2019年10月12日

身近な草花と小さな花器

19.10.1110.jpg

19.10.1111.jpg

19.10.1112.jpg

19.10.1113.jpg

 昨日、最後に訪れたのはキモノプロデューサー、杉原さんのギャラリー。そこに展示されていたのは着物ではなく、小さな花器に生けられた小さな草花。
 身近にある小さくかわいらしい草花を、これまた小さな焼締の器にさりげなく生けてある。極限にそぎ落とした表現ながら、そこには緊張感よりもかわいらしい空気感があって心地がいい。杉原さんがプロデュースする着物にも通ずる表現だ。こんな季節の感じ方・表現の仕方も素敵だなぁ。
posted by 坂本竜男 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2019年10月11日

peak design エブリデイスリング5Lについて

19.10.119.jpg

 peak designのカメラバッグ、エブリデイスリング5Lを使い始めて約2週間。もともとGX8用に購入したのだが、これが想像以上に使いやすく、出かけるときはほぼ使っている。
 まず、普段使いしやすい良いデザインなのがうれしい。購入時に散々迷った色(セージ)も、実物はとても良くて大いに気に入っている。
 そして使用感。質感も高く、使い勝手も良い。収納力は5Lだから期待できないと思っていたが、実際はPZ45-175mmをつけたGX8、RX100M3、長財布、名刺入、予備のバッテリー、SDカード、携帯を入れて、まだ余裕がある。ズームレンズ1本、もしくはパンケーキレンズならあと2本は入りそう。
 バッグを提げたままでの中へのアクセスもしやすいし、ファスナーを全開しても中身が落ちにくいようになっている。あまりに使いやすいので、カメラを入れる入れないは別にして、普段使いのバッグとしてガンガン使っているのだ。
 雨が降っても撥水性のある生地なので、短時間なら心配なし。2週間の使用だからなんとも言えないが、今のところ耐久性にも不安はない。さすがである。
 エブリデイスリングはコンパクトながら、マイクロフォーサーズユーザーには必要最低限以上の収納力と使い勝手、そして高いデザイン性を備えている。マイクロフォーサーズに限らず、ミラーレスカメラユーザーには最適のカメラバッグだと言える。
 ちなみにマイクロフォーサーズの場合、思ったよりもレンズの収納力はあるが、ここはボディにつけている分も含めて2〜3本までにとどめておいた方が、スマートに使いこなせそうだ。
posted by 坂本竜男 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

ムトー商店で一息

19.10.118.jpg

 大牟田の後は柳川。まずはムトー商店で一息。本日のコーヒー(グァテマラ)をいただく。
 安定の美味しさ。癒されます。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

三井港倶楽部にて

19.10.117.jpg

 つづいては三井港倶楽部。ここ数年は定期的に訪れはするものの、滞在時間はとても短い。ひさしぶりに、じっくり時間をかけて見て回りたいし、この場所でしかできないこと・表現をやってみたいといつも思っている。もう少し涼しくなってきたら、チャレンジしてみるかな。
posted by 坂本竜男 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

改めて、aurora glass

19.10.116.jpg

 QRAFTSの常設展示も素晴らしく魅力的だが、そのなかでも特に素晴らしいと思っているのがaurora glass。佐世保の女性作家さんが作るガラスのアクセサリーである。
 自分が身につけるわけでもないのにこれほど惹かれるのは、もはやアクセサリーの域をはるかに超えているのだと思う。芸術品としてもずっと見ていられます。
posted by 坂本竜男 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

QRAFTSの常設展示

19.10.112.jpg

19.10.113.jpg

19.10.114.jpg

19.10.115.jpg

 ランチのあとは、お隣のQRAFTSへ。今日は特別展示はなく、常設展示。しかし、何度も目にしているはずの商品(作品)が、展示の仕方が変わると見え方が変わる。感じ方が変わる。新たな発見に心が踊る。
posted by 坂本竜男 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり

カフェネイの揚げじゃがと牛肉の煮込みカレー

19.10.111.jpg

 今日のランチは、大牟田のカフェネイ。揚げじゃがと牛肉の煮込みカレーをいただく。
 長時間じっくりと煮込まれた牛肉と玉ねぎの旨味と甘みがたまらない!口にした瞬間、濃厚で心地よい旨味と旨味からくる甘みが全体に広がる。素晴らしい!!!
 そして、サラダもまたいつものごとく、素材の良さが生きる美味しさ。いつもながら、さすがです。
posted by 坂本竜男 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年10月10日

秋はインプットの季節

19.10.102.jpg

 秋はイベントも多く、仕事も多い。そういう意味ではアウトプットの季節。
 その一方で、芸術の秋でもあり読書の秋でもある。美術館の展示もいいものが目白押し。コンサートの充実ぶりもすごい。つまりインプットの季節でもある。
 そのインプットをより充実させるべく、久しぶりに出会いがあった書籍を購入。僕の中での定番的な存在のものから、持ってそうで持ってなかった入門編的なものまで4冊。これから楽しく読み込みます。
posted by 坂本竜男 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

コーヒーの「ホーム」

19.10.101.jpg

 今日は、あだち珈琲さんでコーヒー豆の補給からスタート。
 僕はコーヒー好きだから色々なお店のコーヒーを飲むが、あだちさんのコーヒーは、僕にとっては「ホーム」的な存在。毎日何杯も美味しく飲めるし、いちばん馴染み深く落ち着く美味しさ。そして、豆を買った時にサービスでいただけるカプチーノもまた最高なのです。
posted by 坂本竜男 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

和炭ダイニング 寛龍

 昨夜は、久留米の和炭ダイニング 寛龍へ。久留米を代表するうどん店、立花うどんが運営するお店だ。

19.10.95.jpg

19.10.97.jpg

19.10.96.jpg

19.10.910.jpg

 一見、和風のお店でメニューもそんな感じ…と思いきや、イタリアンも充実してたりするユニークさ。しかし、今回は和食中心で楽しむ。さすが、どれも美味しい。アベレージがとても高いお店だ。

19.10.98.jpg

19.10.99.jpg

 当然、お酒も日本酒。地元のお酒はもちろん、九州外のお酒もいろいろ。そのときそのときでお酒のチョイスは変わるようだ。今回は高知と八女をチョイス。お酒による地域性の違いを楽しむ。

19.10.911.jpg

 そして、締めはやはりうどん。立花うどんが締めで食べれるのは嬉しい。ごちそうさまでした!
posted by 坂本竜男 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お店めぐり
Powered by さくらのブログ