雨のジメジメを吹き飛ばすサッパリ&スッキリ感。しかし味わい深く、やさしい美味しさ。今日は幸い天気は良かったけど、これを飲んだ後は雨の日でもさわやかに臨めそう。さすがです。
posted by 坂本竜男 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

2022年06月16日

八女福島券番 / ao cafeのいちごのシフォンケーキ

22.6.156.jpg

 昨日、八女の配本の時に、期間限定販売ということで気になって買った、八女福島券番 / ao cafeさんのいちごのシフォンケーキ。これがとても美味しかった。
 とにかく、いちごイチゴいちごである。最初の一口から苺の甘味と香りが広がる。イチゴのみずみずしい甘さが生きて、とても美味しい。もちろん、使っているいちごは八女産。八女のいちごも美味いのだ。
 ここのシフォンケーキはどれも美味いが、いちごもまた格別。まだ売ってるうちに、もう少し買っておこうかな。
posted by 坂本竜男 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) |

2022年06月15日

ミクロスコープ・テレスコープ よって はなれて みるアート

22.6.155.jpg

22.6.154.jpg

 今日の配本の締めは佐賀県立博物館。現在、開催中の「ミクロスコープ・テレスコープ」を観に行った。
 引いて全体を見た時と、近寄って細部を細かく見たときの印象の違いとその面白さを、様々な作品を通して紹介する興味深い展示。屏風や花瓶から現代アートまで様々。とくに池田学さんの作品は、細かなところまで実に緻密に丁寧に描かれているのに、離れると、全体から大きなエネルギーのうねりのようなものを感じ、圧倒されてしまう。まるで正反対に近い印象で面白い。ギリギリのタイミングだったけど、観れてよかった!
posted by 坂本竜男 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

つるや市役所前店の山芋ぶっかけ+天かすトッピング

22.6.152.jpg

22.6.151.jpg

 今日のランチは、八女のつるや市役所前店さん。夏限定のお気に入りメニュー、山芋ぶっかけを注文。今回は天かすのトッピングをお願いした。
 天かすのサクサクの食感と、さらなる小麦粉の甘味とコクが加わり、一味違うぶっかけに早変わり。ノーマルもかなり美味いが、天かすトッピングもかなり美味い。この天かすトッピングはハマりそうだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2022年06月14日

プリントでわかること

 今日、写真家の藤木ケンタさんのプリントを見せていただいて感じたのは、やはり写真はプリントすべきだな〜ということだった。
 僕は印刷物前提で写真を撮っているのだが、印刷とプリントは大きく異なる。
 特殊なものを除き、通常の印刷はシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色の網点の掛け合わせでしかない。だから表現できる幅には当然限界がある。ただ、普通はそれで画質としても問題はない。
 だが、プリントはもっと階調が豊かだ。通常の印刷では表現できないものが表現できる。しかし、写真そのもののクォリティもしっかり出る。印刷物よりも誤魔化しは効かない。
 藤木ケンタさんのプリントを見せていただいた時、自分の写真をプリントしたときにこのクォリティを出せるのだろうか?という疑問が頭をよぎった。そして、写真はやはり、プリントしてナンボだな〜とも改めて思ったのだった。これからの課題はそこかな?
posted by 坂本竜男 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ