2019年08月13日

GX8用の標準レンズを考える

 いま、ルミックス GX8用のレンズは3本。2本の望遠ズームと、1本の標準ズームである。しかし、その標準ズームはFDレンズ。GX8では焦点距離が2倍になり、中望遠ズームになってしまう。つまり、3本とも望遠ズームなのだ。
 これは最初から意図したことではあった。望遠側を軽量コンパクトにできるマクロフォーサーズの特性を、最大に生かそうということである。しかし、GX8が思いの外使い勝手も画質も良く、稼働率がとても高い。望遠ズームしか使えないにも関わらず、だ。やはり小さく軽くなることのメリットは大きいのだ。
 そこで、どうせ稼働率が高いのならと、GX8で使う標準レンズを考えてみた。
 では、GX8で使う標準レンズには何を求めるのか?
・GX8が高画質なので、それに見合う画質を持っていること。
・大き過ぎないこと。
・ある程度利便性が高いこと。
・防塵防滴であること。
・手振れ補正がついていること。
・広角は12mmから使えること。
・しっかり寄れること。
ざっと思いつくのはこのくらいか。これらを条件にすると、意外にも当てはまるレンズは2本しかない。

K0000938782.jpg
 LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.

K0000858322.jpg
 LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

この2本のみだ。オリンパスのPROズームは、手振れ補正がなかったり(12-40 F2.8)、大き過ぎたり(12-100 F4)で条件を満たさない。やはり、パナソニック同士の方が良さそうだ。
 この2本で大きく違うのは価格。ルミックスの方は確かに暗いが、作例を見る限り画質は良い。画質だけ言えば、価格差ほどの差はない。ただ、レンズそのものの質感や高級感、使用感はライカの方が良さそうだ。画質も大きな差ではないが、ライカだろう。
 気持ち的にはライカだが、少しの画質の差と質感、そしてブランドイメージに倍の金額を払う価値があるのだろうか……?
posted by 坂本竜男 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月12日

M42-M4/3マウントアダプター導入

19.8.121.jpg

 せっかく、M42マウントのオールドレンズが何本かあるので、GX8でも使えるようにM42-M4/3マウントアダプターを購入した。今は中国製の精度が高くて安価なマウントアダプターが簡単に手に入るので、オールドレンズを気軽に楽しみやすくなった。
 GX8だと、焦点距離は2倍。僕が持っているM42マウントレンズは、70mmの標準から400mm超望遠レンズのラインナップになる。とりあえずSMCタクマー55mmあたりから試してみるか。
posted by 坂本竜男 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

天然のドライフラワー

19.8.1016.jpg

19.8.1017.jpg

 昨日、松浦で散歩していたら、ドライフラワーと化したアジサイを発見。枯れているというより、うまくドライフラワーになっている。自然でも、こんなに綺麗にドライになるものなのだね。
posted by 坂本竜男 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

松浦で自然に触れる

 昨日は、妻の実家である松浦を満喫。海は釣りのスポットとしても知られているが、それだけではない。山が近いので、すぐそばに自然がたくさんなのだ。

19.8.1013.jpg

19.8.1012.jpg

 すぐそばを流れる小川にはカニがたくさん。茶色のカニは食べられるらしく、県外から獲りに来る人もいるそうだ。

19.8.1018.jpg

 チョウはクロアゲハとアゲハチョウがよく飛んでいる。ただ、写真に収めるのは難しいね。

19.8.1014.jpg

19.8.1015.jpg

 トンボもたくさん。とくに夕方からはアカトンボの数がすごい。そして、その距離の近さも。
 自然がたくさん残っている、自分たちが帰れる田舎があることの贅沢さ。これはとても素晴らしいことだ。自然が身近にある方が、色々な意味でいいよね。
posted by 坂本竜男 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月11日

ARITA CLASPA

 昨夜は、有田町で開催されたクラシックの音楽の祭典ARITA CLASPAのグランドフィナーレへ行ってきた。会場は泉山磁石場屋外ステージである。

19.8.101.jpg
 有田焼の原料となる陶石の採掘場だったところが、天然の屋外ステージに変わる。このロケーションは有田ならでは!

19.8.102.jpg
 最初は和太鼓。英哲風雲の会。

19.8.103.jpg
 続いて、ピアノデュオユニット レ・フレール。

19.8.104.jpg
 続いて、オペラ歌手 吉武大地。

19.8.105.jpg
 音楽プロデューサーで篠笛奏者のEDISON。

19.8.106.jpg
 そして、今回のコンサートのメインアクトでもある、現代音楽家でピアニストの新垣隆。

19.8.107.jpg
 ピアノデュオ 鍵盤男子。

19.8.108.jpg
 オペラグループ ザ・レジェンド。

19.8.109.jpg

19.8.1010.jpg
 そしてオオトリ。和太鼓の林英哲とピアニスト 新垣隆。

19.8.1011.jpg
 グランドフィナーレ。

 今回のコンサートは、有田ならではの素晴らしいロケーションで、クラシック主体とはいえ、フェス的な盛り上がりを見せたものだった。
 クラシックの一般的な堅苦しいイメージや、ちょっと敷居が高いイメージを払拭する、入りやすくみんなで盛り上がれるコンサートだったと思う。ノリはロックフェス的だったが、出演されたミュージシャンはクラシックのしっかりした土台を持った人たちばかりなので、魅せるステージと高い音楽性を両立させている。その最高峰とも言えるのが、ラストを飾った林英哲と新垣隆のデュオである。
 高い評価をされている現代音楽家新垣隆と、世界的和太鼓奏者の林英哲のデュオは、音楽ファンは聴き逃せないものだ。ここ近年TV番組の出演も増え、チャーミングな人柄が印象的な新垣だが、その演奏はダイナミックで迫力があり、スケールが大きい。TVの印象とは大違いだ。超絶技巧から繊細で優しい表現まで巧みに弾きこなす。それに林英哲の和太鼓が加わると、次元を超えた素晴らしき音楽の世界が現れるのだ。10分を超える大作だったが、一気に会場全体が引き込まれる素晴らしいものだった。
 有田は小さな地方の町に過ぎないが、有田焼という世界的ブランドを確立した、とても文化的な町である。だからこそ、こんな素晴らしいコンサートが実現したのだろう。こういった取り組みは、間違いなく地方を盛り上げる。来年も是非、開催してほしい。
posted by 坂本竜男 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2019年08月10日

マイクロフォーサーズに合うオールドレンズは?

 ここ最近は、6D mark IIの出番はめっきり減り、ルミックスGX8ばかり持ち出している。といっても、GX8につくレンズは今のところ45-175mmズームと、2本のFDズームのみ。すべて望遠ズームなので、広角から標準はRX100M3が担っている状況だ。
 オールドレンズが面白いので、GX8には2本のFDレンズを交互につけていることが多い。しかし、やはり純正ズームの方が色々な意味で快適だ。小さく軽く、AFも優秀。解像度も意外に高い。やはりマイクロフォーサーズ専用レンズの強さというのは感じる。
 一方、2本のFDレンズは全体的な描き方は優秀だが、マッチングでいうとベストとは言えないようだ。より高い解像度が必要なようだ。画素ピッチが小さいマイクロフォーサーズは、レンズの解像度を求められるのだろう。そう考えると、標準単焦点かマクロなら、オールドレンズでもマッチングは良いかもしれない。
 特に、個人的に合うのではと思っているのがマクロレンズ。各社の50mmのハーフマクロは100mmの等倍マクロとして使いやすいだろうし、90〜100mmなら望遠マクロに早変わりだ。そして、個人的に最も注目しているのがこれ。

nfd225_b.jpg
※写真はCANON CAMERA MUSEUMより


 キヤノン New FDマクロ200mm F4。マイクロフォーサーズで使うと、400mmマクロになる。最大撮影倍率も2倍だ。当然、三脚は必須だが、このクラスとしては比較的軽量。作例を見る限り、その解像度の高さとボケのなめらかさ、表現力はオールドレンズとは思えないものだ。これは是非、使ってみたい!
 というわけで、GX8に合うマクロレンズを物色中。マクロとしてだけでなく、中望遠の単焦点としても積極的に使いたい。さて、まずはタムキューあたりから攻めてみますか。
posted by 坂本竜男 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

2019年08月09日

再びFD35-70mm F2.8-3.5を試す

 寄れない、重い、大きいというデメリットを抱えながら、それでも惹かれる何かを持っているキヤノンFD 35-70 F2.8-3.5。夕方の空き時間に、再び持ち出して試し撮りをしてみた。

19.8.92.jpg

19.8.91.jpg

19.8.93.jpg

19.8.94.jpg

19.8.95.jpg

19.8.96.jpg

19.8.97.jpg

 やはり、そつなく写る。FD70-210mm F4より収差は少なく、歪みも少ない。より現代的な写りだ。解像感もしっかりある。だが、ハッとさせられる写真を撮るのは意外に難しい。これは本来の画角で使ってないこともあるだろう。だが、それでももっと何かできるような気がするのである。いろいろと試す価値はありそうなのだが…。
 GX8はマイクロフォーサーズだから画素ピッチは小さい。それも大きく影響していそうだ。このレンズの本領発揮は、おそらくフルサイズだろう。その場合、本来の解像度がわかるはず。印象はまた大きく変わるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・レンズ

マツダ2&6、デビュー

1436941.jpg
1432540.jpg
画像はhttps://response.jpより

 マツダ デミオとアテンザがマイナーチェンジに伴い、デミオがマツダ2、アテンザがマツダ6に車名が変更された。フルモデルチェンジしてアクセラから変わったマツダ3に続き3車種目。今後、マツダのクルマは世界統一車名に随時変更されていくはずだ。
 では、この名称変更にどんな意味があるのだろう。マツダ3のときはフルモデルチェンジだったが、今回はあくまでもマイナーチェンジ。名称変更にふさわしいタイミングとは思えないのだが…。
 おそらくこれは、世界レベルで見据えたメーカーとしての強い意志の表れともとれるかもしれない。それには古い国内での名称はふさわしくないのだろう。
 
posted by 坂本竜男 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ

2019年08月08日

交差点そばにて

19.8.85.jpg

19.8.84.jpg

 その交差点近くで、道路側にはみ出さんばかりに咲く草花のエネルギー感がすごい。
posted by 坂本竜男 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

今日の夕景(交差点)

19.8.82.jpg

19.8.83.jpg

 今日の鳥栖の夕景。夕方の近所の交差点は、最近のお気に入り。FD70-210mm F4で切り取る。
posted by 坂本竜男 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
Powered by さくらのブログ