2018年11月06日

天風の坦々麺

18.11.64.jpg

 撮影の後は、久しぶりに久留米の天風でランチ。看板メニューである坦々麺をいただく。
 まろやかでコクのあるピリ辛なスープと、細めのちぢれ麵の相性も抜群。辛さのバリエーションが選べるようになったせいか、「辛さ普通」は辛さのバリエーションがなかったころより、ちょっとだけ辛くなったかな?本当に久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しいです。
posted by 坂本竜男 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) |

今年も成人式前撮り

18.11.61.jpg

 今年も成人式前撮りの時期がきた。今回も久留米の篠山神社で撮影だ。
 この神社は久留米城跡でもあるから、城壁がしっかり残っていて、ここならではの歴史を感じる場所でもある。参道は大きな松の木のおかげでほどよく日陰が出来て、今日のように日差しが強い日でも光を柔らかくしてくれる。色々な意味で撮影に適した神社なのだ。

18.11.63.jpg

 撮影は想定外の部分もあったものの、無事終了。天気が良くても悪くても、篠山神社だったら苦労しても形にできてしまう。やはり守られた場所なんだなぁ。
posted by 坂本竜男 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年11月05日

今日の鳥栖の夕方

18.11.51.jpg

 一度にたくさんを望むのは難しい……。
posted by 坂本竜男 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

大三元レンズが揃うと

 麻雀の役「大三元」を語源とする、「大三元レンズ」。F2.8通しの広角・標準・望遠のズームレンズ3本を組合せた通称のことだが、気がつけば僕の機材も大三元レンズが揃ってしまっている。
 ・広角 トキナー AT-X 16-28 F2.8 PRO FX
 ・標準 キヤノン EF24-70mm F2.8L USM、トキナー AT-X 280 AF PRO
 ・望遠 キヤノン EF70-200mm F2.8L USM
である。
 現行モデルはトキナーの広角とキヤノンの望遠のみ。キヤノンの望遠はカタログモデルではあるものの、設計は古いレンズだし、トキナーの広角も発表から7年経っているので、ちょっと古いモデルによる大三元レンズである。
 しかし、それでも大三元レンズの威力は素晴らしい。とくに、標準と望遠が純正Lレンズで揃ったのは大きい。AFの速さもさることながら、やはり画質がいいのである。僕の好む方向で絵作りができるのである。
 大三元レンズが揃うと、焦点距離がかぶる単焦点レンズの出番が大幅に減ると言う話を聞くが、なるほどそれも頷ける話だ。メーカー純正で揃えるとそれなりに金額はかかるが、余計なレンズを買う必要がなくなるので、結果としては出費を抑えることができるのだ。
 僕の場合も、通常の撮影では大三元レンズを準備しておけば、ほぼ事足りる。あとはマクロレンズが一本あれば大丈夫だ。おそらくそれ以外のレンズの大半を処分しても、大きく仕事に支障をきたすことはないだろう。あとは腕がついてくるようにするだけだ。
posted by 坂本竜男 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年11月04日

久しぶりのあげまき

 今日の夕食は、久しぶりのあげまき。忙しくて地元での外食がしばらくできなかったので、久しぶりに地元鳥栖での外食である。

18.11.44.jpg

18.11.45.jpg

18.11.46.jpg

18.11.47.jpg

18.11.49.jpg

18.11.48.jpg

 本当に久しぶりのあげまきだったが、さらにレベルアップしている印象。定番メニューも新メニューも文句なしに美味い。とくに今日は新メニュー(といっても久しぶりだから、もはや新ではないのかもしれないが)にやられた感じだ。秋鮭の串焼き、ハタハタの唐揚げ、牛すじ雑炊はさらに際立っていた。やはり、定期的に来ないといけないなぁ。
posted by 坂本竜男 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

カフェ コレクターのオムライス

18.11.43.jpg

 撮影の後は、八女市街でランチ。カフェ コレクターのオムライスをいただく。
 いわゆる、なつかしい洋食屋さんのオムライスだ。気を衒わずとても丁寧に作られていて、あたたかみがあって安心感のある美味しさ。大好きな味です。
posted by 坂本竜男 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

黒木での撮影

18.11.41.jpg

18.11.42.jpg

 今日は朝から、八女市黒木町の南仙かわばた公園で撮影。八女はロケーションがいい場所がとても多いけど、黒木町もなかなかのもの。大藤以外にもいいスポットがいろいろある。一度、じっくり撮影で回ってみたいなぁ。
posted by 坂本竜男 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

2018年11月03日

カメラバッグについて再び考える

 外での撮影の仕事が増えてきて、今のカメラバッグでの対応は厳しくなってきた。すぐにでも新しいカメラバッグが必要になったのだ。
 少し前にカメラバッグを検証した時は、マンフロット PL 3N1-36 スリングバックパックが最有力候補だった。フルサイズ一眼2台、大三元レンズ+数本のレンズ、ノートPC、三脚、ストロボほか備品、ドローンまでが収納できる、大容量タイプである。三脚メーカーだけあって、使い勝手もしっかり考えられている。カメラバッグはマンフロットにするつもりだった。
 しかし、ここまでの大容量は普段は必要としない。現時点ではカメラは一台しかないし、ドローンも必要ない。現時点では、もう少し小さいもので大丈夫だ。
 現時点で必要とする収納力は、フルサイズカメラ一台、大三元レンズ+1〜2本の単焦点レンズ、ストロボほか備品、ノートPC。これにペットボトル用のポケットや三脚をさせるポケットがあれば言うことなし。それでいて、少し小ぶりでデザインも悪くないもの。そんな都合のいいカメラバッグなんてあるのか……?

th06-582x680.jpg
写真はstudio9より
 ありました。「Enduranceカメラバッグ Ext(エクステンド) 」。studio9の独自設計で製作したEnduranceカメラバッグをコンパクトにしながら、その使い勝手と収納力を受け継いだモデルである。

th07-630x415.jpg

171203_DSC00010_PSMS-studio9-630x280.jpg

 サイトによると、
EOS 5D MarkIII+バッテリーグリップ+EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM(フードは上部へ)、EF 24-70mm F2.8L USM(フード付き)、 EF 16-35mm F2.8L III USM(フード付き)、EF 100mm F2.8L IS USM Macro(フードは上部へ)、バンガード VEO 265AB、メディアケース、カラーチェッカーパスポート、バッテリーケース、小物ポーチ、名刺ケース、iPhone7 Plus、モバイルバッテリー(10000mAh)、8インチタブレット、A6ノート、専用レインカバー、500mlペットボトル、薄手のジャンパー、ペンケース、ガジェットケース(電源、マウス、各種ケーブル)、Tシャツ、MacbookPro2016 13インチ
が入るとのこと。これは素晴らしい。
 しかも、カラーはブラックのほかに新色のネイビーとカーキが選べるし、ノーマルのEnduranceよりも一回り小さく軽量。価格も14,800円と良心的だ。これで決まりか?
posted by 坂本竜男 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年11月02日

今日の鳥栖の夕方(飛行機雲を追って)

18.11.2-48.jpg

18.11.2-49.jpg

18.11.2-50.jpg

 福岡で見た大きな飛行機雲が、鳥栖に着いた頃にはこんな形に。そこに新たな飛行機雲が…。飛行機雲がなんともドラマチックに夕空を演出します。
posted by 坂本竜男 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真

KOUGEI EXPO IN FUKUOKA 6

18.11.2-47.jpg

 KOUGEI EXPO IN FUKUOKAでのいちばんのお気に入りがこれ。歌川国芳のユーモアあふれる浮世絵を、博多人形で立体に仕上げたこの作品。ユーモアがあって、仕上がりが素晴らしくて…。これは欲しくなる逸品です。
posted by 坂本竜男 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ