2018年06月28日

バッハ:ゴールドベルク変奏曲 グレン・グールド

18.6.281.jpg

 久しぶりにグレン・グールドの「バッハ:ゴールドベルク変奏曲」を聴く。グールドのゴールドベルク変奏曲はデビューアルバムとラストアルバムの2枚あるが、今回はラストアルバムの方である。
 少しゆっくりめの演奏だが、それゆえに一音一音がしっかり刻まれていくような印象だ。そして、亡くなる一ヶ月前に発売されたこのアルバム。亡くなる前の演奏とは思えないとも、それを感じさせるともどちらにもとれる感じがある。良くも悪くもある種の危うさのようなものが出ているというか…。何度もなんども聞き込んだアルバムだが、その感じはより一層強くなっている。しかし、それもこのアルバムが大きく惹きつける要素の一つになっているのは間違いない。
posted by 坂本竜男 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

お葉書のお返事

 エゴイスタスを読まれた方から素敵なお葉書をいただいた。そこにはエゴイスタスを読んでいただいているからこその、嬉しい文章が綴られていた。
 早速、お返事を…と思っているのだが、これがなかなか文章が進まない。普段、こういった文章を如何に書いてないか。それを思い知らされている。飾らずに素直に気持ちをお伝えするだけでいいのだけれど…。
posted by 坂本竜男 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月27日

COFFEE COUNTYのホンジェラス トリプレA農園

18.6.274.jpg

 今日、COFFEE COUNTYで買ったばかりの豆、ホンジェラス トリプレA農園を早速いただく。焙煎はダークローストである。
 しっかりしたボディの中にほんのりとフルーティな甘みがある。シングルとは思えない、上質で複雑さと力強さを持っている。とても美味しい。
 このトリプレA農園は標高が1,650mと高め。前にも標高が高いところの農園の豆がこんな感じだった。標高が高いところの豆の特徴だろうか。
posted by 坂本竜男 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

ハンドドリップの醍醐味

18.6.271.jpg

 石橋文化センターのあとは、COFFEE COUNTYへ。
 この暑い中、ホットコーヒーを頼んでしまうのは、好きだからというのもあるが、コーヒーを淹れているところを眼の前で観れることも大きい。同じお店でも人が変わると淹れ方も変わる。もちろん豆でも変わる。ハンドドリップはそれが一番、わかりやすく出るから面白い。
 最初のお湯の注ぎ方、蒸らす時間、そのあとのお湯の注ぎ方。全てが違う。しっかりとしたセオリーはある。しかし、おそらく完全な正解はない。さて、このハンドドリップを見た上で、どう淹れてみようか…。
posted by 坂本竜男 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー

石橋文化センターにて

18.6.273.jpg

18.6.272.jpg

 今日は配本で石橋文化センターへ。今は美術館の展示もないし、特別な催事が行われているわけ。それでも時間のあるときにフラッと立ち寄るのにはいい空間だ。今度は久しぶりに自転車で行ってみようかな。
posted by 坂本竜男 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アート

飽きっぽい

 僕は基本的に飽きっぽいところがある。それでも仕事も趣味も、同じものを続けれてこれたのは、なぜなのだろう?
 おそらく、飽きっぽいがゆえに、少し続けたら他のもの、それに飽きたらまた他のもの。それをひたすら繰り返せたからではないだろうか。
 仕事なんかその典型的な例だ。複数の仕事を抱えている時、よほどの時間的優先順位がない場合、一つずつ終われせていく人と、進めていく中で飽きたら他の仕事に手を出す場合とあると思うが、僕は基本的には後者である。人の集中力なんて、基本的には短時間しか続かない。集中力が切れたら、さっさと違うことをするようにしている。
 でも、大きなくくりで考えると、デザインという仕事には全く飽きていないし、趣味だって同じだ。おそらく、今後もそれに対して飽きるということはないだろう。根幹にあるべきものは飽きるということはないのだ。
posted by 坂本竜男 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2018年06月26日

改めてパリダムの花

18.6.262.jpg

 先月から咲き始めたパリダムの花が、未だ咲き続けている。しかも、こんなにたくさん。こんなに長く、こんなにたくさん咲いたのは、今年が初めてではないだろうか。咲き始めた頃はもちろん、ある程度の数、花が咲きだした頃と比べても、明らかに表情が違う。印象が違う。やわらかい中に力強さが出てきたような気がする。これだから、植物って飽きないんだろうね。
posted by 坂本竜男 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・緑・植物

今日のベランダのネコ

18.6.261.jpg

 雨が上がって蒸し暑いなか、風が通る我が家のベランダは気持ちがいいようで…。
posted by 坂本竜男 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ネコ

2018年06月25日

手のひら返し

 いま、サッカーのワールドカップが盛り上がっている。初戦で格上のコロンビアに勝ち、勢いに乗るセネガルにも引き分けと善戦。始まる前はそこまで期待が高くなかっただけに、この活躍で一気に盛り上がり、批判的だった多くの人が手のひらを返している。
 でも、人間なんてそんなものだ。調子が悪い時は批判的になるし、調子がいい時は手のひらを返して盛り上がる。僕はそれが悪いこととは思わない。手のひら返してもいいじゃないかと思う。それを繰り返していくうちに、見えてくることや気づくこともあるかもしれない。そんなことを思う今日この頃。
posted by 坂本竜男 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2018年06月24日

エゴイスタス別冊「麓太」登場!

18.6.242.jpg

 エゴイスタス別冊第二弾が早々と完成した。今回は4年にわたって連載中のうどん屋さん店主 麓太さんの、エゴイスタスのベストセレクションでだ。
 4年間の中から選んで再掲載しただけではない。ページ順は掲載順ではなく、内容に合わせて入れ替え。文章やデザインをこの本のために微調整。それに新規ページと表紙を追加し、一冊にまとめた。
 改めて読み返してみると、やはり面白いし興味深い。そして、改めて麓さんのうどんの原点がどこにあるかがよくわかる。是非、手にとって読んでいただきたい一冊だ。
posted by 坂本竜男 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | egoístas
Powered by さくらのブログ