2017年04月03日

田代公園にて

17.4.3-1.jpg

17.4.3-2.jpg

 今日のお昼は花見も兼ねて、お弁当を持って田代公園へ。鳥栖でいちばんの花見スポットである。
 今年の桜は昨年よりもずっと遅く、田代公園も五分咲き程度。それでもポカポカ陽気で花見にはもってこいの天気。お酒はなしだけど、たまにはいいね。
posted by 坂本竜男 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

2017年04月02日

1日爆睡

 最近、特に忙しいというわけではなかったはずなのに、今日は1日の大半を爆睡。やはりどこか疲れていたのだろうか?本を一冊読んだくらいで、特に名をすることもなく1日が終わろうとしている。でも、まぁ、たまにはこんなときもあるさ。
posted by 坂本竜男 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月01日

プジョー初代308を検討する

PE_S033_F001_M003_1_L.jpg
 プジョー207SW GTiが候補になるなら308の方が余裕があっていいかも。そう思って、ちょっとスペックと中古車市場をチェックしてみた。
 フルモデルチェンジした現行型はさすがに高値だ。GTiもディーゼルモデルも共に魅力は感じるが、まだまだ高い。1.
2リットルモデルはそうでもないが、Cセグメントならせめて4気筒エンジンが欲しい。それに、現行型は悪いデザインではないが、ちょっとドイツ車や日本車よりに見えなくもない。
 そこでプジョーらしい、ツリ目の初代だ。ただ、ATは4ATになるので、狙うはMT。すると、GTiかプレミアムという選択になる。プレミアムのMTは珍しいが、年式が同じならGTiより安い。エンジンはどちらも1.6リットルターボ。パワーは20馬力近く違うがトルクは同じだから、プレミアムで十分だ。そしてプレミアムも6MTというのが嬉しい。
 プレミアムは、中古車市場では140万円くらい。手頃な値段だ。207SW GTiよりも車格は上だし、車内も広い。
 問題はトランク容量。207SW GTiよりちょっとだけ広いくらいだ。だがボディサイズはだいぶ大きい。全長はそうでもないが、幅1,820mmはちょっともてあますかもしれない。車格を考えなければ207SW GTiの方が使い易いだろう。それに、デザインも207SW GTiの方が個性的でよりプジョーらしい。ちょっと決定打に欠ける感じだ。う〜ん、悪くないんだけどねぇ。
posted by 坂本竜男 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年03月31日

プジョー 207SW GTI

35201519_200806g.jpg

 次の愛車候補を考えるのは楽しい。だが、思うようなクルマはなかなか見つからないものだ。だが、だからこそ面白いとも言える。そんな中、候補として面白いのはちょっと古いクルマだ。10年くらい前のクルマは購入価格もグッと下がるし、面白いクルマもチラホラ見かける。だが、問題がないわけではない。欲しいタイプのクルマ=ワゴンは圧倒的にATが多いのだ。しかも4AT。いかにも古いし、燃費は絶対に悪い。MTは少ないのだ。ATでもせめて5速まであれば少しは違うのだが。
 そう思いながら探していると、プジョー207SW GTIが目に入った。一つ前のプジョーのBセグハッチのショートワゴンだ。しかもGTIだから5MTだし、エンジンも1.6リトッルターボ(175ps、24.5kgm)だから、結構パワフルだ。グランデプントよりもちょっとだけ大きいくらいだから、3ナンバーでも使い易いサイズだ。そして中古車市場ではタマはそれほど多くはないものの、価格は70〜120万くらいと安い。デザインも個性的だし、ちょっといいかも…。
 で、肝心のラゲッジスペースは337リットル。Bセグメントの中ではそこそこある方だが、できればもう少し欲しい。この容量ではエゴイスタス配本時には、後ろ座席はたたむことになる。レビューを読むと後ろ座席も狭そうだ。やはりBセグメントではきびしいか…。
posted by 坂本竜男 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2017年03月30日

日田でサッポロビールを味わう

 日田は九州のサッポロのお膝元。サッポロ贔屓、ビール好きの僕としては聖地のようなものである。日田の夜の仕上げはもちろんサッポロの生ビール。

17.3.296.jpg
まずは、かじかレストランで黒ラベルの生。クリーミーで程よい軽さ。食が進む美味さ。

17.3.297.jpg
そして天領日田洋酒博物館のMuseum Barで、ヱビスの生。コクと深みがたまらない。幸せです。
posted by 坂本竜男 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒

絵の音が聞こえるか

17.3.293.jpg

17.3.292.jpg

 自他で昼食をとった後は小国町の坂本善三美術館。今の展示は「絵の音が聞こえるか」。音楽はもちろん、「音」を感じさせる作品が並ぶ。抽象画が多いが、抽象画だからこそ、音の(音楽の)イメージもより膨らむ。頭に浮かぶ世界が広がる。心に残るいい展示だ。
 坂本善三の作品は2点のみ。代表作とも言える大作と絶筆である小作。そのどちらも、凄まじいほどの存在感とエネルギー、そして優しさを感じる。あぁ、やはりここは心地いい…。
posted by 坂本竜男 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

中華さとの担々麺

17.3.291.jpg

 昨日から今日にかけて、日田〜小国町を配本。その第一弾は中華さと。店内に入ると新メニュー担々麺の貼り紙。もちろん、注文。
 適度な辛さと旨味がいいバランス。何より、野菜がたっぷりなのが嬉しい。ちょっとした野菜炒めが入っているようなボリュウムだ。おかげで食べ応えがしっかりあるのに、重くない。スイスイ入っていく。さすがの美味さです。
posted by 坂本竜男 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2017年03月29日

積み重ね

 続けることって、とても大事だ。自分では何気のないこと、大したことがないことと思っていても、長年続けていると、意外なほどしっかりした積み重ねになっていたりする。常に頭の片隅から離れないことも、結局はそう言った積み重ねにつながる。だから、無理なく続けられること、暇さえあればやっていること、頭の片隅から離れないこと、それらの中に自分のやるべきこと、役割があるのだろうね。
posted by 坂本竜男 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年03月28日

ダチア ロガンMCV

dacia-logan-mcv-01.jpg

dacia-logan-mcv-02.jpg

dacia-logan-mcv-03.jpg

dacia-logan-mcv-04.jpg

dacia-logan-mcv-06.jpg

dacia-logan-mcv-07.jpg

 こんなクルマがあるなんて知らなかった。それは、ダチア ロガンMCV。ルーマニアのクルマである。
 ルーマニアと言っても中身はルノーベース。ロガンMCVのベースはルノー クリオ(ルーテーシア)だ。ルノーと違い、直線基調のデザインだが、エンジンはルノー。そういう意味では安心感はある。
 直線基調のエクステリアデザインが魅力的かと言われれば、ルノーに比べると無骨な感じはするが、今のクルマの中では新鮮かもしれない。僕が気に入ったのはサイズがちょうどいいこと。ルーテーシアよりもちょっとだけ狭く、長さは4.5mとこの手のワゴンとしてはいいサイズだ。Bセグメントのクリオベースだが、全長はCセグメントなみだ。ほかのCセグメントのクルマよりも幅が狭いのは扱いやすさにつながるだろう。
 一方、トランク容量は大きい。通常で573リットル、リアシートを倒せば1518リットルと、Bセグメントの中ではダントツ。Cセグメントなみである。
 エンジンは0.9リットルターボと1.2リットルのガソリン、そして1.5リットルディーゼルターボ。これにディーゼルはピッタリだろう。
 トランスミッションは5MTのみ。コストを抑えるためなのだが、この手のクルマにはそれが合う。
 ヨーロッパではトヨタのプロボックスみたいな存在なのだろうか。仕事で使うには良さそうなクルマだ。ベースはルノーだから、楽しさも味わえるだろう。でも、ときめきがあまりないかもなぁ(意外とこの要素は大事)。
posted by 坂本竜男 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

MG 3

 mg3-01.jpg

mg3-03.jpg

 日本には入ってきてない、イギリスのコンパクトカーMG 3。MGといえばMG−BやMG−Fなど、ライトウェイトスポーツのオープンカーを思い出すが、MG 3はBセグメントのコンパクトハッチである。
 サイズはグランデプントとほぼ同じ(やや幅広く、やや短い)。1.5リットルで106psとエンジンスペックは大したことないけど、このてのクルマはスペックにでないところに面白さがあったりする。そういう意味では、乗ったら面白そうな感じはする。ただ、何かが足りない気がするんだよなぁ。
posted by 坂本竜男 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ
Powered by さくらのブログ