2018年09月04日

後出しジャンケン

 エゴイスタスvol.29も、もう直ぐ入稿。今は追い込みの段階である。
 執筆陣の皆さんからは早めに原稿をいただき、ページの制作に入る。撮影があるときは、この時に済ませる。僕が自分のページに取り掛かるときは、大抵のページは出来上がっているから、それを踏まえて内容を考えることができる。いわば後出しジャンケンのようなものである。
 この後出しジャンケンがいいか悪いかはなんとも言えない。書こうと思っていたことが執筆陣の方の一人とほぼ被っていたこともあったし、後出しゆえにそれで苦しむ羽目になることも多々ある。そんなとき、自分のページがイマイチだと感じることも多いのだが、今は最後の息抜きのページくらいに思ってもらえればいいかな、と思っている。
posted by 坂本竜男 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2018年09月03日

創刊7周年にむけて

 エゴイスタスvol.29は、創刊7周年記念号になる。7周年なので、何か変わったことでもしようか…とも思うし、いつも通りでいいか…とも思う。
 入稿目前だから、本来なら方針はとっくに決まっていなければならない。しかし、一人で好き勝手に作っている側面があるので、いつでも自由に変えることができる。良くも悪くも。本当に、その時の気分なのだ。
 この入稿前の状況で、ヘンな虫が騒がなければいいが…。
posted by 坂本竜男 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas

2018年09月02日

EF28-70mm F2.8L USMについて

 キヤノンの2世代前の標準Lレンズ、EF28-70mm F2.8L USMが気になっているということを、以前ブログに書いた。
 このレンズは、ヤフオクでは安いものでは3万円台から出品されているが、いずれも中玉にうすいくもりがある。やはり、くもりはこのレンズ特有の持病のようだ。くもりのない程度のいいものは、倍くらいの価格で出品されている。だが、そこまでお金を出す価値があるかは、メンテナンスのことなどを考えると微妙である。
 さらに、調べていると、マウント部分が弱いということが判明。これは致命的である。よって、EF28-70mm F2.8L USMは検討対象から外すことにした。
 そうなると、純正なら現行モデルであるEF24-70mm F2.8L USM IIか、その前のモデルかということになる。前モデルは中古で6〜8万円程度。現行モデルは中古で12〜15万円、新品で17〜19万円。前モデルを中古で探すのが現実的ではある。ただ、それだったらサードパーティ製を新品で買ったほうがいいのでは、という気もしなくはない。だが、キヤノンの絵作りが好きな僕としては、使用頻度が高い標準ズームは純正にしたい。さて、どうしたものか…。
posted by 坂本竜男 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

マンフロット PL 3N1-36 スリングバックパック

 エンデュランスのカメラバッグはとても使い勝手が良さそうだが、収納力でちょっと疑問を感じる所があり、保留。結局、メジャーどころも調べることにした。三脚をはじめとするカメラ用機材で有名なマンフロットである。
 カメラバッグの種類も豊富なマンフロットだが、その中で目についたのがこれ。
uuid-1800px-inriverimage_401795.jpg

 PL 3N1-36 スリングバックパックである。同じシリーズの中型(26L)のものもあるが、これは36リットルの大型タイプだ。
uuid-1800px-inriverimage_401801-1.jpg

uuid-1800px-inriverimage_401800.jpg

 カメラ2台、大三元レンズ、マクロレンズ、ストロボ、ノートPC、その他小物類くらいは余裕で収納できそうだ。サイトを見るかぎり、使い勝手も悪くなさそう。そして、エンデュランスよりも安いのも良い。これは有力候補か?
posted by 坂本竜男 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2018年09月01日

おりなす八女室内合奏団2018

18.9.1.jpg

 今日もおりなす八女。世界で活躍されている指揮者でヴィオラ奏者である大山平一郎先生が率いる、おりなす八女室内合奏団のコンサートである。
 今年も選曲が興味深く、当然編成も興味深い。パーセル「アーサー王」、ヘンデル「ジュリアス・シーサー」は、チェンバロを中心とした編成。そして世界で活躍されている八女出身のソプラノ、竹下みず穂さんが加わるという贅沢さ。その表現力と歌唱力、そして合奏団の演奏は本当に素晴らしく、まるで情景が見えてくるかのよう。素晴らしい映画を見ているかのようだった。
 ラストのチャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ ハ長調 作品48」は、6月に素晴らしい演奏を聴かせてくれた、ベルリンフィル弦楽五重奏団も演奏した曲。ベルリンフィルにあえて対抗するかにも思えたのは考えすぎだろうか。重厚感のある演奏はとても聴きごたえがあり、ベルリンフィルとは違う魅力あるものだった。
 約2時間のコンサートは本当にあっという間だった。人口7万人ほどの町で、素晴らしいクラシックのコンサートが根付きつつあることは、本当に素晴らしい。これからの展開がとても楽しみだ。
posted by 坂本竜男 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2018年08月31日

トキナー AT-X 280 AF PROを再検証を始める

 純正のF2.8通しの標準ズームが欲しい!その気持ちが強くなって来ているが、今持っているトキナー AT-X 280 AF PROは、本当に特殊な用途でしか使えないのだろうか?その性能を引き出せてないだけではないのか?ふとそう思い、少しずつ検証していくことにした。
 今回は簡単な望遠側の検証。絞り開放はかなりソフトな描写なのはわかっている。絞ればシャープ。でも、それならF2.8でなくてもいいのでは?EF24-105mm F4L IS USMでもいいのではないか?そう思いながらの撮影である。

18.8.313.jpg

18.8.314.jpg

 ともに絞りはF6.3。もちろん望遠側である。
 F6.3でも結構ボケるし、ピンが来ている部分の解像度もまずまず。何より立体感が良い。これは大口径レンズならでは。安いレンズでは出せない描写だろう。古くなったとはいえ、もともとは高級機。お金もしっかりかかっているレンズ。その片鱗は十分に見える。
 実は、エゴイスタスの撮影で、その実力を実証できたのである。さらに絞って(F9〜10)の撮影だったのだが、カリカリになりすぎない範囲で解像感が高く、立体感も優れた写真が撮れたのだ。
 純正の抜けの良い写りは大いに魅力的だが、トキナーもまだまだ実力を発揮できる場はありそうである。これから、色々なケースで検証して行きたい。
posted by 坂本竜男 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

たまの雨は…

18.8.312.jpg

 夏の終わりは土砂降り。今年の夏は水害以降は雨が少なかったが、降るときはいつもこんな感じ。まるで亜熱帯だ。しっとりした雨がなつかしい。
posted by 坂本竜男 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐賀県鳥栖市

バランスボール

18.8.311.jpg

 ここ一週間、仕事用の椅子をバランスボールに替えている。運動不足でろくに自転車にも乗れてないこともあるが、一番の目的は、椅子に座る時にどうしても足を組んでしまう癖があるので、それをなおすことである。
 今の所、仕事中でも体幹を使っている感じはすごくあるので、悪くはなさそうである。腹筋の奥のインナーマッスルには程よい疲労感がある。ただ、気をつけないと体が縮こまって固まってしまう。常に上に引っ張られるようなイメージで、上体を上に引き上げることが大事だ。
 とりあえず、バランスボールは運動不足の解消に一役買っているようである。長時間使うのは厳しいが、平気になれば椅子は必要なくなるかもしれない。
posted by 坂本竜男 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月30日

カメラバッグを検討する

 大三元レンズが揃ったのはいいが、所有しているカメラバッグでは対応が難しくなってきた。
 6D本体とレンズ3本はギリギリ入るのだが、ムリに入れているので取扱いがとても不便。機材にも良くないし、作業効率も悪い。そして、アクセサリー類が少ししか入らない。ストロボなどは別のバッグなどに入れる必要がある。これでは2台体制は愚か、それ以上のレンズを運ぶことも難しい。将来を見据えてのカメラバッグの新調は必須である。
 では、新しいカメラバッグには何が必要か?もちろん、第一は収納力である。将来、2台体制になることも踏まえて考えたい。そうなると、フルサイズ2台、大三元レンズ3本、それにバッテリーおよび充電器、ストロボ、レリーズといった小物・アクセサリー類。ノートPCも必須だ。これに、300mmクラスの望遠ズーム、マクロレンズも…。考えるだけで、大げさなバッグになりそうだ。
 もちろん、収納できればいいわけではなく、機材に対するアクセスの良さ、仕切りの自由度、機材以外の備品の収納、耐久性、デザイン。こういった要素も大事になってくる。どうしても重くなるので、リュックタイプで背負った時に重さを感じにくいタイプが望ましい。
 これらを踏まえて良さそうだと感じたのがこれ。

endurancehg-a1.jpg

 Endurance HG。プロのカメラマンが開発に関わったものらしい。サイトを見ると、収納力はなかなか。使い勝手も良さそうである。デザインも良い。これで決まりか?と思っていたら、よくサイトを見たら大三元レンズ+フルサイズ2台は「?」。実物を確認した方が良さそうである。とりあえず、Endurance HGは保留。近くで実物を確認できればいいのだけど……。
posted by 坂本竜男 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

着物に関わる機会

18.8.302.jpg

 自分が着るわけでもないのに、ここ数年、仕事で着物に関わる機会が大幅に増えたなぁ〜。とても嬉しいことだが、自分が着物に対してあまりに無知なことに気づく。こりゃ、もっと勉強せねば…。
posted by 坂本竜男 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文化
Powered by さくらのブログ